ゆがみを正せば動きが変わる! カラダが歪む原因 ①歪みの大半は利き手足が関係する 人には利き手、利き足があり、動作に得手不得手があります。また、日常で使う道具なども、それ用に作られているものが多いので、使い方に慣れるにしたがって機能分化が進んでいきます。普段使う筋肉は得意な動作側が発達しやすいので、骨に付着している筋肉は強い側に引っぱられて関節がズレたり捻じれてしまうのです。 ※利き手足の機能分化 成長とともに利き手足の得意不得意がはっきりと分かれて左右差が生じる事。 ②筋肉の使わな過ぎも歪みの原因になる。 歪みは骨格を支え合う筋肉のアンバランスが原因となるため、過度な筋肉の発達がなくても、使わない筋肉が衰えれば、カラダは歪んでしまうのです。また、骨格を支えているのは筋肉だけではなく、靭帯が関節を繋ぐ重要な役目をしています。その靭帯も使わなければ衰えて弾力を失ってしまうのです。当院で脚の弾力検査をすると、7割以上の方が弾力不足になっているのも驚きです ③楽な姿勢がカラダを歪ませる デスクワークをしている人や、ソファーにくつろいでいる時など、つい楽な姿勢をして背中や腰が丸まってしまう事があります。それらは、姿勢を維持する筋力を低下させてしまいます。背中を丸めた猫背姿勢は背面の筋肉が伸びて、前面の筋肉が硬くなるため、長期に続くと、背筋を伸ばそうとしても腰が反るだけになります。また、ソファーなどにもたれかかる姿勢は座面が平らだと、腰が丸まり、骨盤が後傾する歪みが起こりやすくなるため、慢性腰痛の方は使用する家具の配置なども考えなければなりません。 ※筋力低下の目安 安静状態が1週間続くと、筋力は20%ほど低下し、回復には1カ月かかります。1ヵ月間、安静にした場合は筋力の80%が低下してしまうため、高齢者は自力で立ち上がることも困難になるのです。楽な姿勢は、裏返せば筋力を使わない事になり、身体を支える機能をも低下させてしまうのです。 正しい姿勢とは 正しい姿勢の立ち方は、背骨に適度なS字弯曲を維持した状態で、頭部がバランスよく乗っているイメージです。横から見た時に、耳、肩、大転子、膝、外踝が揃う立ち方ですが、日常で、この重心線を意識するのは簡単ではありませんが、毎日、壁を背中に立つようにして、正しい立ち方を意識する気持ちを持ち続けることが大切です。立ち方のイメージが出来たら、歩く時も、頭のてっぺんから吊るされているイメージでつま先を正面に向けるようにして歩きましょう。 猫背姿勢を改善したい場合は、立位よりも座位姿勢を改善する必要があります。座位の姿勢は、両足が地面に付き、膝、股関節が直角に曲がるくらいの椅子を使うようにすると良いでしょう。また、猫背姿勢が定着している人は、脊柱起立筋が伸びて、胸筋などが硬くなっているので、ストレッチと筋力強化を同時に行なう必要があります。 脊柱側湾症 側湾症には、機能性、先天性、疾患性、突発性の4タイプがあり、そのうちの80%は原因不明の突発性側湾症で、思春期の女子が80%以上を占めています。発症すると側弯の進行度に応じて、経過観察か装具で進行を抑える方法がとられますが、病態によっては手術をしなければいけなくなります。しかし、小中学生がモアレ検査で引っかかるケースでは機能性の側弯症といって、筋力左右差や不良姿勢が原因でなるものも多くあります。 機能性の側弯症は、日常生活の中で誰もが起こりえるカラだの歪みの事なので、過剰な歪みになる前にリセット出来ます。また、突発性側弯症の人も日常の動きで機能性の側弯が重なるので、重度の側弯にならないように注意しなければいけません。 妊娠前は身体をリセット! 普段なかった腰痛や肩こりを妊娠で発症する人がいます。これらは、ホルモンや体重増加の影響による姿勢などが関係しますが、多くの人は、産後の骨盤矯正には関心があっても、産前ケアには無関心です。妊娠するとホルモンの関係で関節を繋ぐ靭帯が緩んで歪みやすい体になります。歪み自体は誰でも起きるもので、妊娠したから歪むのではなく、さらに歪みやすくなるのです。そういった事をあらかじめ想定しておき、事前に歪みをリセットしておく事も不調への備えになるのです。 ※産前ケアとは 妊娠前にカラダの歪みをリセットしておき、ホルモンでの靭帯の緩みで起きる歪みの増長を減らしたり、妊活中に身体の循環機能を高めて妊娠しやすくする目的で行う。 妊活にも影響する骨盤の歪み 女性にとって、骨盤の歪みは血流悪化の原因となり子宮機能を低下させてしまいます。さらに、体の土台である骨盤は全身に影響するため、全身の歪みをリセットする事で、他の機能低下している箇所が活性化するため、婚活の第一歩になります。 妊娠中の姿勢変化 妊娠中はホルモンの影響で靭帯が緩み、関節が不安定になります。また、胎児の成長と共に、お腹が大きくなると、姿勢変化で重心位置がずれるために、妊娠前は不調がない人でも、腰痛発症のリスクが高まります。妊娠中の不調を減らすには、妊娠前に歪みを整えておき、姿勢変化による過剰な歪みが起きないようにすることです。それが、母体とお腹の赤ちゃんに良い環境を作り出す事に繋がるのです。 妊 骨格が歪むと内臓も窮屈になる 段ボール箱が凹むと中のものが押しつぶされてしまうように、骨格の歪みは内臓にも影響します。背中を丸めた姿勢は内臓を圧迫して器官の働きを低下させてしまいます。各器官は、筋膜で連結されているため、離れる事がなく、可動力があります。関節や筋肉などに機能障害が起きると、身体の動きが制限されるので、内臓器官を連結する筋膜も硬くなるのです。 美容整体 背中を丸めた猫背の姿勢や巻いた肩は、見た目を老けて見せてしまうだけでなく、バストが垂れる原因にもなります。また、骨盤の歪みでパンツのウエスト高が左右で違ったり、お尻が垂れて下半身だけが太る原因にもなるのです。これらの悩みで痛みを我慢しながら、オシャレをしても、痛みをこらえる顔には笑顔が消えてしまいます。当院では不調の原因と姿勢の悩みを同時に調整していく事が出来ます。(※美容整体コースは全身ケアコースに骨格補助運動療法を併用します) 運動学を取入れた骨格調整法 身体の歪み方は、直立姿勢で見る事が殆どですが、モデルや芸能人のように、見せる職業の方を除くと、真直ぐで綺麗な姿勢が良いとは限りません。 アスリートのように激しいトレーニングを繰り返す人達は、一般の人よりも筋力左右差が強くなります。適度な筋力左右差は運動能力を高めてきた証でもあり、その競技に必要な筋力となりますが、偏って発達し過ぎてしまうと、筋肉のアンバランスで筋収縮が妨げられてしまいます。筋収縮が妨げられると、関節可動域が減少したり、可動範囲に左右差が生じてしまうため、柔軟性や筋出力が低下してパフォーマンスが発揮できなくなるのです。そのため、スポーツ選手の場合は、見た目重視の矯正ではなく、ジャンプや切り返し動作などの反応を高める調整が必要なのです。 先天的や後天的な事故などの影響で、左右の脚長差が生じてしまった場合、骨盤の変異を調整するとバランスが取りずらくなる事があります。こういったケースは、左右差の解消より、痛みの緩和や動きやすさ重視の調整が日常生活を快適にします。  カラダの歪みこそが不調の現況となる! どんなに気を付けていても、いつの間にか身体は歪んでしまうものです。何もしていないのに疲れやすくなったり、いつもと同じ量しか食べていないのに太り始めた。誰にでも起こり得る些細な事までが、歪みと深い関りがあるかも知れないのです! 当院の調整法は動きの悪い関節をピンポイントで調整して、歪みが自然治癒力で改善していく独自の手技を研究開発しています。 骨格ケアセンター院長 渡邊 …