「自律神経の乱れ」の記事一覧

カラダのコップ

姿勢 身体の歪み 自律神経の乱れ

今日は偶然見た動画に感銘したと同時に考えさせられましたので紹介します。 参照元:イミシン Facebook 動画に流れる文章を読んだので全文は覚えていません。 ある精神科医がストレス管理の仕方をコップの水に例えたスピーチです。 彼女は水の入ったコップを手に持ち歩き始めました。 受講者の誰もが「もう半分しかない」「まだ半分ある」の質問を予想しました。 ところが、このコップはどのくらいの重さだと思いますか?と尋ねたのです。 さまざまな答えが飛び交いました。 重さは重要ではありません。 水の入ったコップをどれくらい持つかによって重さが変わってきます。 例えば、1分持っていても問題ありませんが、1時間持っていたなら腕が痛くなるでしょう。 1日持ち続けたら、腕が痺れて感覚も麻痺してきます。 コップの重さは変わりませんが、長く持てば持つほど、重く感じていくのです。 ストレスや心配事も、このコップの水に似ています。 抱えているのが少しの間であれば何も起こりません。 もう少し長い間抱えていると、そのことに痛みを感じてきます。 四六時中抱えていれば、やがて人は無力感に襲われ、何もやる気が起こらなくなります。 コップを下に置くのを忘れないでください。 身体が受けるストレスも全く同じです。 身体が歪んで姿勢が崩れてしまうと、過度な筋緊張が起こり、痛みや違和感に繋がります。 長期に負担が蓄積すれば、それが慢性になり、頭から離れなくなり、痛みに敏感になり心にも影響してしまいます。 身体のコップも下に置いて下さい。 …

5人に1人

関節痛 腰痛 自律神経の乱れ

慢性痛に悩む人の数は、全国に2700万人と言われています。 この数は、5人に1人と推定されていていますが、これは数年前のデーターなので、高齢化が進んでいる今では、それ以上の数だと思います。 そして、そのうちの7割の人が痛みを我慢しているのが現状です。 その背景には、時間的、経済的な問題も含まれますが、何よりも多いのは、長期間改善しないというあきらめの気持です。 また、一生に一度は経験するとされる腰痛を例にすると、その原因には器質的な疾患が15%ほどで、それ以外は関節機能の障害とストレスによるものがあります。 器質的な疾患が改善されても消えない疼痛が、関節機能の問題であるとした場合、関節機能の問題が改善されて消えない疼痛が精神的なストレス等と言えるのかも知れません。 特に家庭内や仕事の悩みを抱えている人は、常にストレスを受け続けるため筋肉の緊張が高まりやすくなります。 筋緊張が高まれば、血行障害が起きたり、力が抜けなくなるなど、目に見えない症状が起こります。 こういったストレスは施術で取り除く事はできませんが、緊張緩和になるだけでも悪化予防に役立つはずです。 …

治癒力を高めるイメージ力

自律神経の乱れ 未分類

人や動物には自然治癒力があります。 治癒力とは、人間が生まれながらに備わっている自己再生機能と自己防衛機能によって、怪我や病気が治る事です。 これは誰もが平等に備わっているものですが、個々の気持ちの持ち方次第で大きな差が出るのではと思っています。 怪我や病気に対して、ネガティブになるか、ポジティブに向き合えるかの違いで、治癒力にも変化が出ると思います。 例えば、夢を実現させるために行動する人と、何となく思っているだけの人がいるとすれば、行動する人のが夢がかなう確率は高くなります。 思っているだけで、夢がかなう事は殆どないに等しいでしょう。 怪我や病気も、良くなるために行動する人と、何もしない人では、どちらが悪化するかは考えるまでもありません。 痛みの事ばかり考えていれば、神経が過敏になり、些細な事まで痛く感じてしまいます。 自然治癒力があっても、悪化させる方向に向かえば、回復するものも回復しません。 手が動きにくいのであれば、具体的に動くイメージを持つ事です。 これは、スポーツが上達する秘訣と同じです。 なりたい自分をイメージしたり、手本となる動きをイメージ出来なければ、真似る事すら出来ません。 結果に繋がるまでには、人によって時間差がありますが、これはシーソーに例えるとわかりやすいかも知れません。 良い方向と悪い方向を50対50とした場合、1%でも重い方に傾きます。 51対49なら少しずつ傾き、99対1なら、勢いよく傾く。 体を回復させるイメージの場合、最初から99対1では無理が生じてしまいます。 また、モチベーションも続かないでしょうから、今日はこのくらいまでという具合に、徐々に変わっていく自分をイメージしていけば、確実に良い状態に導けるはずです! …

目の奥の痛み

頭痛 身体の歪み 自律神経の乱れ

慢性的に頭痛になる人で、目の奥の痛みに悩む人は少なくありません。 目の奥の痛みは、眼精疲労から、頭痛や肩こりに繋がるものもあれば、脳の血管が拡張して起こる、片頭痛や群発頭痛などで起きる事もあります。 それらの症状がある人の多くは、上部頚椎の遊びの消失している、肩が内巻きに入り込んでいる、脚長差が出ているなど、首に負担のかかる骨格の歪みがあります。 また、職種や人間関係などで神経を使う人だと、自律神経が乱れたり、常に緊張状態から抜け出せなくなっている人もいます。 目の奥の痛みは、上部頚椎の調整が有効と思われていますが、一部位だけを調整しても、そこに関連する箇所に不具合があれば効果は限定的です。 持続性を高めるには、上部頚椎だけでなく、関連する部位を含めて整えなければいけません。 また、不具合を作り出した原因は、日常生活にあるはずです。 日常での癖は本人も気づかないうちにやっている事が殆どです。 施術を通じて、本人ですら知らない、体の歪み方が見えてきます。 自身の癖がわかれば、不調は防げるのです。 …

体の痛みを理解しよう!

関節痛 自律神経の乱れ

痛みというのは、体が発する信号です。 日常生活でのありふれた痛みもあれば、命に係わる重大な病気を知らせる痛みもあります。 乾燥肌の人が痛みに敏感なように、痛みの感じ方は個人差があるので、どれくらいの痛みかは本人にしかわからないのです。 いずれにしても、痛みが長く続くと、精神面にも影響が出たり、痛みを庇う事で余計な力が入るために、体の負担も広がる事は間違いありません。 痛みの原因には、神経、骨、筋肉、関節、皮膚、内蔵、炎症、心因性のものまで、数多くあるので、どれに該当するかがわからなければ治療が出来ません。 色々な治療法を試す人もいますが、頭痛を例にした場合だと、頭痛には重大な病気が隠れている事もあるので、自己判断は禁物です。 病気や怪我は医療検査で見つかるものが多いですが、原因が見つからない場合は、病気や怪我以外の、ありふれた原因かもしれません。 検査で異常が見つからないからと安心して放置してしまう人がいますが、放置は二次障害に繋がります。 また、心因性の痛みは、原因が特定しにくいですが、体に現れた症状の緩和が、心の安定に繋がる事も理解しましょう。 …

慢性疲労になる前に!

姿勢 自律神経の乱れ

朝起きた時から疲れていたり、ちょっと動いただけで疲れてしまう事があります。 この状態が続くと、慢性的な疲労に繋がるので、注意が必要です。 疲れとは、ある機能を継続して発揮した結果、機能の低下が起きた事をいいます。 疲れには『精神的な疲れ』と『肉体的な疲れ』があります。 精神的な疲れとは『心配、不安、悩み』などの影響で『大脳が機能低下』を起こしてしまう中枢性疲労で、症状としては、やる気を失うなどの『意欲の減退』や『筋機能の低下』が起こります。 肉体的な疲労は、運動などで過度に動いた時に現れる『筋機能低下』で末梢性疲労ともいいます。これは、エネルギー供給が運動に追い付かなくなった時に起こる『一過性』のものなので、しっかりと休息をとれば回復します。 自身の疲労が、どちらに当たるかで対処法が違いますが、どちらの疲労も長く続くと筋機能低下が起こります。 疲れやすい人は、筋力低下を起こしている事が考えられ、体を支える抗重力筋が適度な緊張を保てなくなるために、姿勢が悪くなります。 姿勢が悪くなると、体には過剰な負荷が加わるので、それらが、互いに影響し合って、悪循環を作り出すのです。 見方を換えると『姿勢が悪いと慢性疲労に繋がる』ともいえるわけです。 また、疲れた時は、甘いものを食べたくなりますが、砂糖類には多くの糖質が含まれているので、食べ過ぎると一時的に高血糖状態になります。 高血糖になると、過剰にインスリンが分泌されて低血糖になり、疲労が増す事があるので、栄養面にも気を付けながら、姿勢を正す事に意識を向ける事が改善策になるのです! …

環境の変化で体の使い方も変わる!

関節痛 自律神経の乱れ

人には、それぞれの生活習慣や、職業、やっているスポーツなど、皆が違う事をしているので、負担のかかり方も個々の体で異なります。また、正しい体の使い方を知る人も少ないため、負担は徐々に蓄積していきます。 多くの人は、突発的な痛みが起きると、それが『負担の蓄積』だとは思いません。 『何もしていない』のに急に痛くなったと思ってしまうのです。 そのため、痛みが消えれば治ったと勘違いします。 痛みが消えたのは、一時的に落ち着いただけで、体の使い方を変えない限りは、再び負担が蓄積していくのです。 関節可動域調整法の基本概念は『痛みをなくす』以上に『痛みの原因を取り除く』事を重要視しています。 それには『検査が重要』で『問診、姿勢分析、動作検査、触診検査』をしながら調整をしていきます。 例えば、前屈、後屈、左右側屈、左右回旋動作で、どの方向に動いた時に、痛みや違和感が出るのか?それは『筋肉』なのか『関節』なのか、あるいは『筋肉と関節』の両方に問題が起きているのかを判断します。 自動的な動きと他動的な動きの中から、答えを見つけだし、症状に適した調整をするためにです。症状が軽いと、1回の調整で痛みが消える事がありますが、一次的な障害の代償動作で二次障害に繋がっているケースだと、複数回の調整とエクササイズが必要になります。  特に、寒い時期や、ハードに動く人は、再発しやすいので、少し良くなったくらいでは油断出来ません。  また、転勤、転職、出産、スポーツを始めた時、引越、精神的な悩みや不安などの『環境の変化』があると、知らない間に姿勢変化が起きたり、過度に筋緊張してしまう事があるので注意しなければいけないのです。 …

自律神経失調症とカラダの歪み

身体の歪み 自律神経の乱れ

頭痛、肩こり、腰痛、胃腸の痛み、めまい、ふらつき、動悸、倦怠感、不眠、微熱、冷え、多汗、何もやる気が起きない等の症状があるにも関わらず、検査で異常が見つからなければ、自律神経失調症と診断される事があります。 神経には体性神経と自律神経があって、意識的に手足を動かす神経は『体性神経』で、意思とは無関係に働いてるのが『自律神経』です。  心臓が意思に関係なく動いたり、暑い時に汗をかいて体温調節するのは自律神経が生命維持活動をしているからなのです。 自律神経には『交感神経』と『副交感神経』があります。日中の活動時は交感神経が働らき、寝て身体を休める時は副交感神経に切り替わって互いにバランスをとっているのですが、この切り替えが上手く機能しなくなるのが自律神経失調症です。 自律神経失調症の原因は、主に精神的なストレスや疲労と言われていますが、肉体的な悩みや不安も精神的なストレスや疲労に繋がります。 例えば、不安や悩み事が長く続くと、交感神経が過剰に働いて、副交感神経との調整が出来なくなります。 また、身体の歪みや痛みで筋緊張が起きる事も交感神経を興奮させる原因になります。  心と体は常に一体であり、どちらか一方が良くてもダメという事です。 …

ページの先頭へ

Copyright © 2018 kokkakucare.com. All Rights Reserved.  WordPress Premium Plugin