「自律神経」の記事一覧

梅雨の体調不良

関節痛 頭痛 肩こり・首こり 自律神経

関東地方も梅雨入りしました。低気圧が続くと、湿気で体の余分な水分が溜まりやすくなり、体調を崩す人が増えます。 この時期の不調は低気圧による自律神経の乱れが関係しています。 自律神経が乱れる原因は様々です。性格的なものもあれば、不規則な生活習慣もあります。また、更年期や人間関係などの悩みや不安なども影響します。 自律神経はストレスに弱い他、低気圧の接近でも乱れる原因になるのです。 では、どういった状態になると乱れてしまうのでしょうか? 自律神経は交感神経と副交感神経があります。交感神経は活動時に働く神経で、副交感神経は休息時に働く神経です。この相反する神経は、互いにバランスを取り合うことで健康を維持していますが、どちらかが優位になることで乱れてしまいます。 交感神経が優位になると、体は緊張した状態が続いてしまうため、疲労が回復しにくくなります。梅雨の長雨で湿度が高くなると、汗や尿の出が悪くなるため、体内には余分な水分や老廃物が溜まりやすくなります。そして、むくみ、頭痛、肩こりなどが出たり、リラックスできない事で睡眠不足になり、免疫力低下に繋がることもあります。 一方、副交感神経が優位になると、体はリラックスして眠気が出ます。しかし、リラックスが過剰になると怠さで活動意欲が低下して、血液循環が悪化していき、首肩こり、冷え性、むくみ、頭重、頭痛、関節痛などが出やすくなるのです。 梅雨は始まったばかりです。不調の出やすい方は、夏まで引きづってしまうと、そのまま夏バテしてしまうこともありますので、まずは出来ることだけでも初めて梅雨の不調を乗り切りましょう。 ①毎朝、同じ時間に起きる。②リラックスする時間を作る。③栄養バランスのいい食事をとる。④ストレッチなどで血流を促す。 以上、あたり前なことばかりですが、簡単なものほど続けるのは簡単ではありません。しかし、辛い不調で一夏を無駄に過ごすのであれば面倒と思わず行いましょう。また、血流改善や関節痛、神経痛などが出ている人は、お早めにケアもして下さい。 …

低気圧不調

頭痛 肩こり・首こり 自律神経

6月といえば、そろそろ梅雨入りに入るため雨の日が多くなります。夏も近いため気温が上昇して湿度も高くなるため、頭痛や怠さを感じる人もいるでしょう。 それ以外にも、首肩こりや、それに伴い、めまいなどを起こす人もいるでしょう。 雨降りの日は気分的にも憂鬱になりやすく、メンタル面での不調も起こりやすくなります。 これらの原因の多くは低気圧による自律神経の乱れです。 自律神経は気圧の変化に影響されやすく、低気圧で副交感神経が優位になりやすくなります。副交感神経は休息時に働く神経なので、梅雨で低気圧が続くと、体が休息状態になるため、怠く感じたり、やる気が出なくなるのです。また、気温変化に追いつかなくなると、体の残る余分な水分が排出されにくくなるため、体内に必要以上の水分が溜まり、むくんだり、頭痛や下痢などが起こりやすくなります。もちろん、これを水分の取り過ぎと勘違いしてはいけないのですが・・・ これらの予防には、規則正しい生活をして、自律神経を安定させることが重要です。 晴れた日は日光に当たる他、部屋には日差しを取り込むことことも大切です。雨が続くと外出も減り、それに合わせて運動量も減っていくので、水分代謝の悪化を招く恐れがあります。天気や気圧の変化による不調の出やすい人は、水分代謝を高める生活を意識しましょう。 水分代謝を高めるには、起床時にコップ一杯の水を飲んだり、食物繊維の多いものをとる。運動では第二の心臓といわれる、ふくらはぎの筋収縮状態を改善してポンプ作用を促すように、階段につま先を乗せて上下に上げ下げして、アキレス腱を伸ばすと、水分の循環が良くなりますので、お試し下さい。 …

共感疲労による不調

自律神経

今年は元旦から、大きな災害が発生してしまい、毎日、悲しいニュースばかりが目に飛び込んできます。 テレビやネットで衝撃的な映像を何度も繰り返し見ていると、他人の痛みが、自分のことのように感じて恐怖心を感じたり、気持ちが落ち込んだりしていきます。 共感疲労の症状には、イライラ、怒りっぽくなる、気持ちが落ち込む、寝付けない、食欲がない、頭痛、倦怠感、動悸、これ意外にも筋肉の張りや凝りがあり、悪化すると首肩のこりや腰痛に繋がることもあります。 年始はなにかと多忙な時期ですが、ストレスを溜め込まないように、適度な運動と睡眠を心がけて、心とカラダのリフレッシュも忘れないで下さい。     …

溜めると辛い年末疲労

自律神経

今年もあと少しです。 12月は仕事の後片付けや大掃除で大忙しだと思います。また、コロナが落ち着いてきたので、忘年会をやる会社も増えていると思いますが、飲み過ぎには注意しましょう。 内臓が疲れてくると、内臓機能の低下で自律神経が乱れやすくなる他、筋肉にも影響が出て、全身のこりや痛みなどに繋がりやすくなります。また、身体の疲れ以上に、疲れが抜けなくなる事もあります。 今月の不調予報ですが、大掃除中に腰を痛めての駆け込みが2名。年内中に済ませなければいけない仕事で、無理をしたことで腰痛が悪化した人が3名いました。その他にも、類似したケースが数名いたという事は、まだ氷山の一角ではないかと思っています。 気が張っている時は何とか大丈夫でも、後から疲れが一気に出る事があります。同じ姿勢を続けたり、中腰作業をする人は、十分に気を付けて下さい。 今年もまだ20日あります。疲れを溜め込んで、不調で寝正月にならないように、自身の体をいたわりながら、良い年を迎えたいですね。 私自身が何でもなければですが、月、水、金を除き、夜間は20時迄の営業します。また年内は31日17時迄となりますので、ご予約はお早めにお願いします。 …

低気圧不調と慢性不調!

肩こり・首こり 自律神経

低気圧など、気圧の変化で、何かしらの不調が出る人は3人に1人と言われています。 低気圧不調の原因となるのは、血管拡張による神経圧迫、自律神経の乱れ、水分バランスの乱れなどがあります。 例えば、南からの温かい風で気温が上がると、体が温度上昇に対応しようとして副交感神経が活発になるため、血管が拡張してズキズキした片頭痛が起きやすくなります。 逆に、低気圧が去ると、北風で気温が下がり、交感神経が活発になって、血管の収縮で血流が悪化するため、体が過緊張したり緊張性の頭痛が起こりやすくなるのです。 頭痛の場合でいうと、他にもストレス性の頭痛があり、交感神経の活発な人に起こりやすく、寒さで交感神経が活発になる事で症状が悪化します。今年は気温の変化が激しいので、例年よりも、体のハリや頭痛が悪化するかも知れませんので、体を冷やさないようにしましょう。 ここまでは、気圧の変化による不調でしたが、気圧意外にはどんな原因があるのか?交感神経や副交感神経のいずれかが活発に働く原因に性格が関係しています。 副交感神経が活発な人は、おっとりしている人に多いとされていて、低気圧の通過する時や、天気の悪い日、気温が上昇する日に副交感神経が活発になって症状が悪化しやすくなります。その場合は交感神経が優位に働くように、運動を心掛けると良いのです。また、普段から活動量の多すぎる人は、疲労が慢性になり交感神経と副交感神経の両方の働きが低下するため、気圧と関係なく不調が出やすくなるので、血流改善に向けたケアを心掛けましょう。 …

寒くなると調子が悪くなる原因

自律神経

寒くなると、体調が崩れたり、体の痛みが出やすくなります。その原因の多くは、体の冷えが関係しています。 体が冷えると、循環不良になるため、自律神経が乱れやすくなるからです。 自律神経は、交感神経と副交感神経からなり、自分の意志とは無関係に働き続けています。寝ている間も心臓を動かしたり、体温調整をしているのも自律神経のおかげですが、このバランスが乱れてしまうと、体には様々な影響が出てしまいます。 例えば、胃痛、胸やけ、便秘、下痢などの症状が出たり、過呼吸、息苦しさ、動悸、不整脈、めまい、不眠、手足のシビレといった症状が出る事もあります。 もちろん、自律神経が乱れる原因は寒さだけとは限りませんが、人間関係や仕事などでストレスを抱えている人が、寒さがきっかけで悪化する事もあります。いずれにしても要因を減らす事が、自律神経を整える事に繋がります。その手始めとして生活習慣を見直しましょう。 生活習慣は次の5つで構成されているので、出来る事から改善しましょう。 ①栄養不足 ②睡眠不足 ③仕事(過労・人間関係) ④学業(受験・いじめ) ⑤運動不足 上記のうち、④は家族や周囲の人の協力が必要なので、異変に気付いてあげる事です。そして、落ち着いた音楽を聴いたり、半身浴や強張った身体をほぐしてリラックスする事も大切です。 …

アトピー性皮膚炎と骨格の関係

筋肉・筋膜 骨格や骨盤の歪み 自律神経

アトピー性皮膚炎の8割はアレルギーといわれています。 私もアレルギーなので鼻炎症や蕁麻疹がいつ出るかわからないため薬を手放せません。 今に始まったわけではないので、どんな時に症状が強く出るかもわかっていますが、特に、疲れ、寝不足、食事の偏り、水分不足が起きてる時はてきめんです。 例えば、疲れで、筋肉のこわばりや関節の動きが良くない時、ストレスなどで必要以上に甘味、ピーナッツ、コーヒー、お酒などを飲み過ぎている時です。 また、施術では自身の身体はみれないですが、鼻の疾患で悩んでいる方は、第三頚椎、鼻骨、前頭骨の動きが悪かったり、アトピーや皮膚炎がある方は胸腰椎の動きが良くありません。 この事から考えられるのは、睡眠、栄養、規則正しい生活習慣はもちろんの事、関節や筋肉、筋膜の働きを整えて、自律神経を整えていく事が症状の改善緩和には必要と考えられます。 …

睡眠の質を高める

頭痛 自律神経 痩身

骨格ケアセンターの渡邊英司です。 寝不足がつくりだす不調は、かなり多い事を知っていますか。寝不足になると、脳の神経伝達物質であるセロトニンが減少してイライラしたり、幻覚や幻聴などの精神的な症状が出る事もあります。 また、食欲を促すホルモンが分泌されて食欲旺盛になるため肥満になりやすくなります。 それ以外にも、顔のむくみ、瞼の痙攣、下痢、首痛、頭痛など、様々な症状が現れる事があります。近年ではスマホを寝ながら見ていたら、いつの間にか時間が過ぎて寝不足になったという話もよく聞きます。 そのため、寝る時は届かないな場所にスマホを置くようにすればよいと言いますが、目覚まし代わりに使う人や、緊急連絡待ちの人だとそうもいきません。 また、家族が起きているために、先に寝付けない事もあります。睡眠時間が短いなら質を高めるしかありません。 睡眠の質を高める方法 朝日を浴びる。 足首を温める。 寝る一時間前にお風呂に入る。 ストレッチをする。 枕を換える。 寝る前はスマホを見ない。 上記の事は誰でも簡単にできることなので、一つずつチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 追伸:この二月より、施術に頭蓋矯正を導入してグレードアップしました。頭痛改善や快眠効果もあり大変、好評なスタートとなっていますので、ぜひお試しください。 …

慢性疲労症候群

姿勢 自律神経

骨格ケアセンターの渡邊英司です。 朝から疲れていたり、ちょっと動くだけで疲れてしまう。 これは、慢性疲労症候群の予兆かも知れません。 疲れとは、ある機能を継続して発揮した結果、機能の低下が起きた事をいいます。 疲れには『精神的な疲れ』と『肉体的な疲れ』があります。 精神的な疲れは『心配、不安、悩み』などの影響で『大脳が機能低下』を起こしてしまう中枢性疲労の事です。 症状としては、やる気を失うなどの『意欲の減退』や『筋機能の低下』が起こります。 肉体的な疲労は、運動などで過度に動いた時に現れる『筋機能低下』で末梢性疲労ともいいます。 これは、エネルギー供給が運動に追い付かなくなった時に起こる『一過性』のものなので、しっかりと休息をとれば回復します。 どちらの疲労かによって対処法は違いますが、どちらの疲労も長く続くと筋機能低下が起こります。 疲れやすい人は、筋力低下を起こしている事が考えられ、体を支える抗重力筋が適度な緊張を保てなくなるために、姿勢が悪くなります。 姿勢が悪くなると、体には過剰な負荷が加わるので、それらが、互いに影響し合って、悪循環を作り出すのです。 見方を換えると『姿勢が悪いと慢性疲労に繋がる』ともいえるわけです。 また、疲れた時は、甘いものを食べたくなりますが、砂糖類には多くの糖質が含まれているので、食べ過ぎると一時的に高血糖状態になります。 高血糖になると、過剰にインスリンが分泌されて低血糖になり、疲労が増す事があるので、栄養面にも気を付けながら、姿勢を正す事に意識を向ける事が改善策になるのです! …

誰でも出来る自律神経コントロール

自律神経

骨格ケアセンターの渡邊英司です。 自律神経の乱れが原因となる不調が急増していますが、多くの人は、それに気づいていません。自律神経は体質が関係するものと、心因性のものとに分けられますが、 そのうち、三分の二は心因性とされています。 自律神経は気温の変化や、感情に反応し、身体には首や背中が硬くなる症状で現れます。その為、背骨中心の施術が多いのですが、今回は自身で行うセルフコントロールの方法をお伝えします。 人は、映画やドラマで涙を流したり、怖い事をイメージすると鳥肌が立ちます。これらは自律神経が反応したためです。考えるイメージがリアルであるほど、自律神経は敏感に反応します。 良い事を考えれば良い方向に傾き、悪い事を考えれば、悪い方向に傾きます。不調が頭から離れない人の多くが、悪い事ばかり考えてしまうために改善しないのです。 一日中、不調の事を考えていると良い事を考える事が出来なくなります。その場合は、なりたい事、やりたい事を紙に書いて下さい。それを毎日、目で見て、声に出して、潜在意識の働きかけるのです。 良いイメージを思い浮かべる事は難しいかも知れません。その時はシーソーと同じだと思えば良いのです。最初は49対51で構いません。例え、僅か1%でも良い方向に気持ちが向いていれば、ゆっくりとシーソーは傾くのです。 それでは良い結果をお祈りしています! …

ページの先頭へ

Copyright © 2024 kokkakucare.com. All Rights Reserved.  WordPress Premium Plugin