原因不明の痛みの正体

身体の痛みで医療検査を受ける人の85%以上に器質的な異常が見つからないといわれてます。アメリカの整形外科医メンネル氏は、痛みで訪れる患者の最も多い原因は関節機能障害といってます。関節機能障害とは病名ではなく、何かしらの原因で関節に引っかかりが起きて自由な動きが制限されることです。

treatment01

“痛みの忘れたい、楽に動きたい”そんな悩みに!

関節機能障害は自然に改善することは殆どありません。関節は構造上、動きの悪い関節を、正常な他の関節が補うように出来ています。そのため、関節機能障害を放置していると連鎖的に二次障害に繋がるからです。改善には、二次障害に繋がる前段階のうちに改善するべきですが、どこに機能障害が起きているかは熟練したセラピストにしかわかりません。


joint-dysfunction01

慢性痛の原因

病気や怪我が完治した後の痛みや、原因不明の痛みなどが3か月以上続くことを慢性痛といいます。人の身体には200個からなる関節があり、1つでも動きの悪い関節があると、その動きをカバーする正常な関節に過度な負担が蓄積していき、慢性痛の原因になるのです。 例えば、金属の板を繰り返し折り曲げていると、最後は折れてしまうように、人の身体も負担のかかる動作を繰り返しているとダメージが蓄積していくのです。

ぎっくり腰と椎間板ヘルニア

joint-dysfunction02

ぎっくり腰の大半は腰椎筋筋膜症といい、筋肉を覆う膜の損傷(怪我)によるものです。筋膜損傷を起こすと痛みのピークは若い人で翌日、中高年者は翌々日あたりになります。回復には処置が良くて1週間、無理をして悪化させると数週間かかる事もあります。
ぎっくり腰を繰り返す要因の一つが日常での間違った身体の使い方です。日頃から腰に負担のかかる姿勢をしている人は慢性的な腰痛をかかえている事が多いため、完治した後も、従来の生活に戻ると再び負担が蓄積するため再発を繰り返すのです。

※椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離症、すべり症などの器質的な疾患を発症する人の多くが慢性的な腰痛持ちです。そのため、ぎっくり腰を繰り返す人は、これらの疾患にも注意が必要なのです。

肩こり

joint-dysfunction04

肩こりの原因を大きく分けると筋肉か関節に分かれます。 マッサージや運動で改善緩和するものは筋肉、効果がなければ関節や筋膜と考えられます。重度の肩こりは頭痛や吐き気をともなう事もあり、生活に支障が出るケースだと筋と関節の両方のケアだけでなく姿勢改善も必要です。

頭痛

joint-dysfunction05

頭痛には、頭痛そのものが原因となる1次性と、別の病気が原因で起こる2次性のものがあります。90%の頭痛が1次性で残りの10%は脳出血、脳腫瘍等が原因で起きる2次性頭痛です。

1次性頭痛の分類

  1. 緊張型頭痛………筋肉の緊張で締め付けられるような痛みが起きる。
  2. 片頭痛……………ズキズキと脈打つような痛みで、吐気を伴う事があります。(※頭蓋骨内の血管が拡張して起こります)
  3. 群発頭痛…………眼の奥をえぐられる様な痛みで、鼻詰まり、涙、瞼が垂れるといった症状が現れる事があります。

首痛

joint-dysfunction06

スマートフォンの普及により、今ではスマホ首という通称が出来るほどになりました。スマホ首は長時間のうつむき姿勢で起きる首痛です。平均6キロある頭部は頚椎の上にバランスよく乗る事で負担が抑えられますが、前方に突出す姿勢で骨格バランスが崩れると、首の周囲には過度な負担がかかるようになり、頚椎の弯曲にも異変が出ることがあります。


骨格ケアセンターでは、身体の歪みの要因すべてにアプローチして根本改善に導きます。

eiji-watanabe01

慢性痛の多くは、患部ではなく、患部以外に問題が起きている事が殆どです。患部しか見なければ“木を見て森を見ず”となり、本当の原因を見逃してしまいます。

当センターの施術は関節モビライゼーションをベースに、皮膚、筋膜、神経等を総合的に整えていく独自の調整法を行っています。

※根本改善とは二度と再発しない事ではありません。同じ事を繰り返さないためには、生活習慣を見直して、正しい身体の使い方を身に付ける事が大切なのです。

骨格ケアセンター院長 渡邊 英司

お問い合わせ・ご予約

腰痛、肩こり、頭痛、首痛、四十肩、五十肩、手足のしびれ、肘痛、膝痛、股関節痛、背中の痛み、骨盤矯正、身体の歪み、スポーツの伸び悩み、妊産婦ケアはお気軽にご相談ください。
※施術中は電話相談に応じられない事がございますので、予めご了承願います。
※業者様のご用件はメールでお願いします。

インターネットでのご予約は、ホットペッパーに登録していただく必要がございます。

TEL:0439-55-7040