原因不明の痛みの正体

身体の痛みで医療検査を受ける人の85%以上に器質的な異常が見つからないといわれてます。アメリカの整形外科医メンネル氏は、痛みで訪れる患者の最も多い原因は関節機能障害といってます。関節機能障害とは病名ではなく、何かしらの原因で関節に引っかかりが起きて自由な動きが制限されることです。

“痛みの大半は二次障害?”

関節機能障害の起きている箇所は自然には回復しません。それは、動きの悪い関節を、他の正常な関節が補うように出来ているからです。しかし、その分の負担が正常な関節にかかるために、二次障害に繋がるのです。


joint-dysfunction01

慢性痛の原因は負担の蓄積

痛みには、器質的なものと機能的なものがあります。怪我や病気など、器質的な原因がわかっているものと比べると、機能的な痛みの多くは原因がみつかりません。本当の原因の多くは、痛みの現れている箇所以外にある事も知られてますが、原因を見つけられない限りは、患部に負担がかかり続けてしまいます。無理な力を加えたまま、関節を動かす事は、金属の板を繰り返し折り曲げるのと同じで、最終的には大きなダメージに繋がってしまうのです。

水分不足

体重の50~70%を占める水分が不足すると、身体には様々な症状が現れます。よく知られているところでは、熱中症の誘発や、脳梗塞、心筋梗塞などの原因になります。また、筋肉の働きが低下するため、筋拘縮や関節の拘縮といった機能低下に繋がり、慢性痛や痩せにくい身体をつくりだしてしまいます。

腰痛

joint-dysfunction02

腰痛には、いくつもの種類がありますが、大きくは2つに分けられます。1つは前屈時の痛みで、もう1つは後屈時の痛みです。どちらも痛むケースは、複数の腰痛が合併している事もあります。こういった、痛みの出方で、どの関節に問題があるかが推測できます。椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、腰椎分離症なども、いきなり発症するのではなく、腰にかかる負担が蓄積した結果なのです。

■ぎっくり腰
ぎっくり腰の多くは、筋肉を覆う膜の損傷(怪我)と考えられています。原因は、重いものを持ち上げた時や、瞬間的な張力が腰に加わった時といわれますが、全体の7~8割は、顔を洗っている時や、寝起き(※寝違えを含む)に発症する事のが多くあるため、全身疲労での筋緊張や脱水などで、筋の働きが低下しているためと考えられます。損傷の場合、回復に要する期間は1週間ほどですが、無理をすると回復が遅れて数週間かかる事もあります。ぎっくり腰の予防は、腰にかかる負担を減らす事が大切です。それには、腰以外の硬い関節を柔軟にして、日常での体の使い方を換えていく必要があります。

背中の痛み

背中の痛みの多くは、筋肉や骨格の機能障害によるものが多くあります。もともと、胸椎は機能障害が起きやすい箇所なので、筋トレ後や、長時間のデスクワーク後などは、肩甲骨周辺の筋肉が緊張しやすくなります。緊張が高まると、筋膜の滑走が妨げられたり、胸椎の機能障害が起きやすくなります。症状は、痛みの他、呼吸がしにくくなったり、肋間神経痛が出る事もあります。これらの改善には、肩甲骨周囲の緊張緩和や、胸椎の関節機能障害を取り除く事が重要ですが、部分的な調整ではなく全体的な調整が根本改善に繋がります。

膝・股関節の痛み

運動器の痛みは、機能低下によるものが多くあります。例えば、筋力低下で、関節を支える力が弱くなると、骨格アライメントが崩れてしまいます。その反対で、アライメントが崩れてしまうと、筋の働きが妨げられて、機能回復しにくくなるのです。特に、膝関節には、歩くだけで体重の3倍の負荷がかかるため、機能低下した状態でダイナミックな動きをすると靭帯や半月板の怪我が誘発されやすくなるのです。また、連動する足首や股関節、股関節と連動する骨盤が変位したまま硬くなると、脚長差や股関節骨頭の被り方に異常が起きるために股関節痛の原因になる事もあるのです。

足の痛み

全身には200個の関節があり、その4分の1の数の関節が足(片足26個)に集まっています。これは、路面の凹凸や斜面などで、姿勢を保つための機能です。スキー経験のある人ならわかりますが、足関節がない状態は、スキー靴を履いて歩くようなものです。足底腱膜炎を例に挙げると、足底の筋や筋膜が足アーチを保つために働いていますが、それには、足関節の動きが正常でなければなりません。関節の動きが悪いと、可動域制限が起きてしまい、筋の収縮そのものが減少するからです。

■足のしびれ
下肢には、人体で最大の神経といわれる坐骨神経が通っています。この神経は太い所で直径2センチになるところもあり、筋の圧迫を受けやすくなっています。腰痛と足のしびれが同時に出るケースでは、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの疑いがあるため検査が必要ですが、腰痛を伴わない、下肢の痛みやしびれは、梨状筋が関係しているケースが数多くあります。

肩こり・肩の痛み

joint-dysfunction04

肩こりの原因を大きく分けると筋肉か関節に分かれます。 マッサージや運動で改善すれば筋肉、効果がなければ関節や筋膜と考えられます。重度の肩こりになると、肩の痛み、頭痛、吐き気をともなったり、原因が肩ではなく、首という事もあります。また、四十肩、五十肩は、平均1年は続く事が多く、よく似た症状に、腱板損傷や石灰化などがありますので、施術で改善しない場合は、病院で検査をする事も大切です。

肘・手首の痛み

肘に痛みが出ると、通称ゴルフ肘やテニス肘という事がありますが、正式には、肘関節の内側の痛みを上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)、外側の痛みを上腕骨外側上顆炎(テニス肘)といいます。これらの痛みは、クラブやラケットの打ち方によっては内外が逆になる事もあります。主な発症原因は、手の使い過ぎによる、主働筋と拮抗筋のアンバランスなどが影響します。また、実際にゴルフやテニスで発症するケースでは、ボールを打った時の衝撃で過度な張力が起きて、ダメージを受けるためとされています。

■手のしびれ
肘や手首の痛みには、しびれが伴う事があり、親指から中指にかけてのしびれは手根官症候群、小指側のしびれは肘部管症候群を疑うこともあります。

頭痛

joint-dysfunction05

頭痛には、頭痛そのものが原因となる1次性と、別の病気が原因で起こる2次性のものがあります。90%の頭痛が1次性で残りの10%は脳出血、脳腫瘍等が原因で起きる2次性頭痛です。

1次性頭痛の分類

  1. 緊張型頭痛………筋肉の緊張で締め付けられるような痛みが起きる。
  2. 片頭痛……………ズキズキと脈打つような痛みで、吐気を伴う事があります。(※頭蓋骨内の血管が拡張して起こります)
  3. 群発頭痛…………眼の奥をえぐられる様な痛みで、鼻詰まり、涙、瞼が垂れるといった症状が現れる事があります。

首の痛み

joint-dysfunction06

現代は、スマートフォンの普及により、スマホ首という通称が出来るまでになりました。主な症状は、長時間のうつむき姿勢による首痛です。平均6キロある頭部は、頚椎の上にバランスよく乗る事で負担を最小限にしていますが、うつむき姿勢は、頭部を前方に突出すため、骨格バランスの崩れで、首周囲に過度な負担がかかります。その姿勢が長時間にわたって継続されると、頚椎の弯曲に異変が出ることがあります。

顎関節症(顎の痛み・顎鳴り)

顎の痛み、口が開閉がしずらい、顎関節から音がなる等の症状がある方は、顎関節症かも知れません。顎関節症は、関節包や靭帯、顎関節にある関節円板の変形などで起こります。これらの原因は一つではない事が多く、その要因を取り除いていく事が大切です。主な要因としては、緊張による歯の食いしばり、利き顎の噛み癖、頬杖やうつぶせ寝などがあります。

自律神経失調症

自律神経失調症とは、検査で異常がみつからずに、身体に様々な症状が現れる事です。主な症状には、頭痛、肩こり、めまい、倦怠感、動悸、耳鳴り、咳、手足の痺れ、多汗などの他、精神面でもイライラや不安感などが出ることがあります。これは、交感神経が過剰に働き、副交感神経とのバランスが崩れる事でなるケースが多々あります。 自律神経の調整には、骨格と硬膜の調整を行います。

『硬膜管は頭側は大後頭孔から尾骨に達する』

硬膜
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
硬膜は、脳と脊髄を覆う3層の髄膜のうち、一番外にある膜。硬膜の内にあるクモ膜とは密に接着している。ただし硬膜下隙と呼ばれる微細な隙間があり、硬膜下出血で血液がたまると肉眼で認められる程度まで広がる。硬膜は非常に厚く強靭な膜であって、脳と脊髄を周りの組織から隔て外傷や感染から守るという役割を担っている。クモ膜と軟膜をあわせて(広義の)軟膜(leptomeninx)と呼ぶのに対応し、硬膜をpachymeninxと呼ぶことがある。脳の硬膜と脊髄の硬膜を特に区別する必要があるときは、脳硬膜、脊髄硬膜と呼び分ける。


骨格ケアセンターでは、身体の歪みの要因すべてにアプローチして根本改善に導きます。

eiji-watanabe01

慢性痛の多くは、患部ではなく、患部以外に問題が起きている事が殆どです。患部しか見なければ“木を見て森を見ず”となり、本当の原因を見逃してしまいます。

当センターの施術は関節モビライゼーションをベースに、皮膚、筋膜、神経等を総合的に整えていく独自の調整法を行っています。

※根本改善とは二度と再発しない事ではありません。同じ事を繰り返さないためには、生活習慣を見直して、正しい身体の使い方を身に付ける事が大切なのです。

骨格ケアセンター院長 渡邊 英司

お問い合わせ・ご予約

腰痛、肩こり、頭痛、首痛、四十肩、五十肩、手足のしびれ、肘痛、膝痛、股関節痛、背中の痛み、骨盤矯正、身体の歪み、スポーツの伸び悩み、妊産婦ケアはお気軽にご相談ください。
※施術中は電話相談に応じられない事がございますので、予めご了承願います。
※業者様のご用件はメールでお願いします。

インターネットでのご予約は、ホットペッパーに登録していただく必要がございます。

TEL:0439-55-7040