「身体の歪み」の記事一覧

症例別改善緩和の方法

実際の症例 身体の歪み 運動能力向上 整体セミナー

当センターでは、全身の運動リズムを回復させる事が目的の施術を行っています。 運動リズムというと、肩甲上腕リズムや、骨盤大腿リズムといった名前を聞いた事があると思います。 人の体は、単体で動く事はなく、どこかを動かすには、関連した箇所が連動して動きます。 言い方を換えると、連動が続かなくなるために、動作がぎこちなくなります。 例えば、1~5までが連動するとします。その途中の3が動かなければ、3の動きを代償する箇所に過剰な負担がかかります。 3は動かないので、症状として現れない事が多く、過剰な負担がかかった個所に症状が現れる事が多いわけです。 腰痛で検査をしたけど、異常が見つからないとか、曖昧な診断になるケースは、こういった関節機能障害が考えられるのです。 では、検査が無駄かというとそうではありません。 検査で異常がなければ、精神的にも楽になり、原因が関節機能障害にたどりつくからです。 ここで注意してほしいのは、異常がなければ放置してよいという事ではありません。 関節機能障害を放置していると、負担が蓄積し経箇所は、本当の疾患になってしまう事があるからです。 また、関節機能障害が起きている箇所には症状が現れにくいと言っても、ダメージがないわけではありません。 関節には軟骨がありますが、そこには血管がないために、栄養補給は、滑膜から分泌される渇液が補っています。 関節機能障害が起きると、動きが悪いだけでなく、関節間が狭くなり、関節液(渇液)が充分に浸透しなくなります。 そうすると、関節は栄養不足になってしまうわけです。 逆に、どうやったら栄養不足を解消できるかというと、関節間に遊びを付けて、十分に渇液が浸透しやすい状態に導いてあげる事です。 当センターの施術の目的は、運動リズムの回復ですが、そのためには、関節に遊びを回復させる事が重要です。 関節の遊びを回復させるだけで、筋腱の弾力も改善され、関節の片減りを予防したり、歪んで戻らない骨格が正常な位置におさまります。 また、全身の運動リズムが回復していくので、運動能力向上を目指すアスリートにも有効な方法なのです。 まとめ ①関節の栄養促進効果 ②骨格の歪みの改善 ③痛みや違和感の解消効果 ④柔軟性や筋力回復…

スポーツ障害

姿勢 身体の歪み スポーツ障害

スポーツ活動中に起きた骨折、打撲、筋腱や靭帯の断裂などの怪我はスポーツ外傷といい、練習時の繰り返し動作などで起きる不具合をスポーツ障害といいます。 これらは、区別して考えなければいけないのですが、検査で判別しにくいものもあります。 また、スポーツをしない人でも、職業や生活習慣によっては、スポーツ障害と同じ症状が現れる事もあります。 一般的な認識では、スポーツは健康に良いと思われがちですが、本格的にスポーツをする人は、過酷な運動をするので、体には負担がかかります。 スポーツの多くが、一方に偏った運動を強いられるため、筋力左右差が生じやすくなり、体が歪んで筋の収縮が妨げられます。 体の歪みや関節のズレは、筋や関節の拘縮の原因となり、衝撃吸収能力を低下させる他、関節摩擦の増強は動きにも影響するのです。 この事から、特定の部位に痛みが現れていなくても、体が歪む事自体が、スポーツ障害の原因になるのです。 しかし、これらは外傷と違って、矯正的なエクササイズや手動筋と拮抗筋のバランスを考えたトレーニングを心がけ、一定箇所に負担が集中しないようにする事で回避出来るのです。…

運動器検診とは

関節痛 身体の歪み スポーツ障害

運動器とは、体を動かす事に関係する、筋肉、腱、骨、関節、靭帯、神経などの器官の名称です。 平成28年度から、文部科学省の省令改正で、内科検診、側弯症検診の他に運動器検診が加わりました。 現代の子供達は、しゃがめない、片脚立ちが5秒以上出来ない、骨折、スポーツ障害などが増えています。 こういった異変に、子供や親が気づかない事が多いのです。 運動器の障害は、構造的なものと機能的なものに分けられます。 レントゲン検査などで、骨折や変形などの構造的異常が見つかれば、医師の治療が必要ですが、異常が見つからないのに、腕が上がらない、痛みがある場合は機能的な問題になります。 こういった機能障害は、自然回復は、あまり期待できないので、二次障害に繋がる前に対処するべきです。  …

背骨は常に危険にさらされている!

姿勢 身体の歪み

背骨には、あらゆる方向からの外力が加わるため、常に歪みやズレの危険にさらされています。  歪みやズレは、軟骨の摩耗や変形に繋がる事もあるのです! 背骨の安定には、それを支える筋肉が必要で、筋肉がなければ、背骨を動かす事は出来ません。 人の体は重力に対して適度な筋肉の緊張で姿勢を維持しているのですが、姿勢が崩れると、その緊張状態が乱れてしまいます。 それによって、過度に緊張する箇所と緊張しなくなる箇所が現れます。 不調で悩む人の多くが、背中を丸めがちですが、その状態を続けていると、大胸筋群が硬くなって、胸郭が広がらなくなります。 また、背中を丸めていると、背骨の動きが悪くなり、神経の伝達が妨げられてしまいます。 その結果が、様々な症状となって現れるのです。…

痛みの我慢が二次障害を招く!

関節痛 身体の歪み

痛みの感じ方には個人差があります。 凄く痛いはずなのに、我慢できる人もいれば、僅かな痛みに敏感に反応する人もいます。 痛みの程度は本人しかわかりません。 我慢できる人と、我慢できない人では、体に負担が少ないのは後者かも知れません。 なぜなら、そのうち治ると思って放置する人の多くが、症状を悪化させてしまうケースが後を絶たないからです。 悪化の原因は代償動作です! 例えば、右利きの人の軸足は左足ですが、左足を怪我した場合、左を庇って右足が軸になると、重心が反対になるだけでなく、不自然な姿勢でバランスをとるため、体の緊張状態が大きく変化します。 普段、使わない箇所に過剰な緊張が起こり、筋の拘縮や関節の拘縮が起きやすくなります。 また、不自然な姿勢で体も歪みます。 こういった、二次障害は連鎖して広がるので、痛い箇所だけを整えても改善しません。 改善には、全身のバランスを整えるしかないのです。 その治療期間中は痛みが移動する事があります。 これは、連鎖した症状が、徐々に最初の状態に戻るからなのです。 こうして、改善、移動、改善と繰り返して大元に辿り着くのです。…

首の歪みは脳の老化を早める!

肩こり・首コリ 姿勢 身体の歪み

体の中で、一番重たい頭を支えているのが首です。 首に負担をかけないためには、頭部と顎を頚椎より前に突き出さないようにする事ですが、パソコンやスマホ操作などをしていると、知らず知らずに顎を突き出したり、うつむき姿勢になってしまいます。 こういった不良姿勢が続くと、頚椎が歪んで、首や肩のこり、痛みなどの不快な症状が現れます。 また、首が動きにくくなると、筋肉がこり、血液循環が悪くなる為、神経や脳脊髄液の流れも悪くなります。 症状として自覚できるのは、痛みやこりだけかも知れませんが、実際には脳の機能低下が起きているので、脳が萎縮してしまいます。 脳の萎縮は老化を早める為、物忘れが増えたり、物覚えが悪くなります。 言い方を換えると、頚椎の歪みを整えれば、首や肩のこりが解消して、脳脊髄液の流れが良くなり、本来の状態に機能回復するという事なのです。…

真の根本改善とは?

姿勢 身体の歪み

痛みが消えれば根本改善したと勘違いする人がいますが、それはリセットと理解すべきです。 根本改善とは、痛みを無くす事ではなく、痛みの起きた原因を無くす事です。 慢性痛の原因は、大半が負担の蓄積です。 負担の原因は、他に動きにくい箇所があるからです。 例えば、荷物運びを一人にやらせて、誰も手伝わなければ、一人だけ疲れてしまいます。 みんなで協力すれば、一人だけが疲れる事はありません。 これは、関節も同じです。 動きの悪い関節があれば、他の関節に負担がかかり、関節だけでなく、その周囲の筋腱も疲れてしまいます。 負担を解消するには、動かない関節を動くようにしてあげればいいのです。 痛みの解消だけならこれで良いですが、再発を防ぐには、もう一つやる事があります。 それは、間違えてインプットされた体の使い方を修正する事です。 もし、何年も続いていた慢性痛であれば、何年も間違った体の使い方をしてきた事になります。 そういった、体の癖を修正するのは、決して簡単ではないし、最初はやりにくさも感じると思いますが、悪い癖を付けた時のように、正しい癖を付ける工夫をすれば良いのです。 そして、自分自身が少しずつ変化していく姿を見る事で楽しさに変わるでしょう。…

仰向けで寝れない腰痛!

頭痛 腰痛 身体の歪み

仰向けで寝れない腰痛! それは腰の反り過ぎが原因かも知れません! 仰向けで寝ると、腰が痛くなる原因の一つとして、腸骨の伸展が妨げられている事が考えられます。 例えば、事務仕事などで長時間座りっぱなしの人は、股関節が屈曲したままなので、大腰筋(※骨盤前面から太腿をまたぐ筋肉)の筋拘縮が起きやすくなります。 大腰筋が筋拘縮すると、骨盤が前傾して、背骨の弯曲が大きくなるため、腰が過剰に反ってしまうのです。 これはハイヒールを履く人にも多くみられます。 ハイヒールを履いた時の姿勢は、つま先立ち姿勢なので、膝や股関節が屈曲した状態になりやすいからです。 腰が過剰に反ると、仰向けで寝た時に腰が浮いてしまうために、腰への負担が大きくなりす。 そして、反り腰の影響は、頚椎にも現れます。 寝起きに腰痛や頭痛がある時は、これらの原因を疑ってみる事も、早期改善への近道かも知れません。 気になる方は、早めにご相談して下さい。…

警告!関節痛が激増する時代到来!!

関節痛 身体の歪み

総務省の統計でみた高齢者(65歳以上)の割合は3461万人で、総人口の27.3%と過去最高になるとともに年金支給年齢の方も引き上げが検討されています。 これが意味するのは、定年後も働かなければいけない人が増えるという事です。 定年後はゆっくりしたいと考えていた人の中には、体の痛みは職業病だから仕方がないと我慢して来た人もいるはずです。 そして、定年までの我慢と思っていたかも知れません。 その予定が遠のいて、あと何年かは働かなければいけなくなると、今まで無理して擦り減らした関節が、いつまで持つかが心配です。 関節の不具合を放置していると、二次障害に繋がり、痛みは連鎖的に広がります。 変形したものは直りません! 骨格の歪みを正して、関節の弾力を保ってさえいれば、関節の負担は最小限になるため、片減りや老化は遅らせるのです。 頚椎の老化は二十歳くらいで始まります! スポーツをする方は、筋力左右差で歪みが強くなります! 若いから大丈夫という事にはならないのです。 仕事の効率を高めるためにも・・・ スポーツを楽しむためにも・・・ 老後を楽に過ごすためにも・・・ これからは関節のケアが必要な時代なのです!…

ダイエットを始める前に【基礎代謝UP!】

身体の歪み 痩身

食べる量を減らしても体重が落ちない。 ちょっと食べただけで体重が増えてしまう。 これらは、基礎代謝の低下が原因かもしれません。 基礎代謝とは、生命維持に必要なエネルギー消費の事ですが、あまり体を動かさない人や、加齢などで筋肉や内蔵機能が衰えてしまうと、少しずつ基礎代謝が低下していきます。 一昔前は、筋肉を付ければ、基礎代謝が40%程上がると言われてましたが、FAO/WHO/UNU合同特別専門委員会報告1989年では以下のように記載されています。 肝臓27% 脳19% 筋肉18% 腎臓10% 心臓7% その他19% このデータを見る限り、筋肉を増やせば、基礎代謝が上がる事は嘘でないとしても、数字の半分にも満たない他、基礎代謝に一番影響しているのは肝臓になっています。 肝機能の低下は、ストレス、睡眠不足、飲酒、タバコ、薬の過剰服用、便秘、食事の偏り、過度なダイエットなどがあるので、これらに気を付けながら、筋肉量を増やす事が大切です。 また、脳と筋肉の影響力はほぼ同じですが、無理なダイエットで精神的ストレスを溜め込むのは逆効果になります。 これらを総合的にみていくと、骨格の歪みは脳や内蔵に影響するだけでなく、筋肉の働きにも大きく関わっています。 胸椎2番が心臓、胸椎5番は肝臓、胸椎10、11番は腎臓で、関節をまたぐ、筋肉は、関節の動きが妨げられたままだと、自由に動かないため、運動効果が出にくくなります。 この事から、ダイエットには骨格の歪みを正して、無理な食事制限はしないで、適度な運動を続けていけば、確実に痩せる事が出来るのです。…

ページの先頭へ

Copyright © 2017 kokkakucare.com. All Rights Reserved.  WordPress Premium Plugin