人には利き手、利き足があり、日常生活やスポーツ動作でも、それらを使い分ける事で、動きやすい状態が出来上がっていきます。

しかし、この使いわけは筋力左右差を生じさせるので、筋力は均等に保てなくなります。

例えば、太いゴムと細いゴムが引き合えば、細いゴムが負けて伸ばされてしまいます。
関節をまたぐ筋肉も同じで、強い筋肉に引かれて身体は歪みます。

身体が歪んだ状態は、どこかに負担がかかっている状態なので、それが僅かな負担であっても、同じ動作を繰り返す事で徐々に負担が蓄積していくため慢性障害になるのです。

負担の蓄積が原因で起きる障害には『腱鞘炎』『足底筋膜炎』などがありますが『ぎっくり腰』『椎間板ヘルニア』『脊柱管狭窄症』『すべり症』『分離症』なども、いきなり発症するのではなく、負担の蓄積で起きるものが大半です。

これらを発症すると、痛みを解消する事を優先しますが、痛みが消えた後の生活習慣が同じだと、再び負担が蓄積していきます。

一か所にかかり続けている負担を解消するには、関節の引っかかりや歪みを整えて、関節運動連鎖を正常にすれば負担は全身に分散していきます。

その上で、正しい身体の使い方を学び、実践していく事が重要なのです。