「うつ病」タグの記事一覧

誰でも出来る自律神経コントロール

自律神経の乱れ

骨格ケアセンターの渡邊英司です。 自律神経の乱れが原因となる不調が急増していますが、多くの人は、それに気づいていません。自律神経は体質が関係するものと、心因性のものとに分けられますが、 そのうち、三分の二は心因性とされています。 自律神経は気温の変化や、感情に反応し、身体には首や背中が硬くなる症状で現れます。その為、背骨中心の施術が多いのですが、今回は自身で行うセルフコントロールの方法をお伝えします。 人は、映画やドラマで涙を流したり、怖い事をイメージすると鳥肌が立ちます。これらは自律神経が反応したためです。考えるイメージがリアルであるほど、自律神経は敏感に反応します。 良い事を考えれば良い方向に傾き、悪い事を考えれば、悪い方向に傾きます。不調が頭から離れない人の多くが、悪い事ばかり考えてしまうために改善しないのです。 一日中、不調の事を考えていると良い事を考える事が出来なくなります。その場合は、なりたい事、やりたい事を紙に書いて下さい。それを毎日、目で見て、声に出して、潜在意識の働きかけるのです。 良いイメージを思い浮かべる事は難しいかも知れません。その時はシーソーと同じだと思えば良いのです。最初は49対51で構いません。例え、僅か1%でも良い方向に気持ちが向いていれば、ゆっくりとシーソーは傾くのです。 それでは良い結果をお祈りしています! …

自律神経失調症と身体の歪み

骨格や骨盤の歪み 自律神経の乱れ

骨格ケアセンターの渡邊英司です。 頭痛、肩こり、腰痛、胃腸の痛み、めまい、ふらつき、動悸、倦怠感、不眠、微熱、冷え、多汗、何もやる気が起きない・・・。 これらの症状があるのに、検査で異常が見つからないなら自律神経失調症かも知れません。 神経には体性神経と自律神経があります。 意識的に手足を動かす神経は『体性神経』で、意思とは無関係に働いてるのが『自律神経』です。  心臓が意思に関係なく動いたり、暑い時に汗をかいて体温調節するのは自律神経が生命維持活動をしているからです。 自律神経には『交感神経』と『副交感神経』があります。 日中の活動時は交感神経が働らき、寝て身体を休める時は副交感神経に切り替わって互いにバランスをとっていますが、この切り替えが上手く機能しなくなるのが自律神経失調症です。 自律神経失調症の原因は、主に精神的なストレスや疲労と言われていますが、肉体的な悩みや不安も精神的なストレスや疲労に繋がるのです。 例えば、不安や悩み事が長く続くと、交感神経が過剰に働いて、副交感神経との調整が出来なくなります。また、身体の歪みや痛みで筋緊張が起きる事も交感神経を興奮させる原因になります。  心と体は常に一体であり、どちらか一方が良くてもダメという事なのです。 …

ページの先頭へ

Copyright © 2018 kokkakucare.com. All Rights Reserved.  WordPress Premium Plugin