「未分類」の記事一覧

治癒力を高めるイメージ力

自律神経の乱れ 未分類

人や動物には自然治癒力があります。 治癒力とは、人間が生まれながらに備わっている自己再生機能と自己防衛機能によって、怪我や病気が治る事です。 これは誰もが平等に備わっているものですが、個々の気持ちの持ち方次第で大きな差が出るのではと思っています。 怪我や病気に対して、ネガティブになるか、ポジティブに向き合えるかの違いで、治癒力にも変化が出ると思います。 例えば、夢を実現させるために行動する人と、何となく思っているだけの人がいるとすれば、行動する人のが夢がかなう確率は高くなります。 思っているだけで、夢がかなう事は殆どないに等しいでしょう。 怪我や病気も、良くなるために行動する人と、何もしない人では、どちらが悪化するかは考えるまでもありません。 痛みの事ばかり考えていれば、神経が過敏になり、些細な事まで痛く感じてしまいます。 自然治癒力があっても、悪化させる方向に向かえば、回復するものも回復しません。 手が動きにくいのであれば、具体的に動くイメージを持つ事です。 これは、スポーツが上達する秘訣と同じです。 なりたい自分をイメージしたり、手本となる動きをイメージ出来なければ、真似る事すら出来ません。 結果に繋がるまでには、人によって時間差がありますが、これはシーソーに例えるとわかりやすいかも知れません。 良い方向と悪い方向を50対50とした場合、1%でも重い方に傾きます。 51対49なら少しずつ傾き、99対1なら、勢いよく傾く。 体を回復させるイメージの場合、最初から99対1では無理が生じてしまいます。 また、モチベーションも続かないでしょうから、今日はこのくらいまでという具合に、徐々に変わっていく自分をイメージしていけば、確実に良い状態に導けるはずです!…

専門家向けDVD撮影終了!

整体セミナー 未分類

ブログの更新が滞っていましたが、やる気が失せたわけではありません。 実は、専門家向けのDVD撮影があり資料作りに追われていました。 撮影も取り敢えずは終了しましたので一段落しましたが、ちょっとゆっくりしたい気分です。 今回の撮影は、専門家向けの手技療法のDVDです! この業界は、コンビニより多いと言われていますから、これから先は、かなり淘汰されていく事が予想できます。 そんな時代の波に乗れる手技として貢献できれば嬉しいですね。 ただ、寝不足で頭が回らなかった上に、目の下のクマが気になってしまいましたので、出来栄えが気になる所です。 発売は年明け予定となります!…

ゴールデンウィーク営業のお知らせ!

未分類

ゴールデンウィーク期間中の営業時間 5月1日(月) 9:00~17:00 5月2日(火) 9:00~20:00 5月3日(水) 9:00~20:00 5月4日(木) 9:00~20:00 5月5日(金) 9:00~20:00 5月6日(土) 9:00~20:00 5月7日(日)10:00~18:00…

怪我が治っても消えない痛み

関節痛 未分類

骨折などの怪我をすると、暫くの間は安静にしなければいけなかったり、ギブスで固定しなければいけなくなります。 怪我そのものは時間で治りますが、怪我が治るまでの時間に、身体を動かせない状態が長く続くと、筋肉や関節に拘縮が起こります。 筋肉や関節は動かして使うものなので、これらが硬く拘縮すると、他の運動器に負担がかかるのです。 病院で行うリハビリは、こういった拘縮を防いだり、回復させるために行われますが、痛みでリハビリが遅れたりすると、筋や関節の拘縮が勝り、リハビリ効果が現れない事もあります。 本来であれば、怪我による腫れや炎症が収まった時点でリハビリを開始できれば良いのですが、多くの場合は、完全に治ってから始める事が多いようです。 この間に起こる、筋や関節の拘縮が、怪我が治っても消えない痛みに繋がるのです。 リハビリ開始時期は怪我の状態によるので、医師の判断に任せるしかありませんが、リハビリが遅れて痛みが消えない人は、一度関節の遊びを回復させる施術を試して下さい。きっと満足の行く結果が得られると思います。…

リハビリと筋トレ

未分類

病気や怪我などで、安静にしている時間が長く続くと、筋力低下や筋委縮が起こります。また、身体を動かさないでいると、脳の働きが低下して気力が失せたり、関節の拘縮も起こります。 あまり、気づかないかも知れませんが、寝たままの状態でいると、全身の関節が硬くなり、あっという間に関節可動域が狭くなってしまいます。 病気や怪我の治療には、急性期、回復期、維持期があり、リハビリは回復期に始めますが、その間にも、体の機能低下は進んでしまうので、リハビリ開始が遅れれば遅れるほど回復が困難になるわけです。 ちなみに、1週間で20%程の筋力が低下するのに対して、筋の回復は倍以上の時間がかかります。 これらの事から、リハビリは必要ない方でも、安静にした時間があったのであれば、筋力トレーニングをした方が良いのです。 例えば、腰痛予防に腹筋や背筋をしなさいと言われた方もいると思いますが、これも鍛える事で、筋肉をコルセット代わりにするためです。 これらは、病気や怪我以外でなくても、運動不足や加齢で機能低下が起きるという事です。 筋力トレーニングいうと、運動をしない人や高齢者には無理と思われそうですが、そういった人は軽い運動から始めると良いのです。 最初は面倒でも、動けない事より、動ける事の楽しさがわかる日が来ます。 最初の1か月は筋肉や神経の働きを促通させる期間なので、目に見える効果は感じないかも知れませんが、3か月を目安に細胞が太くなり、筋力が付いた事が感じられます。 行動の自由度を広げる為に、自分自身のために頑張れば良いのです。…

施術に要する時間の意味

未分類

施術の時間は効果に影響する重要なものです。 時間が長ければ良いものではないし、短いからダメとも限りません。 マッサージを例にした場合だと、運動前は短かめが良くて、運動後は40分程度が最適とされています。  これには意味があり、運動前にリラックスし過すぎると、体が怠くなってパフォーマンスが低下してしまうので短かめが良いのです。 逆に、運動後は疲れが残らないようにするわけです。  しかし、今では、そういった効果よりもサービス面が重視されていて、お客様の要望があれば、時間延長をする所が増えているのですが、一方では効率化をはかるために、時短をしている所も増えています。 例えば、歯医者さんなどは、時間が長いよりも短い方のが嬉しいと思いますが、これは痛いのが苦手な人や、時間のない人には有難いわけです。 これらの事から、施術時間の長短は、クライアントに合わせて作られてしまったのかも知れません。 私は、リラクゼーション整体ではないので、時間延長もしないし、時短もしません。 特に何分という決まった時間もないのですが、平均して40分程はかかります。  施術の流れだけなら15分かからずに終える事が出来ますが、実際には、検査と調整を同時に行ない、症状によっては、手順を変えなければいけないので、流れ作業のようにはいかないのです。 こういった事からも、リラクゼーション系と治療系では、同じ効能をうたっていても、考え方もやり方も、それに要する時間のかけ方も異なるのです。…

初めての整体で失敗しないために

未分類

始めての整体で失敗したくないと思っている人は多いはずです。 『どこに行けば良いのか』、『改善するのか』、『改善にかかる時間』などを考えると不安になる人もいると思います。 評判を聞いて行ったのにイメージと違っていたり、施術前後の比較検査をしない所も数多くあるので、何となくスッキリしたで終わってしまうかも知れません。  数多くある整体院の中から、自分にあった所を探すのは大変ですが、目的別に探せば、いくつかに絞る事は出来ます。  良くある失敗の一つは、リラクゼーション系と治療系の違いが分別できずに通っている事です。リラクゼーション系は、気持ち良く受けてもらう事が主な目的なので、治療目的の人には不向きだと思います。逆に、のんびりしたい人が治療系の整体に通うと、満足感に乏しいかも知れないわけです。   看板やホームページは、どこも同じような内容を掲げているので、素人が分別するのは難しいですが、ブログ記事などを読むと、やっている内容の違いがわかるかも知れません。 次に、冬から春先にかけては『ギックリ腰』や『寝違え』が増えてきますが、こういった急性痛は、『いつ』、『何をした時』、『処置の仕方』などで回復に要する時間が変わってきます。 これらの大半は筋膜の損傷なので、回復には1週間程かかりますが、損傷以外であれば、比較的はやく回復する事もあります。 一般的なイメージだと『ギックリ腰』は重いものを持ち上げた時になると思われがちですが、重いものを持つ時は構えるので、意外と大丈夫なものです。 逆に、ふいに立ち上がろうとした時や、顔を洗う前かがみ動作などで発症する事のが多く、日常動作ゆえに怪我だとは気づかないのです。 首周囲に起きる『寝違え』も同様です。 これらを発症した場合は、早めに、冷却、固定、安静を心掛けてから相談すると良いでしょう。 慢性痛の原因になり得るのは、怪我の後遺症や、筋力低下、不良姿勢などですが、それらは関節機能障害から起こる事が大半です。 関節機能障害は拘縮の起きている箇所よりも、離れた個所に症状が出る事が多くあるため、原因を見つけるには、全身の関節の動きを検査しなくてはいけません。 その為、術者にとっては短時間で施術を終える事が出来ない不便さはありますが、受ける側には、患部以外の不具合も改善できるメリットがあります。  慢性痛の原因となる関節機能障害を取り除いても、必要に応じて筋トレやストレッチが必要な人もいます。 その事から、根本改善にかかる時間は、筋力が回復するまでが一つの目安になります。…

施術の順序で効果が変わる!

未分類

整体院のホームページには、個々の体に合わせて調整しますという文面が書かれている所が多くありますが、あわせているのは、力加減だけだったり、痛みを訴えている箇所を念入りにやるだけだったりという話を聞きます。 もし、そうであるなら、そのやり方は間違えです。  力加減をするのは良しとしても、痛みが現れている箇所を念入りにやるのは、それがお客様の要望であっても控えるべきです。 なぜなら、痛みの箇所が怪我や炎症の場合は悪化させてしまうし、痛みの原因が患部以外という事があるからです。 本当の意味で、個々の体に合わせなければならないのは施術の手順の方です。  私の施術を受けた人なら知ってると思いますが、僅かな調整と手順を変えるだけで、身体の動きが変わります。 これは、特別な事をしているからではなく、姿勢や動作などから、動きの悪い箇所を見つけ出して、運動連鎖が出来るようにしているからです。 何事もそうですが、何かをする時は順序があります。 順序がデタラメで、良い仕上がりになるはずがありません。 人の身体ならなおさらです。 痛みや動作の改善で重要な事は、良い状態を脳にインプットさせる事なのです。 それを続けていく事で、脳と身体に記憶させるのです。  この方法は、スポーツにも共通します。 スポーツの基本は、反復練習で身体に記憶させる事です。 しかし、それだけでは上達スピードが上がりません。 練習の最後にミスなどの、悪い印象を残すと、それが脳に記憶されてしまうからです。 そういった記憶が肝心な時に頭に浮かぶようになるとミスをしやすくなるのです。 施術で良い状態を記憶させるのは、そういった悪い記憶を排除して心理的な不安を取り除くためです。  不安や悩みがなくなれば、筋緊張が起きにくくなり、知らないうちに改善していくのです。…

ページの先頭へ

Copyright © 2018 kokkakucare.com. All Rights Reserved.  WordPress Premium Plugin