「肩こり・首コリ」の記事一覧

予防は治療に勝る

頭痛 肩こり・首コリ 身体の歪み

予防は治療に勝るという、ことわざがあります。 病気になってから、治療をするのではなく、なる前の予防が大切と言う事です。 これは、傷口は浅いうちに手を打てば広がらずに済むという例えですが、実際には予防だけでなく、流れを変えていかなければいけないのです。 予防という意味では、骨格の歪みも例外ではありません。 定期的にケアしている人は、過度な歪みにならないため、軟骨の片減りを防ぎ、不良姿勢や慢性痛になりにくくなります。 また、近年は、気候変化が激しいため、普段通りの日常をおくっていても、コンデションの維持が難しくなっています。 昨日まで何でもなかったのに、目が覚めると首肩の凝りで一日中、頭痛が続いたという話もよく聞きます。 こういった症状は、気候だけの問題ではなく、普段から患部に負担のかかる動き方を繰り返ししてきた事が原因となります。 不調が起きるまでの過程には、負のループに繋がる、日常での体の使い方があります。 例えば、腰痛を例にした場合、整体で痛みが消えたとしても、今まで通りの身体の使い方をしていれば、いずれは再発してしまいます。 身体の使い方を変えずに、痛くなった時だけ直してもらえばいいと考える方も少なくないですが、再発を繰り返していると、ダメージが蓄積していくので、徐々に改善しにくい身体になってしまうのです。 以前は、同じ症状が一回で良くなったのに、今回はなかなか良くならない、そういった経験をしている人は、負のループを断ち切る事が重要なのです。…

関節可動域の広げ過ぎは要注意!

肩こり・首コリ 腰痛 股関節痛

身体は硬いよりも柔らかい方が良い! 身体が柔軟だと、腰痛や肩こりもなく健康にも良い。また、スポーツでも有利な事のが多いはず。 多くの方が、そう思っているかも知れません。 身体が柔軟な人イコール、関節可動域が広いという事になりますが、関節可動域は広ければ良いという事ではありません。 関節の最大可動域を超えてしまうと、靭帯や周辺組織が無理矢理のばされた状態になり、損傷の危険性があるからです。 通常であれば、最大可動域を超える前に、筋肉が収縮する機能が働きますが、人の体は千差万別です。 生まれつき、関節が緩い人は、筋肉の収縮力も弱く、支えが弱いために、ダイナミックな動作をした時に最大可動域を超えてしまう事があるのです。 また、誰もがやった事のあるストレッチでも、同様の危険性があります。 例えば、開脚でのストレッチにしても、多くの人が股関節を重点的に伸ばそうとしている事がわかります。 股関節痛の原因の一つに無理なストレッチによる、関節唇や靭帯の損傷というケースも少なくありません。 これらを防ぐという意味でも、身体を全体的に少しづつ伸ばす事が大切であり、可動性も広がるのです。…

夏の疲れを残さない

頭痛 肩こり・首コリ

暑い夏が終わったと思ったら、いきなり冬のような寒さになってしまいました。 夏の疲れがいまだに取れない人も多いと思います。 特に、仕事に追われて、ゆっくりする時間もなく頑張っている人は、肩や首に力が入り過ぎてしまいます。 肩首の緊張は、それだけで留まっているうちは、まだいいのですが、無理をすると、頭にも力が入るため、頭皮が硬くなります。 頭皮が硬くなると、首の動きが悪くなったり、頭痛や全身の筋緊張にも繋がります。 また、首肩頭の血行不良と寒さが重なると、重大な病気を発症する事もあります。 これらを解消するのに、もっとも効果的なのが運動リズムを回復です。 人の体は、部分的に動いているわけではないので、全身が協力して動く事で、負担が減るのです。 夏の疲れを残したままでいると、症状を悪化させるだけでなく、不調の連鎖へと繋がりますので、早めにケアをしていきましょう。…

寝違え

実際の症例 首痛 肩こり・首コリ

朝起きた時は違和感があっただけなのに、時間の経過とともに、首の痛みが強くなった症例です。 こういったケースは寝違えが殆どですが、寝違えは寝起きになっていると思っている人が多くいるようです。 寝違えや、ぎっくり腰は、名前が部位で違うだけで、大半が筋膜の損傷です。 寝起きに起きる事が多いために、寝違えと言いますが、寝起きに発症するとは限らないわけです。 寝違えは、胸椎一番と第一肋骨を繋ぐ関節周囲に起きる事が多いのですが、痛みが強くなると、首が動かせなくなります。 通常は、一週間程で回復しますが、発症から二日目くらいまでは、痛みのピークになるので辛い状態が続きます。 発症後は、お風呂は控えて、湿布等で冷やすと良いのですが、三日目以降は、ピークを過ぎるので、温めて血液循環がよくしていった方が回復しやすくなります。 但し、三日を過ぎても炎症が残っている事がありますので、判断の目安として、入浴後に痛みが強くなるなら、もう少し冷やす。痛みが変わらなければ、温めると良いです。 寝違えを起こしやすい人は、脇腹が硬くなっていたり、肩の不具合がある人が多いのですが、広背筋や肋間筋をストレッチさせて、脊椎の側屈を促してあげると、腕の動きが楽になり、連動する首も楽になります。…

首の下部から肩にかけての痛み

実際の症例 首痛 肩こり・首コリ 肩の痛み 背中の痛み

3か月ほど前から、首の下部から肩にかけて、コリと痛みが現れ、症状が日増しに強くなってきた症例です。 パソコンを使う仕事をしている方なので、こういった症状が現れる事は珍しくはありません。 この方の場合は、首を左に傾けるクセがあるため、肩甲胸郭関節の動きが悪くなっていました。 また、反り腰と、腰仙関節の引っかかりで、背中の筋緊張が高くなっているために、症状が悪化したと考えられます。 全体的な検査では、肩甲上腕関節の動きと頚椎の回旋動作に制限がありました。 筋緊張の高まっている人は、第一頚椎周囲の筋紡錘が関与している事が多く、全身調整後には、必ず、そこをチェックします。 人によっては、触れる箇所が硬くなるケースもありますが、今回のケースでは、そういった兆候はなかったので、施術後には柔軟性が戻り症状が和らぎました。 しかし、職業病ともいえる症状なので、定期的なケアは当然必要になります。…

労働障害

首痛 肩こり・首コリ 腰痛 姿勢

労働障害とは、職場での長時間に及ぶ、繰り返し動作や同じ姿勢などで起こる、腰痛や肩こりなどを言います。 例えば、事務仕事をしている方だと、一日中パソコンと向かい合っている事も多く、首や肩のこりで悩んだり、重い物を持ち上げたり、運んだりする職業であれば、腰痛の発症リスクが高まります。 これらの多くが、職業病といわれますが、同じ仕事を続けている限りは、定年まで、付き合っていかなくてはいけません。 しかし、症状が悪化すれば、痛みで、仕事の効率が悪くなるだけでなく、精神的なダメージも蓄積していきます。 また、定期的に体のケアをしている人でも、労働時間と比較すると、ケアの時間は微々たるものなので、積極的にストレッチなどを行うべきです。 関節一つ一つが正常に動けば、体の運動リズムが正常になり、伸張反射が過剰に反応する事がなくなり、一定箇所に負担が蓄積する事も防げるのです。…

骨盤矯正セミナー

肩こり・首コリ 腰痛 痩身 整体セミナー

骨盤矯正という言葉を聞いた事のある人は多いと思いますが、実際にやってもらった人は、全体から見ればごく僅かしかいないと思います。 骨盤は、寛骨、仙骨、尾骨が合わさったもので、寛骨も、腸骨、坐骨、恥骨が合わさって出来たものです。 骨盤の歪みは、様々な不調の原因といわれていますが、腰痛や股関節痛の多くが、仙腸関節の不具合から起きている事がよくあるのです。 例えば、股関節を動かすと、骨盤と腰椎が連動するのですが、途中にある仙腸関節に不具合があると、運動連鎖が出来ないために、股関節や腰椎には過度な負担がかかります。 そういった負担が痛みの原因になるのです。 その影響は、一部位にとどまらずに、連鎖して広がるため、過緊張による、肩や首のこりが起きたり、動きの悪い箇所に脂肪が蓄積したりして、体型にも変化が起こります。 骨盤矯正セミナーでは、骨盤の運動方向、歪みの検査、矯正方法をしっかり学べますので、サロン経営者や治療院の即戦力になるはずです。 ご興味のある方は、1Dayセミナーも行っていますので、お待ちしています。…

首の歪みは脳の老化を早める!

肩こり・首コリ 姿勢 身体の歪み

体の中で、一番重たい頭を支えているのが首です。 首に負担をかけないためには、頭部と顎を頚椎より前に突き出さないようにする事ですが、パソコンやスマホ操作などをしていると、知らず知らずに顎を突き出したり、うつむき姿勢になってしまいます。 こういった不良姿勢が続くと、頚椎が歪んで、首や肩のこり、痛みなどの不快な症状が現れます。 また、首が動きにくくなると、筋肉がこり、血液循環が悪くなる為、神経や脳脊髄液の流れも悪くなります。 症状として自覚できるのは、痛みやこりだけかも知れませんが、実際には脳の機能低下が起きているので、脳が萎縮してしまいます。 脳の萎縮は老化を早める為、物忘れが増えたり、物覚えが悪くなります。 言い方を換えると、頚椎の歪みを整えれば、首や肩のこりが解消して、脳脊髄液の流れが良くなり、本来の状態に機能回復するという事なのです。…

痛い時は冷やす?温める?

頭痛 肩こり・首コリ

痛い時に貼るのは、冷湿布か温湿布かで迷った事はありませんか? 病院によっては、冬は、冷たいから温湿布という所もあるようですが、どちらでも、大きな違いはないようです。 冷湿布にはメントール、温湿布にはトオガラシ成分が入っているので、冷たく感じたり、温かく感じるだけだそうです。 しかし、この感じるというのが問題で、人によっては、冷たいと思うだけで、冷えてしまう人や、温かいと思うだけで、温かくなる人がいます。 これをプラシーボ効果と言います!  何かの実験で、熱いと思わせたものに、手を触れると、本当に水ぶくれになってしまうというのがあったので、湿布も、状況で使い分けた方が無難だと思います。 使い分け方としては、怪我や炎症などの『急性痛には冷湿布』 怪我も治り、3か月以上経っているのに続く『慢性痛には温湿布』 また、コリやこわばりなどの筋の緊張を和らげたい時に、冷やすか、温めるかの判断は、冷やして筋の緊張が緩和されるなら神経の問題と考えられるので『冷やす』が正解。 逆に、冷やすと筋緊張が亢進して、筋が硬くなるようであれば、お風呂やホットパックなどで『温める』が正解となります。 緊張性頭痛などは温めた方が良いという事です。…

筋膜性疼痛症候群

首痛 肩こり・首コリ 腰痛

疲労が重なると『腰痛』や『肩こり』などが現れる人は少なくないと思います。 こういった症状の多くが『筋膜性疼痛症候群』が関係しています。 筋膜性疼痛症候群という名称は、あまり聞いた事がないと思いますが、簡単に言うと、筋肉と筋肉の間の膜が痛みを引き起こすものです。 筋肉疲労が長く続いたりして、筋が過緊張すると、血行不良や虚血を起こして、筋が弛緩出来なくなったり『筋損傷』したりするのです。 これが、首や腰に起きると『寝違え』や『ぎっくり腰』の原因になるのです。 また、過度な緊張が続くと、寝ても、力が抜けなくなり、体が休まりません。 他のブログで書きましたが、休息でとれるものと、そうでないものがあります。 それらの見極めがつかない場合は、いつでも改善のお手伝いをしますので頼って下さい。…

ページの先頭へ

Copyright © 2017 kokkakucare.com. All Rights Reserved.  WordPress Premium Plugin