「スポーツ整体」タグの記事一覧

ルーズショルダー

肩の痛み スポーツ障害

骨格ケアセンターの渡邊英司です。 ルーズショルダーとは、肩関節障害の一つで、肩関節不安定症ともいわれています。 肩関節は球状の関節で、広い可動域を持っている反面、支持性に乏しい関節です。 例えば、野球の投球動作を繰り返す事で、徐々に肩が緩んでしまうといった後天的なもので発症したり、生まれつき不安定という人もいます。 肩関節が不安定な状態だと、スポーツ活動をする人には支障が出ます。 ルーズショルダーが習慣化されると、脱臼を繰り返す事があります。これは、軟部組織の損傷で引っ張りに耐える力が減少してしまうためです。 治療方法は原因が、関節、靭帯、筋肉で異なりますが、手術以外の保存療法を選択するのであれば、肩の負担を取り除くためにも、関節調整を試して下さい。 …

運動能力の開発法

スポーツ障害 運動能力向上

骨格ケアセンターの渡邊英司です。 スポーツをする人であれば、運動能力を高めたいのは当然です。 私が思う、運動能力の高め方には二通りの方法があります。一つは、トレーニングでパワーや柔軟性を付けたり、スキルアップする事。 もう一つは、低下した機能を回復させて、本来の能力を引き出す事です。 このうち、手っ取り早いのは後者です。 限界まで鍛えた事のある人は、これ以上は無理とスランプに陥った経験があるはずです。その原因には肉体的なものと、精神的なものがあります。 これらは、互いに影響し合っているので、どちらか片方で済む事はありません。 まだまだ先のある若者の勢いと、ある程度の年齢に達して、後がない状態の人が対等に戦えば、いかにベテランであっても、精神的なプレッシャーに負けてしまいます。 これが、精神面に影響する一大原因の一つなのです。 怪我の功名という言葉がありますが、怪我をした選手の方が、余計なプレッシャーから解放されて、いい結果を出すなんてことは、よくある話です。 ですから、成熟した選手は、新たに、体を鍛えなおすよりも、低下した機能回復を考えた方が、確実に運動能力は高まります。 また、機能回復する事で、使われていなかった箇所が活性化するため、それから鍛えなおす事も可能なのです。 …

スポーツの壁

骨格や骨盤の歪み スポーツ障害 運動能力向上

骨格ケアセンター渡邊英司です。 真剣にスポーツをしている人であれば、誰もが一度は立ちはだかるのが壁です。私も子供の頃から空手を続けているので、壁には何度となくぶつかってきました。 その度に、どうしたら良いかがわからず悩み苦しみ、練習が足りないと言い聞かせて、自身を追い込んできました。 体が壊れても休まず、回復したらしたで、懲りずに同じ事を繰り返していました。ライバルに出来る事が、自分に出来ないはずはないと思っていたので、練習量は増える一方でした。 そして、その代償として、肘と膝を故障してしまいました。そのやり方が間違えと気づくのに10年もかかりましたが、今は、その経験をもとに、スポーツをする方の力になれると思っています。 ハッキリと言います。 根性では、壁は乗り越えられません。壊れたらお終いです。 スポーツの壁にぶつかった時は、考える時間を与えられたと思えばよいのです。 限界までトレーニングをしている人は、筋力左右差が強くなる。 筋力左右差の出過ぎは、筋肉に負担がかかっている。 それ以上の追い込みは、さらに筋肉や関節を痛めてしまう。 やれるだけの事をやってきた人は、練習不足ではなく、使い過ぎによる機能低下でノビシロがなくなっているのです。 関節の角度が正しければ、筋肉に負担のかからないフォームに修正出来ます。 メンタルが弱い人は、人と比較するからです。今の自分と、これからの自分を比較して下さい。 答えは近くにあるのです。 …

君津市のスポーツ整体「骨格ケアセンター」

【新規限定】コロナワクチン3回接種済証提示(写メ可)で初検料¥2,000⇒無料!7/31迄 カラダの歪みは当院にお任せ下さい! 色々試して1ミリも変わらなかった方 その場で変化を与える最新技術があります! 骨格矯正は痛いと誤解しているあなたへ! アスリートやプロの施術家からも認められた 最新技術の骨格矯正法 従来のボキッとやる手技を使わずに 細部の歪みまで整えます! カラダを知り尽くした スポーツトレーナーが 独自開発した整体法で カラダの動きが変わります!! 歪みにピンポイントでアプローチ! 身体の痛み 身体の痛みで医療検査を受ける人の85%に異常が見つからないとされています。これらの痛みの大半は検査で写らない関節の僅かなズレや、患部から遠く離れた動きの悪い関節が原因という事が少なくないのです。全身には200個の関節があり1つ1つが連動して自由な動きを可能にしているため、1つでも動きの悪い関節があると、それを庇う正常な関節と周辺組織までダメージを受けてしまうのです。 詳細はこちら 姿勢 正しい姿勢を保つには適度な筋力が必要になりますが、そのおかげで運動パフォーマンスを発揮したり不調の軽減に繋がっています。一方で楽な姿勢は、姿勢保持に必要な筋力を低下させてしまうために、骨格バランスが崩れて体を歪ませてしまいます。骨格の歪みは偏った筋の発達や筋力低下によるアンバランスで生じるため、楽な姿勢だから負担が少なくて良いとはならないのです。   詳細はこちら スポーツ整体 スポーツでパフォーマンスを高めるには、他人より倍の練習量が必要ですが、むやみに練習量を増やしても怪我や故障の原因になるだけです。どんなに恵まれた才能があっても、正しい体の使い方を無視して動き続ければ、やがてはどこかに負担が蓄積していき、運動パフォーマンスを低下させてしまうだけなのです。 詳細はこちら よくあるご質問 健康保険は使えますか? 当院の施術は健康保険の対象外になります。 健康保険は業務以外での病気やケガ(※骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷などの原因が明らかなもの)に対して適応されるものなので医療施設等が対象になります。当院では保険が使えない代わりに、他では出来ない丁寧な施術を提供して満足して頂けるように努めていますのでご了承ください。 施術回数の目安 身体のクセは年齢や性別でも異なり、施術間隔や回数でも違いますが、最初の施術での改善度を1つの目安にしています。 新規の方の場合、1回の施術で改善しても、1週間後に‶戻り”の状態を確認させていただくと、歪みやすい箇所が把握できるので、今後の予防対策や次回ご予約時の施術がスムーズになります。 初回の施術で変化が出ない、あるいは翌日には戻ってしまう方は、間隔を空けずに5回続けて下さい。それでも変化がなければ、病気や怪我の他、精神的な原因かも知れませんので、医療機関での検査をお勧めいたします。 ピーク時の痛みを10として、施術後は7に緩和した場合は、あまり間隔を空けない方が良いので週2回ペースで続けて下さい。 施術後の痛みが5まで緩和したら、週1回ペースにします。痛みが2~3になると、2~3週間に1回ペースになります。 痛みが気にならなくなったら、生活習慣の見直しをすると共に、1~2ヶ月に1回は予防メンテナンスを心掛けましょう。 施術はどんな時に受けると良いですか? 施術を受ける方の目的にもよりますが、足腰の悩みなどは、悪化する前の段階が最適です。 特に、寒暖差の激しい時期などは、自律神経も乱れやすくなり、ぎっくり腰や寝違えなどの発症率が増えてきます。これらは、いきなり発症するわけではないので、軽い痛みや違和感、柔軟性の低下、張り、コリといった前兆を見逃さないことです。 仕事が忙しかったりすると、体のことは後回しにしてしまう人もいますが、悪化して仕事に支障が出たのでは本末転倒です。また、痛みを庇う姿勢をしていれば、何でもない所にまで、二次障害が広がってしまうのです。 骨格ケアセンターのメニュー…

スポーツ整体

最高のパフォーマンス発揮を目指す! スポーツでの反応速度や反射能力を高めるには反復運動が不可欠ですが、それらは偏った筋肉を発達させるために、関節可動域の左右差が生じやすくなります。 今もそうですが、筋肉のケアはマッサージでほぐすのが定説になっています。しかし、マッサージは筋力左右差の解消ではないため、筋バランスの調整には、低下した神経や筋の働きを促さなくてはいけないのです。 また、筋肉の拘縮と同時に関節が拘縮して動きが悪くなっていることもあります。関節の拘縮は、自然に戻らないため、関節摩擦の増大で、柔軟性、筋出力、キレなどを失うのです。 柔軟なカラダより柔軟な動きを身に付けよ! 一昔前までは、スポーツには柔軟なカラダの方が足も上がり、綺麗なフォームが作りやすく優れていると思われていました。しかし、新体操やバレイなどの特殊なスポーツを除くと、柔軟性よりも柔らかい動きが重要になります。 通常のスポーツでは、過度なストレッチなどで筋を伸ばし過ぎると、支える力が弱くなり、動作の初速が遅くなってしまいます。 スポーツ動作というのは、姿勢から姿勢への移動なので、素早く動き、早く止まることで、次の動きに備えられます。 それには、運動の要となる関節や筋腱が大きく影響します。ところが、関節は不用意な運動や僅かな捻挫でも機能障害が起きることがあるのです。 機能の低下した関節が1つでもあると、関節の連動が妨げられてしまうため『本来の力が出なくなる』『違う方向に力が抜けてしまう』といったことが起きてしまいます。また、そのまま運動を続けていると、関節にかかる負担が増えてしまうため、スポーツ障害も起きやすくなるのです。 怪我に強いカラダ作り スポーツ障害の原因はオーバーユースですが、アスリートが人の倍もの練習をするのは当然です。しかし、同じ練習をしているのに何でもない人がいるのも事実です。 両者の違いは、生まれ持った耐性の違いや、カラダの使い方の違いです。 生まれ備わったものは変えられなくても、カラダの使い方は変えることが出来ます。 それには、自分自身のカラダを知り、頭の中にある間違った認識を正さなくてはいけないのです。 故障の多い選手にありがちな間違いは、上手な人のフォームや練習方法をそのまま真似てしまう事です。 骨格の構造は同じなので、その人が正しい動きをしていれば良い結果に繋がるかも知れません。しかし、感覚で動けてしまう天才たちは、基本に忠実でない人が多くいます。 指導者の中には、自分より上手な人を直すことが出来なかったり、直して才能を潰してしまうことを恐れて、自由にさせている事があるのです。 今のプロスポーツ界は結果が全てなので、成績が良ければ正しいものとなります。そのため、それが関節などに負担がかかる動きであっても良しとなるのです。よい例が、スポーツ雑誌で特集を組まれる選手のフォームです。 影響力のある選手の動きをそのまま真似た場合、耐性の弱い人は運動器にダメージを受けるだけ不調だけなのです。 過去に来られた方の疾患名 足底腱膜炎、シンスプリント、ジャンパー膝、ランナー膝、オスグッド、前十字靭帯損傷、半月板損傷、梨状筋症候群、筋・筋膜性腰痛症、腰椎分離症、腰椎すべり症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、テニス肘、ゴルフ肘、野球肘、野球肩、胸郭手口症候群・・・他 ※上記疾患は本人が医療検査で確認したものになります。  スポーツ整体を受けるべきタイミング 柔軟性がなくなってきた時 身体が重く感じた時 動作が鈍くなった時 階段などで足を踏み外しやすくなった時 寝つきが悪くなった時 仰向けに寝れない時 寝起きに足が痛い時 痛みが出たり消えたりを繰り返す時 伸びをするとつる時 呼吸がしにくい時 スポーツで伸び悩んでいる時 スポーツの試合前後 キレがなくなってきた時 怪我後のリハビリ補助…

ページの先頭へ

Copyright © 2022 kokkakucare.com. All Rights Reserved.  WordPress Premium Plugin