脊柱とは、頚椎7個、胸椎12個、腰椎5個、仙骨1個、尾骨1個で構成されている骨の柱です。
厳密には、仙椎5個が1つの仙骨となり、尾椎5個が1つの尾骨になります。


骨と骨の間には椎間板という繊維状軟骨があり、地面からの衝撃を吸収する作用があり、椎骨を守っています。


これらの骨は、本来であれば癒合する事なく動くものですが、個々の生活環境や職種、運動などの、身体の使い方によっては硬くなってしまいます。

例えば、背中を丸めていたり、真っすぐ過ぎる姿勢を続けている人は、胸椎が硬くなりやすくなります。

胸椎が硬くなると、頚椎や腰椎に物理的な負担が加わるので、首痛や腰痛が起きやすくなります。

体幹の動きが悪くなれば、手足への連動が悪くなるため、しなやかな動きも出来ません。

また、ランニングやジャンプをするスポーツをする方だと、地面の衝撃をダイレクトに受ける事になるので、膝の障害やパフォーマンスの低下にも繋がります。

脊柱の柔軟性が失われている場合、前屈動作を真横から見ると、背骨の弯曲がなくなっている事がわかります。

改善させるには、脊椎関節1つ1つの遊びを回復させる事と、毎日のエクササイズが不可欠です。

そして、脊柱の柔軟性が回復する事で、日常動作が軽快になり、運動能力が向上する事がわかるはずです!