2月は、スギ花粉が飛び始める時期ですが、近年は、花粉の他に、黄砂やPM2.5などの化学物質も飛散しているので、一年中、鼻炎症状に悩む人が増えてきました。

これらのアレルギー症状では、頭痛、頭重、くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目の痒み、喉の痛み、微熱、倦怠感、関節痛など、風邪とよく似たものが多くあります。

風邪で関節痛が出る事は多くても、花粉で関節痛が出る人は少ないので、アレルギーと思わない人もいます。

アレルギー症状は、体内に異物が入るのを、守ろうとする、防御反応ですが、これが過剰に反応すると、全身に炎症が起きるために関節痛になると言われています。

しかし、関節痛が出る人は少ない事から考えると、花粉で関節痛が出る人は、普段から、関節痛になりやすい人に多いのではないかと思います。

例えば、体の歪み水分の不足している人は、関節に負担がかかるので、アレルギー症状で熱が出たりすれば、関節痛が起きても不思議ではないからです。

もし、アレルギー症状が出るたびに、関節痛が現れるようなら、こまめに水分補給をしたり、全身の歪みを整えるのも、対策かも知れません。