骨折などの怪我をすると、暫くの間は安静にしなければいけなかったり、ギブスで固定しなければいけなくなります。
怪我そのものは時間で治りますが、怪我が治るまでの時間に、身体を動かせない状態が長く続くと、筋肉や関節に拘縮が起こります。

筋肉や関節は動かして使うものなので、これらが硬く拘縮すると、他の運動器に負担がかかるのです。

病院で行うリハビリは、こういった拘縮を防いだり、回復させるために行われますが、痛みでリハビリが遅れたりすると、筋や関節の拘縮が勝り、リハビリ効果が現れない事もあります。

本来であれば、怪我による腫れや炎症が収まった時点でリハビリを開始できれば良いのですが、多くの場合は、完全に治ってから始める事が多いようです。

この間に起こる、筋や関節の拘縮が、怪我が治っても消えない痛みに繋がるのです。

リハビリ開始時期は怪我の状態によるので、医師の判断に任せるしかありませんが、リハビリが遅れて痛みが消えない人は、一度関節の遊びを回復させる施術を試して下さい。きっと満足の行く結果が得られると思います。