「体幹運動」タグの記事一覧

身体軸と連動力

関節の痛み スポーツ障害 運動能力向上

君津市の整体、骨格ケアセンターの渡邊です。 身体軸を安定させるために体幹運動を取入れている人は少なくありません。 体幹を鍛えることで体軸は安定しますが、パフォーマンスを上げるには体幹の安定だけでなく手足に力を伝える連動力が必要です。 例えば、野球の投球の場合、体幹が安定していない人よりは安定している方がブレが少なく、遠くにも投げられます。 しかし、体幹から手足への連動がなければ、パワフルな手投げでしかなく、いずれは投球障害を発症します。 実はこれ、優秀な選手にもよくある事なのです。 特に柔軟性のある選手は一部位が機能していなくても、全体的な柔軟性でカバーしてしまうため関節可動域の限界域まで使い過ぎてしまいます。 それが、結果を出している選手であればあるほど、周囲の人たちを巻き込んで正しいことと錯覚させてしまいます。 体幹の一部位である骨盤には上半身と下半身を連動させる役目があります。そして、骨盤にある仙腸関節の僅かな動きと、一つ一つの背骨の動きが連動力になるのです。 こういった体軸の重要性はスポーツに限った事ではなく、日常生活でも大切なことです。 体軸が安定しない人は姿勢が崩れて不要な筋緊張を招くからです。 身体が重く感じたり、何もしていないのに関節の痛みが出た時は、体幹の動きが関係しているのかも知れません。 …

皮膚の張りで運動機能が低下する

肩こり・首こり

骨格ケアセンターの渡邊英司です。 当院では、主に筋肉や関節にアプローチする手技を行いますが、筋緊張の強い人には皮膚にもアプローチします。 人の身体は深層が骨でいちばん表層は皮膚です。緊張が高まり過ぎると表層の皮膚が張り詰めた状態になります。 皮膚の動きが悪くなると、きゅうくつな服を着たかのように筋肉や関節の動きが妨げられてしまうのです。 その場合、皮膚にたわみをつけないと、筋肉や関節の調整効果が得られないことがあるのです。皮膚の調整に特殊な器具は必要とせず全て指で行ないます。筋緊張が高い人は強くつねられているような痛みを感じますが、それは正常な人にはなく、むしろ気持ち良いくらいです。 皮膚調整の効果は一時的なので、背骨の調整前に併用することで相乗効果が高まります。緊張しやすく体幹の動きが悪い人は、張り詰めた皮膚が原因かも知れません。 …

ページの先頭へ

Copyright © 2018 kokkakucare.com. All Rights Reserved.  WordPress Premium Plugin