障害予防~運動能力向上まで!

treatment02

スポーツでの繰り返し動作は筋肉の発達だけでなく、反応速度や反射能力を高めますが、筋の発達とともに筋力左右差が強くなるため骨格が歪みやすくなります。

一般的なスポーツ整体では疲労で凝り固まった筋肉をマッサージやストレッチでほぐすのが主流ですが、それでは筋力左右差の改善にはなりません。また、多くのアスリートが求める“競技力の向上と怪我に強いカラダ”にもならないのです。

動作とは姿勢から姿勢への変化です。動作の要となる関節には僅かな遊びがあり、滑りや転がりをスムーズにする役目や感覚機能が備わっています。

何かしらの問題で関節の遊びが消失すると、筋膜、神経、血管の働きも悪くなり、関節可動域の減少とともに、キレ、柔軟性、筋出力などが低下します。そして、機能低下した状態が長期に続くと、それを“脳が正常と記憶”してしまうために、施術をしても、悪い状態に戻そうとする力が働きます。これらを改善するには、動作の妨げや、故障の原因になっている関節に遊びをもたせる事が先決なのです。

動作には‟ゆとり”が必要

sports-bodywork01

施術前後の写真を比較すると、関節可動域の広がりでスイングにゆとりの他しなりが出た事がわかります。これは、関節一つ一つが正常に動くようになったためです。一つでも動きの悪い箇所があると、関節の連動が妨げられてしまうため『本来の力が出せない』『違う方向に力が抜けてしまう』といった事が起こります。また、関節可動域が減少した状態でダイナミックな動きをすると、可動範囲の限界域まで使う事になるため、過剰な張力によって、スポーツ障害の原因にもなります。

sports-bodywork02sports-bodywork03

sports-bodywork04sports-bodywork05

パフォーマンスの維持向上には“可動範囲内でゆとりをもって動く”事が重要です。

スポーツ障害

sports-bodywork06

スポーツ障害の原因となるオーバーユース!アスリートが一般の人より運動量が多いのは当然ですが、同じ事をしても何でもない人もいます。 この違いは、生まれ持った耐性の違いと身体の使い方の違いによるものです。生まれ持ったものは変えられなくても、身体の使い方は誰でも変えられるのです。

過去に対応した症状

足底腱膜炎、シンスプリント、ジャンパー膝、ランナー膝、オスグッド、半月板損傷、梨状筋症候群、筋・筋膜性腰痛症、腰椎分離症、腰椎すべり症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、テニス肘、ゴルフ肘、野球肘、野球肩、胸郭手口症候群・・・他

※上記疾患名は本人からお伺いしたものです。医学的な検査で異常が認められないケースでお悩みの方はお気軽にご相談下さい。 


どんなタイミングで受けたらいいの?

  • 身体が硬く感じた時
  • 身体が重く感じた時
  • 動作が鈍くなった時
  • 寝つきが悪く、寝てもスッキリしない時
  • 仰向けで寝れない時
  • 痛みが出ては消えを繰り返す時
  • 呼吸がしにくくなった時
  • スポーツで伸び悩んだ時
  • スポーツの試合前後
  • キレが無くなった時

施術に来られた方のスポーツ種目

  • 野球
  • ゴルフ
  • ドラコン
  • サッカー(フットサルを含む)
  • テニス
  • バスケットボール
  • バドミントン
  • ラグビー
  • 卓球
  • バレーボール
  • ボーリング
  • クラシックバレエ
  • 社交ダンス
  • フラダンス
  • ジョギング・マラソン
  • 駅伝
  • 水泳
  • 水球
  • 陸上
  • スキー・スノーボード
  • サーフィン
  • ウインドサーフィン
  • フィギュアスケート
  • スケートボード
  • ヨガ
  • ピラティス
  • エアロビクス
  • 新体操
  • 器械体操
  • 太極拳
  • パワーリフティング
  • ボクシング
  • キックボクシング
  • 剣道
  • 空手
  • テコンドー
  • 合気道
  • 少林寺拳法
  • 柔道
  • レスリング
  • 乗馬
  • 居合
  • 競輪
  • 自転車ロードレース
  • モータースポーツ
  • ボルダリング
  • 登山

骨格ケアセンターでは、根本的な改善を目指しています。

eiji-watanabe01

慢性痛の多くは、患部ではなく、患部以外の問題である事が殆どです。患部だけを見ていると“木を見て森を見ず”となり、本当の原因を見逃してしまいます。

当センターでは、硬い関節には、動きを付け、緩んだ関節には支持性を持たせる施術を行ないます。関節調整だけで足りなければ運動療法も行います。筋肉が緊張していればストレッチ、緩ければ筋トレも必要なのです。

しかし、どういう形で根本改善したにせよ、それで、二度と再発しない事ではありません。同じ事を繰り返さない為には、生活習慣の見直しと、身体を正しく使い続ける事が大切なのです。

骨格ケアセンター院長 渡邊 英司

お問い合わせ・ご予約

腰痛、肩こり、頭痛、首痛、手足のしびれ、肘膝痛、股関節痛、背中の痛み、骨盤矯正、身体の歪み、スポーツの伸び悩みなど、お気軽にご相談ください。
※施術中は、電話相談に応じられない事がございますので、予めご了承願います。
※業者様のご用件はメールでお願いします。

インターネットでのご予約は、ホットペッパーに登録していただく必要がございます。

TEL:0439-55-7040