「脊柱管狭窄症」タグの記事一覧

ぎっくり腰は癖になる?

腰痛

ぎっくり腰は、一回やると癖になると言われています。 実際に、ぎっくり腰をやった事のある人の多くが、何度か経験しています。 ぎっくり腰は腰椎の老化が原因ともいわれますが、一番の原因は生活習慣です。 日常生活で、腰に負担のかかる姿勢をしているのです。 ぎっくり腰は急性腰痛ですが、それは慢性的な腰への負担が蓄積した結果、筋膜が耐え切れなくなって発症する損傷です。 発症から回復には1週間程かかりますが、それは損傷が治っただけです。 発症後は、痛みの解消が優先ですが、痛みがなくなったら、根本改善に向けてしなければいけない事があります。 それは、慢性的な腰の負担を減らす事です。 なぜなら、ぎっくり腰だけでなく、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、分離症といった疾患も腰の負担の蓄積で発症するからです。 負担を減少に有効なのは、腰以外の硬い関節に柔軟性をつける事です。 腰の過剰な動き過ぎを減らすには、動かない関節を動きやすくする事なのです。 そして、生活姿勢を見直して、体の使い方を変えていく事で再発防止に繋がるのです。 …

ぎっくり腰には痛みのピークがある!

腰痛

中世の西欧では、ぎっくり腰の事を魔女の一突きと呼んでいましたが、この腰痛の大半は筋肉を被っている膜の損傷です。 筋膜の損傷なので、腰以外にも起こります。 ぎっくり腰には、痛みのピークがあり、ピークに達する時間は年齢によって異なります。 若い人なら翌日あたりがピークですが、中年以上の人だと翌々日あたりにピークが訪れます。 ぎっくり腰の回復には一週間程かかるので、施術のタイミングは、ピークを過ぎたあたりが最適ですが、初めて発症した人や、症状が軽い人は、ピークが来る前に施術をするケースもありますが、後からピークが来る事には変わりません。 ピーク前の施術は最適ではありませんが、起こせなかった体が起こせるようになる、あるいは回復までの痛みの緩和には有効です。 しかし、一定周期で筋痙攣が起きている時は、施術が出来ないので、整形外科でブロック注射を打つ事をお勧めします。 また、適正なタイミングで施術を受ける際も、発症後は早急な応急処置が必要となり、それを怠ると、筋膜だけでなく、筋肉そのものを痛めてしまう事があります。 悪化した場合は、一週間での回復が1ヶ月程かかってしまう事もあるのです。 応急処置の方法は、発症後すぐに冷却、固定、安静、挙上を心掛けましょう。 発症後、軽いからと思っての運動や温めは絶対に避けて下さい。 特に、お風呂での長湯は、その時は楽ですが、火に油を注ぐように悪化の原因になるのです。 …

微力な外力の蓄積で起きる障害

身体の歪み

人には利き手、利き足があり、日常生活やスポーツ動作でも、それらを使い分ける事で、動きやすい状態が出来上がっていきます。 しかし、この使いわけは筋力左右差を生じさせるので、筋力は均等に保てなくなります。 例えば、太いゴムと細いゴムが引き合えば、細いゴムが負けて伸ばされてしまいます。 関節をまたぐ筋肉も同じで、強い筋肉に引かれて身体は歪みます。 身体が歪んだ状態は、どこかに負担がかかっている状態なので、それが僅かな負担であっても、同じ動作を繰り返す事で徐々に負担が蓄積していくため慢性障害になるのです。 負担の蓄積が原因で起きる障害には『腱鞘炎』や『足底筋膜炎』などがありますが『ぎっくり腰』『椎間板ヘルニア』『脊柱管狭窄症』『すべり症』『分離症』なども、いきなり発症するのではなく、負担の蓄積で起きるものが大半です。 これらを発症すると、痛みを解消する事を優先しますが、痛みが消えた後の生活習慣が同じだと、再び負担が蓄積していきます。 一か所にかかり続けている負担を解消するには、関節の引っかかりや歪みを整えて、関節運動連鎖を正常にすれば負担は全身に分散していきます。 その上で、正しい身体の使い方を学び、実践していく事が重要なのです。   …

坐骨神経痛の原因

腰痛

坐骨神経痛とは、病名ではなく『症状』の事です。  坐骨神経痛の主な症状は、腰から足先にかけての痛みやしびれです。 原因となりえる疾患には『椎間板ヘルニア』、『脊柱管狭窄症』、『梨状筋症候群』、『すべり症』、『分離症』などがあり、検査で原因の特定できないものも数多くあります。 坐骨神経は、体の中では最大の神経で、太いところでは、直径2㎝、長さは1メートル以上あるといわれてます。 この神経は、皮膚表面の近くを走行しているために、筋肉の圧迫を受けやすいといった特徴があります。 坐骨神経痛の発症原因となりえる疾患には、発症しやすい年齢があります。 『椎間板ヘルニア』『すべり症・分離症』などは、比較的若い人でも発症する事がありますが、『脊柱管狭窄症』は、主に加齢で発症する事が多いために、60代以上の人に起きやすい疾患です。 その為、坐骨神経痛の症状が現れた時の年齢や、痛みやしびれの出現具合で、おおよその原因を予想する事が出来ます。  例えば『椎間板ヘルニア』だと前屈をすると痛みが強くなり『脊柱管狭窄症』は後屈すると痛みが強くなります。 病院の検査で原因が特定されるのは1~2割程度といわれてますが、残りの8割も原因がないのではなく、特定が困難という事です。 検査で異常が認められないケースの大半は、関節の拘縮や強直、筋緊張などが複雑にいりまじっている事で起きている可能性が高いので、改善は十分に可能です。  また、仮に疾患が見つかった場合でも、急を要する場合でなければ、手術という事にはなりませんが、痛みやしびれが自然に消える事もありません。 その間の、症状の緩和と、体の負担を減らすためにも、関節調整を試してみて下さい。  …

ページの先頭へ

Copyright © 2018 kokkakucare.com. All Rights Reserved.  WordPress Premium Plugin