首の不調が下肢に与える影響

首痛 膝痛 足の痛み

骨格ケアセンターの渡邊英司です。 今回は、かなり重度の珍しい症例だったので記事にします。 その症状とは、膝の曲げ伸ばしが出来ず、痛みで正座もしゃがむ事も不可能というものです。 病院でMRIとレントゲンを撮った結果は、看側でないほうに変形性膝関節症が認められ、看側は異常なしとの事でした。 そのため、病院の診断は神経痛だそうです。 また、カウンセリングでは、過去に腰痛歴があり、レントゲン検査で腰椎3、4、5番の変形が確認されたそうです。 今回は、腰痛はないので、話を戻します。 私が不思議に思えたのは、私の目には看側の脚が変形して見えた事です。 普段から、思い込みで事に当たらないのが、私の信条ですが、今回は病院が看側の診断を間違えただけではと思いました。 そして、本当は両足とも膝関節症だろうと思ってしまいました。 ところが、施術をしていくうちに、首の異常な硬さがみつかり、それが腰仙関節に影響している事がわかりました。 首と腰は相関関係にあるので、首の不具合が腰に出る事があります。 それと同じように、膝が悪ければ、連動する股関節や、股関節と連動する仙腸関節の調整だけでも改善する事もあります。 ところが、ここまで首が悪いと下肢にも大きな影響が出るという、新たな発見になりました。 …

首痛が原因の腰痛

首痛 腰痛 姿勢

骨格ケアセンターの渡邊英司です。 今日は、自分自身の事も含めてのお話しです。 私は若い時に、オートバイ事故で、重度のムチウチを経験しています。 その時の後遺症が歳と共に、頻繁に現れるようになってきました。 そして、数年前に腰痛を発症しました。不思議な事に、自分の不調に対しては何もしようとしなかったのです。 そして、ある時、腰痛で来られた方がいました。 検査をすると、腰仙関節の引っかかりがありました。 普段から、横座りをするとの事だったので、それが原因と思いましたが、上部頚椎の調整後に、腰仙関節の引っ掛かりがとれたのです。 自分もそうかと思い、検査をすると、腰仙関節の引っかかりが起きていました。 首と腰は相関する事は知っていても、腰仙関節のズレが、首の調整で改善する事は、初めての発見でした。 腰仙関節のズレがある数人に試したところ、首に不調のない人は殆ど当てはまりませんでした。 私の考えでは、首が原因の腰仙関節のズレであれば、首の調整で改善し、首に問題がなければ、腰仙関節を動かさなければいけないという事です。 それを知るには、一部位ではなく、全体を見なければいけない事を、あらためて感じました。 …

怪我した後の新常識

首痛 肩の痛み 肘・手首の痛み 背中の痛み 腰痛 股関節痛 膝痛 足の痛み スポーツ障害

骨格ケアセンターの渡邊英司です。 怪我をすれば、冷却、固定、安静、挙上。 これが、処置の基本でした。 ところが、ここ数年の間に、その常識が覆されました。 今は、発症直後の処置は同じですが、三日程で炎症がおさまっていれば、冷湿布から温湿布に変えるところもあります。 また、怪我が治るまでの安静は筋力低下をまねき、かえって悪化させてしまう事のが多い事もわかったようです。 怪我をしている箇所の動かし過ぎはよくありませんが、患部以外は固まらないようにする事が重要なのです。 怪我が治っても消えない痛み。 今からでも遅くはありません。 関節機能を回復させてみませんか。 …

痛みと脳の関係

未分類

骨格ケアセンターの渡邊英司です。 今日は、痛みと脳が密接に関係しているお話です。 痛みと長年付き合っている人は、そこだけに意識が向くようになります。 見方を換えると、そこに意識が向いているために、改善しにくいとも言えるのです。 例えば、神経が過敏に反応してしまうと動く事が不安になります。 身体は動かさなければ硬くなる。 動かさない箇所は筋力低下や柔軟性を失なう。 こういった悪循環に陥るわけです。 負のループを断ち切るには、逆の手順で脳に伝達する事です。 患者さんに不安を与えない。 痛みを与えない様に徐々に関節可動域を広げる。 ちょっと動いて痛かったものが、ここまで動かせるようになったという喜びを与えるのです。 その積み重ねで、小さな変化が、やがては大きな変化になるのです。 …

五十肩で腕が上がらない時にみるべき箇所は

肩こり・首コリ 肩の痛み

久しぶりの記事になりますが、今回は四十肩や五十肩など、肩の障害で、腕が上がらない時にみるべき箇所です。 これは、セミナーに来られている施術家向けの記事で、応用コースの方に教えている内容です。 肩の障害がある人は、必ずと言っていいほど首がよくないです。 特に上部頚椎が詰まった状態になります。 後頭骨下部には筋紡錘、腱紡錘がたばになっているので、これらが伸張反射に関係して筋緊張を高めます。 そのため、上部頚椎の拘縮を取り除くと、緊張が緩み関節可動域が広がります。 ここまでは、他にも考えている人はいると思います。 しかし、考える事は出来ても、その方法が難しいわけです。 今回あみだした方法は、ここでは言えませんが、かなりの改善効果が期待できる手技だと思います。 肩の障害で悩んでいる方には朗報となる手技になると思っています。 …

どんな施術ですか?

首痛 腰痛 整体セミナー

骨格ケアセンターの渡邊英司です。 今日は施術の方法を伝えられればと思っています。 時々、新規の方から、どんな整体ですかと聞かれる事があります。 電話だと、一言で説明するのは難しいのですが、恐らく、全身をマッサージしますとか、ボキボキッとやりますとかの答えを求めているのだと思います。 私がやっているのは骨格矯正ですが、一言で表すなら関節の遊びを回復させる施術です。 しかし、それでは伝わりません。 最初にカウンセリング。 いつ、どんなきっかけで、職業や趣味、今を含む、過去の怪我など、わかる範囲で教えてもらいます。 そして、その後、自動運動で疼痛の現れる箇所と苦手な動きを検査します。 痛みが強くて出来ない時は触診と他動運動のみ行います。 それを、全身200の関節に行います。 通常であれば動きの悪い箇所が不調の原因になりますが、動き過ぎはもっと質の悪い不調になります。 人の体は繋がっているので、関節の連動、皮膚のはり、筋膜の滑りなど、些細な事でも影響します。 本人が思いもよらない箇所を動かすだけで大きな変化が出る事もあるのです。 年齢や状態によっては、普通に施術が出来ない事もあります。 例えば、ぎっくり腰や寝違えのように急性痛の多くは筋膜の損傷であるケースが多いので、無理に動かして症状を悪化させてしまう事があるからです。 それらをふまえて、個々の症状を改善するので、電話で一言では説明できないのです。 …

【2018】アース・モンダミンカップ

スポーツ障害 運動能力向上

大会名称:アース・モンダミンカップ 開催コース:カメリアヒルズカントリークラブ 千葉県 開催期間:6月21日~6月24日 賞金総額:18,000万円 優勝賞金:3,240万円 主催:アース製薬株式会社 公認:一般社団法人日本女子プロゴルフ協会 後援:木更津市、袖ケ浦市、テレビ朝日、公益財団法人日本ゴルフ協会 企画協力:テレ・プランニング・インターナショナル株式会社 競技運営:株式会社ダンロップスポーツエンタープライズ 大会URL:http://earth-mondahmin-cup.com/index.html 上記情報:日本女子プロゴルフ協会ホームページより 今年もモンダミンカップが始まりますね。 この大会は私がケアに携っている拓大紅陵高校ゴルフ部OBの女子プロも参加しますし、大会中は君津駅周辺に宿泊するプロ選手が、毎年ケアに訪れるので、なんとなく親近感のある大会で楽しみにしています。 今年は誰が来るかわかりませんが、来られた時は最高のコンデションに仕上げてあげたいと思います! …

カラダのコップ

姿勢 身体の歪み 自律神経の乱れ

今日は偶然見た動画に感銘したと同時に考えさせられましたので紹介します。 参照元:イミシン Facebook 動画に流れる文章を読んだので全文は覚えていません。 ある精神科医がストレス管理の仕方をコップの水に例えたスピーチです。 彼女は水の入ったコップを手に持ち歩き始めました。 受講者の誰もが「もう半分しかない」「まだ半分ある」の質問を予想しました。 ところが、このコップはどのくらいの重さだと思いますか?と尋ねたのです。 さまざまな答えが飛び交いました。 重さは重要ではありません。 水の入ったコップをどれくらい持つかによって重さが変わってきます。 例えば、1分持っていても問題ありませんが、1時間持っていたなら腕が痛くなるでしょう。 1日持ち続けたら、腕が痺れて感覚も麻痺してきます。 コップの重さは変わりませんが、長く持てば持つほど、重く感じていくのです。 ストレスや心配事も、このコップの水に似ています。 抱えているのが少しの間であれば何も起こりません。 もう少し長い間抱えていると、そのことに痛みを感じてきます。 四六時中抱えていれば、やがて人は無力感に襲われ、何もやる気が起こらなくなります。 コップを下に置くのを忘れないでください。 身体が受けるストレスも全く同じです。 身体が歪んで姿勢が崩れてしまうと、過度な筋緊張が起こり、痛みや違和感に繋がります。 長期に負担が蓄積すれば、それが慢性になり、頭から離れなくなり、痛みに敏感になり心にも影響してしまいます。 身体のコップも下に置いて下さい。 …

6つの動作で体は変わる!

肩の痛み 肘・手首の痛み 腰痛 スポーツ障害 運動能力向上

人間のカラだの動きは6つの動作が基本になります。 屈曲、伸展、左右側屈、左右回旋です。 この動作が複合する事で様々な動きが可能になるわけです。 見方を換えると、どれか一つが妨げられてしまうと、本来の機能が発揮できなくなります。 どんな動作も、一関節が単独で動いているのではなく、全てが連動して一つの動作になります。 感覚的に充分動けていると感じていても、モーションペイン検査をさせてみると側屈の動きが悪かったり、回旋の動きが悪いなどのケースはよくある事です。 例えば、ゴルフで軸がぶれない様に腰から下を不動にして打つ人は多くいると思います。 それが良いか悪いかはわかりませんが、体全体の運動リズムで考えると、回旋動作で主に使われる股関節の動きが不十分になります。 そうすると下半身の動きを上体でカバーするために、胸腰椎に負担がかかるので、腰痛の原因となったり、関連して肩、肘、手首を痛める可能性があります。 ゴルフの事は、その道のプロのが詳しいですが、関節の構造上の動きは万人共通です。 スポーツ雑誌を開くと、有名選手の動きを分析する記事がありますが、その中には骨格の構造上の動きを無視しているケースが多々あります。 こういったケースで結果が出せているのは、その人だからこそ出来る芸当なのです。人の体は手足の長さも違うし、関節可動域の広さも違うので、その人に合った方法があるからです。 場合によっては、今は良くてもいずれダメになってしまう危険性だってあるのです。 プロスポーツの世界は結果が全てなので、動けるうちに活躍しなければ機会を逃してしまいます。身体に負担がかかり続けても、今頑張るしかない状況なんだと思います。 そういった選手の負担を減らす方法もないわけではありません。関節に十分な遊びが回復すれば、一時的に負担は減り、関節への栄養供給がなされます。 そして、少しずつ影響しない範囲で、構造上の動きに最適なフォーム修正をしていけば、さらなる運動機能の向上に繋がるはずです。 アスリート以外の方で慢性痛で悩む人も、自身の身体のクセを知り、動作改善していけば根本改善は不可能ではないのです。 …

身体機能が向上する運動療法

実際の症例 肩こり・首コリ 身体の歪み スポーツ障害 整体セミナー

一般的な施術で改善しない症状が、運動療法で改善したという話は聞いた事があると思います。 運動療法というとリハビリが頭に浮かぶと思いますが、病院でのリハビリはストレッチや歩行訓練が定番です。 高齢者や心臓疾患などで運動が出来ない人は致し方ないとしても、ストレッチや歩行訓練だけでは不十分というケースは数多くあります。 当センターのフルコースには運動療法が組み込まれていますが、運動療法の中身はアメリカ発祥のリハビリ技術で、脳梗塞などの機能訓練で使われているPNFが使われます。 私が学んだ技術は、PNFを改良した手技で、通常のPNFとは異なりますが、その効果は折り紙付きです。 PNFについて少しおさらいしますと、プロプリオセプティブ(固有受容性感覚器)・ニューロマスキラー(神経筋)・ファシリテーション(促通)と言います。 PNFには独特の運動パターンがあり、人間の動作は単関節だけでは動作にはならないため、いくつもの関節を動かさなくてはいけません。 それには、対角螺旋運動が行われながら、主働筋を収縮させる時に、反対の拮抗筋が伸張しなければいけません。 これらがバランスよく行われる事で日常動作がスムーズになるのです。 PNF運動は筋肉や腱の中にある、筋紡錘や腱紡錘などの固有受容性感覚器を刺激して神経筋の促通をはかるために行われます。 当センターの基本コースの施術もPNFパターンの動きを他動的にみながら関節の引っかかりを見つけ出します。 これに運動療法を組み合わせる事で、より精度を高めているわけです。 但し、運動療法というのは、運動という事も忘れてはいけない事です。 運動は最初よりも二回目、三回目と数をこなせば上達しますから、上達すればするほど効果が引き出せるのです。 もちろん、運動パターンを誘導するのは術者ですから、術者が下手だと効果が出ない事もあります。 また、受ける人が主働筋と拮抗筋の両方に力を入れてしまうタイプだと、慣れるのに時間がかかったり、特殊なケースでは筋緊張を高めてしまう人もいます。 力を入れるのと出すのは違うので、PNFでは力を出せる状態に導かなくてはいけません。 アスリートのように運動慣れしている人は、早くに効果が引き出せますが、慢性痛などの不調で来られる人は、焦らずゆっくりと前進する気持ちでいけば大きな効果が得られます。 …

ページの先頭へ

Copyright © 2018 kokkakucare.com. All Rights Reserved.  WordPress Premium Plugin