「足の痛み」の記事一覧

首の不調が下肢に与える影響

首痛 膝痛 足の痛み

骨格ケアセンターの渡邊英司です。 今回は、かなり重度の珍しい症例だったので記事にします。 その症状とは、膝の曲げ伸ばしが出来ず、痛みで正座もしゃがむ事も不可能というものです。 病院でMRIとレントゲンを撮った結果は、看側でないほうに変形性膝関節症が認められ、看側は異常なしとの事でした。 そのため、病院の診断は神経痛だそうです。 また、カウンセリングでは、過去に腰痛歴があり、レントゲン検査で腰椎3、4、5番の変形が確認されたそうです。 今回は、腰痛はないので、話を戻します。 私が不思議に思えたのは、私の目には看側の脚が変形して見えた事です。 普段から、思い込みで事に当たらないのが、私の信条ですが、今回は病院が看側の診断を間違えただけではと思いました。 そして、本当は両足とも膝関節症だろうと思ってしまいました。 ところが、施術をしていくうちに、首の異常な硬さがみつかり、それが腰仙関節に影響している事がわかりました。 首と腰は相関関係にあるので、首の不具合が腰に出る事があります。 それと同じように、膝が悪ければ、連動する股関節や、股関節と連動する仙腸関節の調整だけでも改善する事もあります。 ところが、ここまで首が悪いと下肢にも大きな影響が出るという、新たな発見になりました。 …

怪我した後の新常識

首痛 肩の痛み 肘・手首の痛み 背中の痛み 腰痛 股関節痛 膝痛 足の痛み スポーツ障害

骨格ケアセンターの渡邊英司です。 怪我をすれば、冷却、固定、安静、挙上。 これが、処置の基本でした。 ところが、ここ数年の間に、その常識が覆されました。 今は、発症直後の処置は同じですが、三日程で炎症がおさまっていれば、冷湿布から温湿布に変えるところもあります。 また、怪我が治るまでの安静は筋力低下をまねき、かえって悪化させてしまう事のが多い事もわかったようです。 怪我をしている箇所の動かし過ぎはよくありませんが、患部以外は固まらないようにする事が重要なのです。 怪我が治っても消えない痛み。 今からでも遅くはありません。 関節機能を回復させてみませんか。 …

足底腱膜炎(足底筋膜炎)

足の痛み 身体の歪み スポーツ障害

足底腱膜炎とは、足裏の筋膜に炎症が起きて痛みを発症する病気で、足底筋膜炎とも言います。 足には縦のアーチが二つと、横のアーチが一つあり、この形状を張るようにして支えているのが筋膜です。 この筋膜は丈夫には出来てますが、加齢による劣化やランニングなどによる過剰な使い過ぎが、発症の原因となる事があります。 また、この症状は、偏平足の人にも多くいます。 偏平足の人は、足関節が背屈ぎみに歪んでいるため、アーチが潰れて足底筋膜が伸ばされた状態になります。 その状態で、繰り返しの負荷がかかる事で、炎症や、僅かな断裂が起こります。 予防として、運動量を減らしたり、靴のクッション性を高めるのが一般的ですが、これでは十分とは言えません。 仮に、原因が足部のアーチとしても、地面の衝撃を吸収しているのは、足のアーチばかりではないからです。 骨盤や膝、股関節も衝撃吸収の役目にはかかせないものだし、脊椎も同様です。 個人的な印象としては、足底腱膜炎を発症している人の多くに、背中の張りがみられ、脊椎の硬さも目立ちます。 体幹の動きは四肢関節に影響するため、さらに負担を増やしていると考えられます。 これらの事から、部分的なところだけを改善しても、結果は限定的になってしまうのです。 …

足がつる

足の痛み

寝ている時に、ちょっと背伸びをしただけで足がつってしまう事はありませんか? 足がつる事を、こむら返りとも言います。 よくつる人の多くは、運動不足や、水分不足になっている事が考えられます。 運動不足になると、筋の収縮活動が減少するため、筋肉量が減って柔軟性が低下します。 そうなると、僅かな負荷がかかるだけで、筋肉疲労が起きやすくなるのです。 こむら返りの多くは、女性や高齢者に多いのも、そのためです。 また、水分が不足して脱水状態にある人も電解質の消失で、足がつりやすくなります。 水分は、一旦筋肉に蓄えられてから、各機関に運ばれますので、水分不足も、筋の働きを妨げる原因になるのです。 また、筋の収縮がなくなると、関節の動きも悪くなる、悪循環になってしまいます。 水分不足の対策には、お茶、コーヒー、お酒など、利尿作用のあるものを控えて、一日2リットルの水を飲むようにします。 そして、筋の働きを高めるために、ストレッチも行うべきです。 それでも、改善しない場合は十分な睡眠がとれていないか、隠れた病気の可能性も排除できませんので、まずは出来る事から始めてみましょう。 …

踵の痛み

実際の症例 足の痛み スポーツ障害

踵に痛みが現れる障害の1つに、シーバー病(踵骨骨端症)があります。 シーバー病は、スポーツをする10歳前後の男の子供に多い障害です。 主な症状には、踵の腫れや圧痛、体重をかけた時の踵の角の痛みがあります。 子どもの踵骨後方部には成長軟骨があり、その後方骨端部分は血行が少なくなっています。 踵骨端にはアキレス腱が付着しているので、運動などで繰り返してアキレス腱が引っぱられると、血流障害が起こして発症すると言われています。 つい最近の事ですが、当院に似たような症状で、2日にわたり、2名の小学生が来ました。 いずれも10歳前後の男の子でした。 ここは病院ではないので、診断は出来ませんが、施術を通して感じた事は、2人とも、アキレス腱が硬いという共通点があり、20度の傾斜のストレッチボードに立つと、二人ともまっすぐに立つ事が出来ませんでした。 アキレス腱が短縮した状態になると、踵骨と距骨間の遊びが消失してしまい、背屈制限が起こります。 また、アキレス腱が硬くなると、ハムストリングスも硬くなりやすく、前屈制限が起こります。 この場合、踵骨だけを見るのではなく、前屈制限がどこに起きているかが改善ポイントになります。 アキレス腱を柔軟性は、しゃがみ込み動作が、20度の背屈で可能とされていますので、それを目安にすると良いでしょう! …

捻挫

実際の症例 足の痛み スポーツ障害

ゴルフのプレイ中に軸足となる左足首を捻挫した症例です。 発症後は、ずっと湿布をしていたそうですが、数か月を経過しても、完全に痛みが消える事がなく、徐々に足首の可動性が制限されて、フォームが崩れてしまったとの事でした。 この方は、身体の柔軟性はありますが、全体に対して股関節の硬さが目立ちました。 股関節の動きが悪いと、ダイナミックなスイング動作をする時に、胸椎が過剰に動き、それに連動して、腰椎に無理な捻転動作が加わる事になります。 また、壁になる左足首にも過度なストレスが加わります。 この状態が続くと、二次的には、胸椎の動きが悪くなり、その動きを代償して足首が緩んでしまう事があります。 この方も、予想通りに、胸椎の機能障害と、足首が不安定になっていたので、捻挫をしやすい状態にあったのかも知れません。 改善のために、胸椎の機能障害を取り除いて、全体的な柔軟性を回復させましたが、ベッドから立ち上がると、足首に瞬間的な痛みが出たので、足首の支持性を高めるために運動療法を行いました。 その後は、フラフラする感じがなくなり、しっかり立つ事が出来ました。 …

こむらがえり

関節痛 足の痛み

背伸びをすると、ふくらはぎがつってしまう事はありませんか? 足がつる原因には、いくつかありますが、ありふれた原因として多いのが、発汗や下痢による脱水症状による水分や電解質不足です。  これに次いで、血行不良や筋疲労などで、筋肉が過緊張している人にも多くいます。 もう一つ、付け加えると、運動をする人はビタミン不足によるものも増えています。 人の体の60%は水で出来ているので、脱水が起きると、筋肉の働きが悪くなります。 筋肉の働きが悪くなると、血行不良になり、冷えや筋力低下が起こります。 これは筋肉だけの問題ではなく、関節が詰まる原因でもあります。 実際に、当院に関節痛で訪れる方の多くは、こむらがえりしやすい傾向にあります。 こういった、悪循環に陥る前に、水分や電解質を補給すれば良いのですが、症状が出るまでわからなかったり、あるいは、出てもわからない人のかも知れません。 既になってしまった事を前提にすると、こむらがえりが頻繁に起きる場合は、早めに筋緊張を取り除くべきです。 ケアに来れない時は、ストレッチを心掛けて、経口補水液などで水分と電解質を補給しましょう。 …

高齢者のアクセルとブレーキの踏み間違え

腰痛 足の痛み

高齢者のアクセルとブレーキを踏み間違え事故が多発して、社会問題になっています。 その原因として、一番疑われているのが痴呆症です。 この問題は、今後も増え続けると思いますが、これは痴呆症だけの問題ではないと思います。 例えば、アクセルとブレーキの踏み間違えは、痴呆症だけでなく、足の感覚障害も危険なのです。 椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、あるいは坐骨神経痛などに苦しんでいる人は大勢います。 こういった人達は、腰痛だけでなく、足の痛みやしびれ、麻痺などが起きている事が多いわけです。 これらの疾患は、痴呆症と違って、治療すれば良くなる疾患です。 中には、手術には早すぎるレベルだと、経過観察で、痛みやしびれを我慢しなければいけない人もいますが、少しでも改善緩和の力になれる事を願っています。 …

足指の痛みは〇〇が原因だった!

肩こり・首コリ 腰痛 足の痛み 身体の歪み

足指の痛みが〇〇が原因だったという症例です。 立ち仕事をしているAさんが、数か月前から左足の指が痛いといって来院しました。 足指以外の症状はあるかを聞くと、数か月前から、肩こりと腰痛もあるとの事。 施術をしてみると、脚長差は左足が2㎝長く、腰椎は左に寄り、頚椎や胸椎の引っかかり、左膝のアライメントもズレていました。 また、筋緊張が高くて、全身の力が抜けない状態でした。 仕事が忙しくて、ずっと痛みを我慢していたそうです。 治療に来れるのは、仕事の都合が合う日だけなので、次に来れる日まで、自宅で出来るエクササイズをやってもらう事にしました。 それから、3週間後くらいして、来院予約があり、経過を尋ねたら、施術をした後は暫く良かったけど、また痛みが出てきたとの事でした。 肩こりの方は、出たり消えたりだけど、以前のように毎日痛い事はなくなり、腰痛は動いてる時は気にならないけど、中腰姿勢をする時だけ、腰周りに不安があるとの事でした。 足指の痛みは、ジッとしてても痛みがあり、時々、ピクピク痙攣するようです。 痛みが出る指は、手でいう中指と薬指の裏側ですが『外反母趾』や『内反小趾』の人は、姿勢バランスが崩れる事があるので、もしかしたらと思い、裸足になってもらったら、やはり『内反小趾』で、足裏小指側に『分厚いタコ』が出来ていたのです。 うつ伏せになってもらい、足首の後ろを見ると、足首のしわが内反側に集中していました。 この事から推察して、タコのせいで、重心がズレた事が歪みの原因となり、様々な症状が出たのではないかと考えました。 さっそく、タコを削るようにアドバイスして、2週間程、経過観察する事にしました。 その結果ですが、足指の痛みは、殆ど気にならなくなり、肩こりと腰痛も緩和したそうです。 …

ケアの盲点になりやすい足関節

足の痛み

足には片足だけで26の関節があります。全身の関節が200に対して、足関節は両足で52もあるのです。 全ての関節には意味がありますが、足に多くの関節が集まっているのは、それだけ重要だからです。 人が行動するには地面の上を歩きます。 地面は平坦な所もあれば、石ころだらけの所もあります。 それらの凹凸に対して、自動車のサスペンションのような役割をしているのです。 もし、足が一枚の板だったら、普通に歩く事も、石ころの上に立つ事も難しくなります。それほど重要な箇所にも関わらず、意外と見落とされている気がします。 大半のスポーツは靴を履いたまま行いますが、靴のハイテク化とファッション性が向上してきたせいか、靴に頼る人もかなり増えたと思います。 良い靴だと、足腰の衝撃を緩和してくれたり、長く履いても疲れにくい機能や、足の動きをカバーしてくれるものがありますが、全ての靴が足に合うとは限りません。 また、裸足と違って、靴の中では動きが制限されたままなので、関節が硬くなり、筋力低下を起こす事もあります。 筋力低下はアーチがなくなる原因なのです。  足関節を調整しただけで、足の動きが良くなり、前後屈、側屈、回旋動作が柔軟になり、驚いた人もいると思います。 これは、関節可動域が広がり重心移動がしやすくなったためです。 関節は連動して動くので、足関節が硬ければ他にも影響が出るのです。 良い靴も大事ですが、本当に重要なのは本体です。 うまく併用する事で相乗効果を出していった方が良いのです。 …

ページの先頭へ

Copyright © 2018 kokkakucare.com. All Rights Reserved.  WordPress Premium Plugin