読書やスマホを見る時など、下を向いて頭を前に突き出す姿勢をしている人が急増しています。


頭部の重さは、平均6キロもあるので、それを支える首には、かなりの負担がかかってしまいます。


首周囲の筋肉は細くて、重さに対しては弱いために、筋緊張が起きて拘縮しやすい特徴があるのです。


頭を突き出す姿勢になると、首だけでなく、背中も丸まるため、肩が巻き込むように入り込んでしまいます。


この姿勢によって、頚椎上部にあたる、頭半棘筋周囲に拘縮が起こります。


肩が入り込むと、首の後屈動作が制限されてしまい、さらに頚椎上部の拘縮によって、上を向いた時に、瞬間的な痛みが現れたりします。


頚椎上部の拘縮は、頭痛に繋がる事も多いため、逆の見方をすると、頭痛持ちの人には、こういった姿勢の人が多いともいえるのです。


改善には頚椎上部の弾力を回復させる他、第一肋骨、胸椎、鎖骨、胸郭などの調整が必要です。


これらの関連部位なくして、部分的な施術は、効果も限定的になってしまうからです。