「頭痛」の記事一覧

予防は治療に勝る

頭痛 肩こり・首コリ 身体の歪み

予防は治療に勝るという、ことわざがあります。 病気になってから、治療をするのではなく、なる前の予防が大切と言う事です。 これは、傷口は浅いうちに手を打てば広がらずに済むという例えですが、実際には予防だけでなく、流れを変えていかなければいけないのです。 予防という意味では、骨格の歪みも例外ではありません。 定期的にケアしている人は、過度な歪みにならないため、軟骨の片減りを防ぎ、不良姿勢や慢性痛になりにくくなります。 また、近年は、気候変化が激しいため、普段通りの日常をおくっていても、コンデションの維持が難しくなっています。 昨日まで何でもなかったのに、目が覚めると首肩の凝りで一日中、頭痛が続いたという話もよく聞きます。 こういった症状は、気候だけの問題ではなく、普段から患部に負担のかかる動き方を繰り返ししてきた事が原因となります。 不調が起きるまでの過程には、負のループに繋がる、日常での体の使い方があります。 例えば、腰痛を例にした場合、整体で痛みが消えたとしても、今まで通りの身体の使い方をしていれば、いずれは再発してしまいます。 身体の使い方を変えずに、痛くなった時だけ直してもらえばいいと考える方も少なくないですが、再発を繰り返していると、ダメージが蓄積していくので、徐々に改善しにくい身体になってしまうのです。 以前は、同じ症状が一回で良くなったのに、今回はなかなか良くならない、そういった経験をしている人は、負のループを断ち切る事が重要なのです。…

痛みの違い

関節痛 頭痛 腰痛

痛みには数多くの種類があります。 切り傷などによる皮膚の痛み、運動で起こる筋肉痛、骨折などによる骨痛、関節痛、神経痛、内臓の痛み、それ以外にも、頭痛や歯痛など、これら全てが異なる痛みです。 皮膚の痛みは鋭い痛みですが、表面なので場所はわかりやすいです。 神経が傷ついたり、圧迫された時は鋭い痛みが走ります。 筋肉や内臓は、痛みの箇所がはっきりしない事もあります。 また、腰痛かと思っていたら、肝臓の病気という事があったり、歯痛かと思ったら、副鼻腔炎という事もあります。 こういった痛みの違いを、個人が見極める事は出来ないので、いつまでも続く場合は検査をする事です。 そして、検査で原因がわからない時は、素直に関節を疑ってみて下さい。…

夏の疲れを残さない

頭痛 肩こり・首コリ

暑い夏が終わったと思ったら、いきなり冬のような寒さになってしまいました。 夏の疲れがいまだに取れない人も多いと思います。 特に、仕事に追われて、ゆっくりする時間もなく頑張っている人は、肩や首に力が入り過ぎてしまいます。 肩首の緊張は、それだけで留まっているうちは、まだいいのですが、無理をすると、頭にも力が入るため、頭皮が硬くなります。 頭皮が硬くなると、首の動きが悪くなったり、頭痛や全身の筋緊張にも繋がります。 また、首肩頭の血行不良と寒さが重なると、重大な病気を発症する事もあります。 これらを解消するのに、もっとも効果的なのが運動リズムを回復です。 人の体は、部分的に動いているわけではないので、全身が協力して動く事で、負担が減るのです。 夏の疲れを残したままでいると、症状を悪化させるだけでなく、不調の連鎖へと繋がりますので、早めにケアをしていきましょう。…

仰向けで寝れない腰痛!

頭痛 腰痛 身体の歪み

仰向けで寝れない腰痛! それは腰の反り過ぎが原因かも知れません! 仰向けで寝ると、腰が痛くなる原因の一つとして、腸骨の伸展が妨げられている事が考えられます。 例えば、事務仕事などで長時間座りっぱなしの人は、股関節が屈曲したままなので、大腰筋(※骨盤前面から太腿をまたぐ筋肉)の筋拘縮が起きやすくなります。 大腰筋が筋拘縮すると、骨盤が前傾して、背骨の弯曲が大きくなるため、腰が過剰に反ってしまうのです。 これはハイヒールを履く人にも多くみられます。 ハイヒールを履いた時の姿勢は、つま先立ち姿勢なので、膝や股関節が屈曲した状態になりやすいからです。 腰が過剰に反ると、仰向けで寝た時に腰が浮いてしまうために、腰への負担が大きくなりす。 そして、反り腰の影響は、頚椎にも現れます。 寝起きに腰痛や頭痛がある時は、これらの原因を疑ってみる事も、早期改善への近道かも知れません。 気になる方は、早めにご相談して下さい。…

花粉症と関節痛

関節痛 頭痛

2月は、スギ花粉が飛び始める時期ですが、近年は、花粉の他に、黄砂やPM2.5などの化学物質も飛散しているので、一年中、鼻炎症状に悩む人が増えてきました。 これらのアレルギー症状では、頭痛、頭重、くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目の痒み、喉の痛み、微熱、倦怠感、関節痛など、風邪とよく似たものが多くあります。 風邪で関節痛が出る事は多くても、花粉で関節痛が出る人は少ないので、アレルギーと思わない人もいます。 アレルギー症状は、体内に異物が入るのを、守ろうとする、防御反応ですが、これが過剰に反応すると、全身に炎症が起きるために関節痛になると言われています。 しかし、関節痛が出る人は少ない事から考えると、花粉で関節痛が出る人は、普段から、関節痛になりやすい人に多いのではないかと思います。 例えば、体の歪みや水分の不足している人は、関節に負担がかかるので、アレルギー症状で熱が出たりすれば、関節痛が起きても不思議ではないからです。 もし、アレルギー症状が出るたびに、関節痛が現れるようなら、こまめに水分補給をしたり、全身の歪みを整えるのも、対策かも知れません。…

痛い時は冷やす?温める?

頭痛 肩こり・首コリ

痛い時に貼るのは、冷湿布か温湿布かで迷った事はありませんか? 病院によっては、冬は、冷たいから温湿布という所もあるようですが、どちらでも、大きな違いはないようです。 冷湿布にはメントール、温湿布にはトオガラシ成分が入っているので、冷たく感じたり、温かく感じるだけだそうです。 しかし、この感じるというのが問題で、人によっては、冷たいと思うだけで、冷えてしまう人や、温かいと思うだけで、温かくなる人がいます。 これをプラシーボ効果と言います!  何かの実験で、熱いと思わせたものに、手を触れると、本当に水ぶくれになってしまうというのがあったので、湿布も、状況で使い分けた方が無難だと思います。 使い分け方としては、怪我や炎症などの『急性痛には冷湿布』 怪我も治り、3か月以上経っているのに続く『慢性痛には温湿布』 また、コリやこわばりなどの筋の緊張を和らげたい時に、冷やすか、温めるかの判断は、冷やして筋の緊張が緩和されるなら神経の問題と考えられるので『冷やす』が正解。 逆に、冷やすと筋緊張が亢進して、筋が硬くなるようであれば、お風呂やホットパックなどで『温める』が正解となります。 緊張性頭痛などは温めた方が良いという事です。…

ストレートネックとスマホ首は違う?

頭痛 首痛 肩こり・首コリ

頚椎の生理的前弯がなくなって、まっすぐになった首をストレートネックと言います。 ストレートネックの主な原因は、長時間のうつむき姿勢によるものが多いために、一昔前まではパソコン作業をする人がなりやすいと言われていました。  しかし、近年ではパソコン以上にスマートフォンが普及してきたので、呼び名もストレートネックからスマホ首と呼ぶようになりましたが、実際には別ものと考えるべきかも知れません。 イメージするとわかりますが、パソコンをする姿勢と、スマホを見る姿勢を比較すると、頚椎の屈曲角度が大きいのはスマホを見る姿勢で、歪み方も、ストレートではなく、後弯している人が増えてきました。これはストレートネックが悪化した状態です。 スマホ首になりやすい年齢も、昨年は20代~30代と言われてましたが、ここ最近の傾向は、スマホの使い過ぎで不良姿勢になりやすいのは10代のが多い気がします。 この傾向が続けば、症状も、今までのストレートネック以上に増える事が考えられます。 起こりえる症状には、首痛、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、手のしびれ、顎関節症、頚椎症など。他にも、首の過緊張などで寝違えやすくなる、不眠、なかなか寝付けない、柔軟性の低下なども考えられます。 首の症状が酷くなると、精神的にも辛く、鬱などに繋がる事もあります。 改善には、関節の遊びの回復とタオルを使った、自宅でも出来るエクササイズがあります。…

冬だから気を付けたい隠れ脱水!

頭痛

脱水症になるのは夏だけと思われている方がいますが、冬から春先にかけての隠れ脱水症にも注意が必要です。  冬は、夏みたいに汗をかかないので、積極的に水分を摂らなくなる傾向があります。  また、夜中のトイレが近くなるという理由で摂取量を減らす人もいますが、人の体は、体重の2%の水分が不足すると脱水症になります。 体内から水分が不足すると、筋の収縮が悪くなるため、ギックリ腰や寝違えを発症するリスクが高まる他、頭痛や肩こりなども酷くなる事があります。  また、進行して血液がドロドロになると、心筋梗塞や脳梗塞などの危険性も増える事になるのです。 空気の乾燥する季節は、体内も脱水しやすいのです。 水分の取り過ぎは悪影響良ですが、必要十分なだけの水分補給は忘れないようにしましょう。 …

顎鳴り、顎の痛みは顎関節症?

頭痛 肩こり・首コリ

顎の痛みの原因として考えられるものは、顎関節症、口腔疾患などがあります。 顎に痛みが現れると、口の開閉が困難になるため、食事や会話の自由度が妨げられる他、全身に影響する事もあります。 顎の痛みの原因でもっとも多いのは顎関節症と思われます。 顎関節症には、いくつかのタイプがありますが、その中でも、一番多いのが、関節円板障害です。関節円板障害とは、頭蓋と下顎の結合部にある、関節円板のズレや変形の事です。 次いで多いのが、筋緊張によるものです。 これらの原因には、精神的ストレス、歯を食いしばる癖、歯ぎしり、利き顎による筋力左右差などがあり、症状としては、顎の痛み、異音、開口障害、首や肩のこり、頭痛などが起こります。 例えば、人には、利き手だけでなく、利き顎があります。 食物を噛む時も噛みやすい側があるはずです。 よく使う側の筋力は、当然強くなるので、筋力左右差が生じてズレや摩耗による変形が起きても不思議ではないのです。 一時的なズレなら、戻せば良いですが、変形したものは矯正では改善できません。 また、原因が捻挫や筋炎などの場合も、患部を動かすと悪化する事があります。 症状の緩和には保存療法が一般的ですが、まずは、顎、首、肩に起きている筋緊張を取り除く事です。 緊張緩和で痛みや、開口は楽になりますが、緊張の本当の原因がどこかはわからないので、全身調整が必要なのです。  この時の注意点として、人によっては触れる箇所に筋緊張が起きるタイプの人がいるので、そういった人には、緩めたい部位に関連する箇所を遠隔から調整しなければいけない事もあります。 …

ページの先頭へ

Copyright © 2017 kokkakucare.com. All Rights Reserved.  WordPress Premium Plugin