正しい姿勢は重力に対して、身体の負担とエネルギー消費が少ない姿勢である事は、(※正しい姿勢)でお話ししました。

正しい姿勢を基準にした場合で、身体に負担のかかる不良姿勢は3つに分けられます。背骨を横から見ると、S字の湾曲になっているのですが、正しい姿勢の湾曲は、肩甲骨のあたりの湾曲が腰よりやや大きいので、上から2対1くらいです。

それに対して、不良姿勢はというと

① 上下の湾曲が大きくなった姿勢
② 背中の上部の湾曲が長く丸まっている姿勢
③ 湾曲が直線的になっている姿勢

この①②③の姿勢には専門的な呼び方もありますが、文献によって少々違っていたので、上記のように表現します。

身体の負担は姿勢によって全て異なります。

例えば①の姿勢は、顎が上を向き、骨盤は前傾します。 身体への負担は、首と腰が反る為、顔面筋の緊張が起こり、顎関節症や頭痛が起きやすくなります。 同時に腰も反ってしまうために、脊柱管狭窄などがある人は症状が強く出ます。

改善には、姿勢分析をしっかり行い、どのタイプかを知る事が先決です。 タイプが分かると、よく使われる筋や弱化する筋がわかりますが、私は、それが絶対とは考えていないので、調整しながら、それ以外の癖を見つけて姿勢を整える事にしています。

自分自身の身体の癖は、自分自身ではわからないものです。
しかし、それさえわかれば、これから気を付けるべき事がわかります。

何年も患っていた慢性痛や、スポーツでの身体の使い方も変える事が出来るのです。

詳しく知りたい方は、是非、一度お越しください。