「スポーツ障害」タグの記事一覧

身体の癖は姿勢でわかる

姿勢 骨格や骨盤の歪み

骨格ケアセンターの渡邊英司です。 背骨は真横から見た場合、正しい姿勢は肩甲骨あたりの湾曲が腰よりやや大きい、2対1のS字カーブです。それに対して、不良姿勢は以下の3つのタイプに分かれます。 ① 上下の湾曲が大きくなった姿勢 ② 背中の上部の湾曲が長く丸まっている姿勢 ③ 湾曲が直線的になっている姿勢 この①②③の姿勢には専門的な呼び方がありますが、文献で違うので、上記のように表現しました。この3つのタイプで、身体にかかる負担が異なります。 例えば、①の姿勢は、首と腰が反る姿勢なので、顎が上を向き、骨盤が前傾します。その影響は、顔面筋が緊張するため、顎関節症や頭痛が起きやすくなります。また、後屈動作で痛みの出る脊柱管狭窄の人は症状が強くなります。 こういった、身体の癖は日常姿勢で作られるので、自身のタイプがわかれば、日頃、気を付けなければいけない姿勢に注意を向けることが出来ます。また、スポーツでの運動能力を高めたい人は、どこをどう改善すべきかや、スポーツ障害を減らす事も可能になるのです。 …

一流のアスリートに学ぶ

スポーツ障害 パフォーマンスUP

骨格ケアセンターの渡邊英司です。 世の中には、人間離れした才能をもっている人がいます。 その多くは、人一倍努力も積み重ねてきた人達です。 一般の人達は、テレビに出てくる有名な人しか見る機会がないと思いますが、表に出ない隠れた逸材がいる事も事実です。 そういった、隠れた『本物』は、自身の向上にしか興味がなかったり、チャンスに恵まれなくて表舞台に立てないでいる人もいます。 また、せっかく夢がかなっても、体の故障でリタイヤする人もいます。 私も、仕事を通じて、多くのアスリートと接する機会があるので、考え方や体の使い方で意見を交わしていると、ある事が見えてきました。 ①優秀なアスリートは、相手のミスを願わないが、実力のないアスリートは相手のミスを願う。 実力がある人の考え方は、相手が上手ければ、それ以上に上手くやろうとします。実力が下だと、相手のミスを願います。言い方を換えると、自らの実力が下と認めているのです。 誰だって強い人より、弱い人と戦った方が勝率が上がりますが、それでは強くなれないのです。 ②優秀なアスリートは基本に忠実である。 優秀なアスリートの中には、独特な動きをする人がいますが、良く見ると基本に忠実な人が多い事に驚かされる事があります。これは、基本を理解しているから出来る事で、基本動作を自分なりに応用しているのです。  基本を知らない人の動きは、関節に負担のかかる動きをしているのです。 それぞれのスポーツに基本がありますが、基本とは体の使い方です。 基本を正しく理解していれば、自分の動きに応用する事が出来ます。 要は、エネルギー効率と体の負担を最小限にパフォーマンスを向上させれば良いのです。 途中でリタイヤしてしまう人の多くは、他人よりセンスが良くて、コーチや監督からフォームの修正をされてこなかった人達です。 これは、基本を疎かにしたスポーツ障害です。 こんなつまらない事で、人生が左右されてしまうのです。また、基本を知らずに、見た目だけを真似る人もいますが、本当に真似るべきは、見た目ではなく、その人の姿勢なのです。 …

スポーツ整体

パフォーマンス スポーツでの反応速度や反射能力を高めるには反復運動が不可欠で、適度な筋力左右差はパフォーマンスUPに繋がります。しかし、過度な筋力左右差は関節可動域左右差が強くなるため、筋収縮が妨げられてパフォーマンスが低下します。 個人的には筋力左右差は6(強)対4(弱)くらいが理想で、7対3以上の筋力差が生じてしまうと、練習での耐性が弱くなります。また、過度な筋力左右差は関節のズレや捻じれによる関節の拘縮が起こり、関節内に十分な栄養供給ができなくなります。そして、関節摩擦の増大による柔軟性や筋出力の低下が起こりキレを失うことになります。 3つのアスリート対策 ①未発達な神経筋を働かせる。 ②関節の遊びを回復させる。 ③筋力の比率を整える。 スポーツ動作は、姿勢から姿勢への移動です。 素早く動くには素早く止まることで、次の動作に備えられます。 慌てて動けばフォームが崩れて、備えが出来なくなるため、次の動作に遅れが出ます。これは関節の遊びが消失している人に多く見られる特徴の一つです。関節の遊びが減少すると、カラダが歪んでバランス保持が出来なくなり、関節摩擦が増えることで筋腱の機能が妨げられてしまい 『本来の力が出せなくなる』 『違う方向に力が抜けてしまう』 『キレ・柔軟性・筋出力の消失』 といったことが起こります。しかし、関節の遊びが回復すると、身体への負担が減少してパフォーマンスを高めることが出来るのです。 ゴルフを例にすると、関節可動域の広い人と狭い人ではスイングの大きさが違います。可動域の狭い人がフルスイングするのに対して、広い人は余裕を持ったスイングができる為、疲労での乱れが最小限に抑えられます。可動域にゆとりが出来ると、カラダにかかる負担が減少し安定的なプレーが楽しめるのです。         スポーツ障害予防 スポーツ障害の原因とされるのはオーバーユースです。アスリートが人一倍練習するのは当然ですが、同じ練習をしても何でもない人もいます。両者の違いは、生まれ持った耐性の違いやカラダの使い方などがあります。生まれ備わったものは変えられませんが、カラダの使い方は変えることが出来ます。それには、自身の動きのクセを知り、間違った認識を修正すればいいのです。 よく見かける間違いが、上手い人のフォームや練習方法を真似ることです。 もちろん、真似ることも大切ですが、何でも真似ればいいとはならないのです。例えば、才能のある選手を育成している指導者の中には、生まれ備わった素質を伸ばすために直さずに自由にやらせている人もいます。今のスポーツ界は結果が全てなので、直して崩れてしまうことを避けます。スポーツ雑誌も、結果を出している選手のフォームを分析したり、練習方法を特集で組んでいたりしますが、その選手だから出来る動きを、基本の出来ていない、耐性の弱い人が真似れば故障が起きないはずがないのです。 来院された方の疾患名 足底腱膜炎、肉離れ、シンスプリント、ジャンパー膝、ランナー膝、オスグッド、前十字靭帯損傷、半月板損傷、梨状筋症候群、筋・筋膜性腰痛症、腰椎圧迫骨折、腰椎分離症、腰椎すべり症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、テニス肘、ゴルフ肘、野球肘、肘部管症候群、野球肩(ルーズショルダー)、胸郭手口症候群、腱板損傷・・・他 ※当センターは医療機関ではないので診断は行ないません。上記疾患名は患者様が医療検査で確認したものになります。 施術を受けるタイミング 柔軟性がなくなってきた 身体が重く感じる 動作が鈍くなった つまずくようになった 寝つきが悪い 仰向けで寝れない 寝起きに踵が痛い時 痛みが出たり消えたりを繰り返す時 伸びをするとつる時 呼吸がしにくい スポーツで伸び悩んだ時 スポーツの試合前後 キレがなくなった時…

ページの先頭へ

Copyright © 2024 kokkakucare.com. All Rights Reserved.  WordPress Premium Plugin