「スポーツ整体」タグの記事一覧

ルーズショルダー

肩の痛み スポーツ障害

骨格ケアセンターの渡邊英司です。 ルーズショルダーとは、肩関節障害の一つで、肩関節不安定症ともいわれています。 肩関節は球状の関節で、広い可動域を持っている反面、支持性に乏しい関節です。 例えば、野球の投球動作を繰り返す事で、徐々に肩が緩んでしまうといった後天的なもので発症したり、生まれつき不安定という人もいます。 肩関節が不安定な状態だと、スポーツ活動をする人には支障が出ます。 ルーズショルダーが習慣化されると、脱臼を繰り返す事があります。これは、軟部組織の損傷で引っ張りに耐える力が減少してしまうためです。 治療方法は原因が、関節、靭帯、筋肉で異なりますが、手術以外の保存療法を選択するのであれば、肩の負担を取り除くためにも、関節調整を試して下さい。 …

運動能力の開発法

スポーツ障害 運動能力向上

骨格ケアセンターの渡邊英司です。 スポーツをする人であれば、運動能力を高めたいのは当然です。 私が思う、運動能力の高め方には二通りの方法があります。一つは、トレーニングでパワーや柔軟性を付けたり、スキルアップする事。 もう一つは、低下した機能を回復させて、本来の能力を引き出す事です。 このうち、手っ取り早いのは後者です。 限界まで鍛えた事のある人は、これ以上は無理とスランプに陥った経験があるはずです。その原因には肉体的なものと、精神的なものがあります。 これらは、互いに影響し合っているので、どちらか片方で済む事はありません。 まだまだ先のある若者の勢いと、ある程度の年齢に達して、後がない状態の人が対等に戦えば、いかにベテランであっても、精神的なプレッシャーに負けてしまいます。 これが、精神面に影響する一大原因の一つなのです。 怪我の功名という言葉がありますが、怪我をした選手の方が、余計なプレッシャーから解放されて、いい結果を出すなんてことは、よくある話です。 ですから、成熟した選手は、新たに、体を鍛えなおすよりも、低下した機能回復を考えた方が、確実に運動能力は高まります。 また、機能回復する事で、使われていなかった箇所が活性化するため、それから鍛えなおす事も可能なのです。 …

スポーツの壁

骨格や骨盤の歪み スポーツ障害 運動能力向上

骨格ケアセンター渡邊英司です。 真剣にスポーツをしている人であれば、誰もが一度は立ちはだかるのが壁です。私も子供の頃から空手を続けているので、壁には何度となくぶつかってきました。 その度に、どうしたら良いかがわからず悩み苦しみ、練習が足りないと言い聞かせて、自身を追い込んできました。 体が壊れても休まず、回復したらしたで、懲りずに同じ事を繰り返していました。ライバルに出来る事が、自分に出来ないはずはないと思っていたので、練習量は増える一方でした。 そして、その代償として、肘と膝を故障してしまいました。そのやり方が間違えと気づくのに10年もかかりましたが、今は、その経験をもとに、スポーツをする方の力になれると思っています。 ハッキリと言います。 根性では、壁は乗り越えられません。壊れたらお終いです。 スポーツの壁にぶつかった時は、考える時間を与えられたと思えばよいのです。 限界までトレーニングをしている人は、筋力左右差が強くなる。 筋力左右差の出過ぎは、筋肉に負担がかかっている。 それ以上の追い込みは、さらに筋肉や関節を痛めてしまう。 やれるだけの事をやってきた人は、練習不足ではなく、使い過ぎによる機能低下でノビシロがなくなっているのです。 関節の角度が正しければ、筋肉に負担のかからないフォームに修正出来ます。 メンタルが弱い人は、人と比較するからです。今の自分と、これからの自分を比較して下さい。 答えは近くにあるのです。 …

君津市の整体カイロ「骨格ケアセンター」

痛くない骨格矯正をお探しの方 『猫背など姿勢の悩みに』 『慢性的な腰痛・肩首のこりや違和感』 『スポーツの伸び悩みに』 『コンディショニング管理に』 骨格の歪みが原因の運動器の不調なら アスリートとプロの施術家が認めた 骨格専門の矯正メソッド その場で変化がわかると評判の 運動学を取入れた新カラダケア! ゆがみにピンポイントでアプローチ! 慢性痛 身体の痛みで医療検査を受ける85%の人には異常が見つからないとされています。これらの痛みの大半は検査で写らない僅かな関節のズレや、患部から遠く離れた動きの悪い関節が原因という事は少なくないのです。全身には200個の関節があり、一つ一つが連動して自由度のある動きが可能になります。どこかに1つでも動きの悪い関節があれば、その関節を庇う正常な関節に負担がかかってしまうのです。 詳細はこちら 姿勢矯正 正しい姿勢は、運動パフォーマンスを高め、不調の軽減に繋がります。背中を丸めた楽な姿勢は、姿勢維持に必要な、抗重力筋のバランスを崩し、骨格の歪みを誘発します。歪みの多くは筋力左右差から生じるため、日常生活で頻繁に使われる筋肉の発達が原因になります。そのため、同じ動作を繰り返す職業の方や、スポーツでの反復練習などが歪みの要因になっているのです。   詳細はこちら スポーツ整体 スポーツでパフォーマンスUPを目指すには、それ相応の練習量が必要です。しかし、過酷な練習を繰り返すだけだと、かえって偏った筋肉が発達するため、怪我や故障の他、運動パフォーマンスの低下に繋がります。専属トレーナーのいない選手や運動部には、疲労が蓄積して、関節や筋腱にダメージを受けても練習を続ける傾向があるため、多くの選手が途中でリタイヤしてしまうのです。 詳細はこちら 美容整体 骨格ケアセンターでは一般的な骨格矯正の他、美姿勢矯正も行っています。例えば、背中を丸めた猫背姿勢は肩が内巻きになり、老けて見えたり、バストが垂れる、ウエストが太くなる他、二重顎になりやすくなるなど、女性にとっては悩みの種となります。また、骨盤は歪まないと言われてますが、実際には数ミリの動きがあり、その僅かな歪みで脚長差が生じたり、歪んだ状態で固まれば、お尻が垂れたままになり、下半身に脂肪が蓄積しやすくなるのです。女性で内股立ちをする方は数多くいますが、股関節が内旋すると大転子が外に張りだすために、お尻が大きく見えてしまいます。これらの悩みに対して、一般的な美容整体は、部位別に分けて調整するところが大半ですが、その分、時間と費用がかかり、部分的な矯正では持続性と再現性もそこなわれるため、大半の人が途中で諦めてしまいます。骨格ケアセンターでは運動学を取入れた施術で連動する箇所全てを整えながら、気になる悩みにアプローチしていくので、体の動きをそこなわずに、その場で変化を体感して頂けます。(※美容整体コースでは全身ケアコースとバランスコースを併用しますので、まずはお気軽にご相談下さい) よくあるご質問 健康保険は使えますか? 当院では健康保険は使えませんが、健康保険の範囲内で出来ない、時間をかけた丁寧な施術を提供しています。今まで、保険の範囲内で出来る、電気や湿布だけだった人なら、尚更、その違いがわかるはずです。 何回位で改善しますか? 人の身体や、身体についたクセは千差万別です。また、性別や年齢にもよるので回数で決める事は出来ませんが、過去の症例だと、重度の方で毎日、週2回、2週に1回、月に1回といった頻度で改善していきます。また、1回で改善するケースもよくありますが、症状が消えたから根本改善したとは言えないので、誰でも出来る簡単なエクササイズを指導しています。※運動をしている人でも、40歳を過ぎると加齢による機能低下が始まるので、定期的なメンテナンスが必要になります。また、機能低下は加齢とともに進行するものなので、60代以上の方は変形予防を兼ねてケアの頻度を増やす事で将来の健康破綻を予防できます。 施術での痛みや術後の揉み返しはありますか? 骨をボキボキしたり、力いっぱい揉むとかではないので、怪我や炎症などがなければ痛みはありません。施術後の揉み返しはありませんが、水分不足や運動不足の方は、関節可動域の拡大で、ふだん使われていない箇所の筋の働きが活発になるため、一時的な怠さや筋肉痛が出ることがありますので、施術後はしっかりと水分補給をしていただくようにお願いしています。 施術を受けるタイミングを教えて下さい。 予防に勝る治療なしというように、施術が最適な時期は負担が蓄積する前段階です。例えば、季節の変わり目や、寒暖差が激しい時期は身体が硬くなったり、痛みが出やすくなります。そういう時期に増えるのが‟ぎっくり腰や寝違え”ですが、その大半が筋膜の損傷で全身疲労が原因になります。また、痛みを庇う姿勢をしていると、何でもない所まで悪くする、二次障害に繋がりますので早めのケアを心掛けて下さい。 ※根本改善させたい方、施術頻度の必要な方、定期ケアを続ける方は、お得な割引き回数券もございますのでご利用ください。 骨格ケアセンターのメニュー 整体 カイロプラクティック 料金 (税込) 詳細 初検料(新規の方は初検料がかかります)…

ページの先頭へ

Copyright © 2021 kokkakucare.com. All Rights Reserved.  WordPress Premium Plugin