「肩こり・首コリ」の記事一覧

身体機能が向上する運動療法

実際の症例 肩こり・首コリ 身体の歪み スポーツ障害 整体セミナー

一般的な施術で改善しない症状が、運動療法で改善したという話は聞いた事があると思います。 運動療法というとリハビリが頭に浮かぶと思いますが、病院でのリハビリはストレッチや歩行訓練が定番です。 高齢者や心臓疾患などで運動が出来ない人は致し方ないとしても、ストレッチや歩行訓練だけでは不十分というケースは数多くあります。 当センターのフルコースには運動療法が組み込まれていますが、運動療法の中身はアメリカ発祥のリハビリ技術で、脳梗塞などの機能訓練で使われているPNFが使われます。 私が学んだ技術は、PNFを改良した手技で、通常のPNFとは異なりますが、その効果は折り紙付きです。 PNFについて少しおさらいしますと、プロプリオセプティブ(固有受容性感覚器)・ニューロマスキラー(神経筋)・ファシリテーション(促通)と言います。 PNFには独特の運動パターンがあり、人間の動作は単関節だけでは動作にはならないため、いくつもの関節を動かさなくてはいけません。 それには、対角螺旋運動が行われながら、主働筋を収縮させる時に、反対の拮抗筋が伸張しなければいけません。 これらがバランスよく行われる事で日常動作がスムーズになるのです。 PNF運動は筋肉や腱の中にある、筋紡錘や腱紡錘などの固有受容性感覚器を刺激して神経筋の促通をはかるために行われます。 当センターの基本コースの施術もPNFパターンの動きを他動的にみながら関節の引っかかりを見つけ出します。 これに運動療法を組み合わせる事で、より精度を高めているわけです。 但し、運動療法というのは、運動という事も忘れてはいけない事です。 運動は最初よりも二回目、三回目と数をこなせば上達しますから、上達すればするほど効果が引き出せるのです。 もちろん、運動パターンを誘導するのは術者ですから、術者が下手だと効果が出ない事もあります。 また、受ける人が主働筋と拮抗筋の両方に力を入れてしまうタイプだと、慣れるのに時間がかかったり、特殊なケースでは筋緊張を高めてしまう人もいます。 力を入れるのと出すのは違うので、PNFでは力を出せる状態に導かなくてはいけません。 アスリートのように運動慣れしている人は、早くに効果が引き出せますが、慢性痛などの不調で来られる人は、焦らずゆっくりと前進する気持ちでいけば大きな効果が得られます。 …

歌うまと姿勢の関係

実際の症例 肩こり・首コリ 姿勢

発声には姿勢が大切な事はボイストレーニングをされている方なら知っていると思います。 これは、ボイストレーニングに限った事ではありませんが、先日、姿勢が悪くて声が出ないから何とかしてほしいと言って来ました。 その人が言うには、歌の上手な人はみんな姿勢が良いそうです。 それを聞いて、そういえば知人のミュージシャンも首が悪いと声が出なくなると言っていたのを思い出しました。 首が悪くなる原因で多いのが姿勢によるものです。 背中を丸めていると、肩が内側に入り込んでしまい、大胸筋群が緊張して肋骨の動きが悪くなりますから、横隔膜の動きにも影響します。 また、顎を突き出す姿勢になれば、喉にも良くない事が想像できます。 そういった事を考えながら、調整方法を決めましたが、施術後は呼吸がしやすくなったと言っていましたので、緊張緩和で胸郭が広がったのでしょう。 そう考えると、思ってもいなかったあらたな分野に骨格矯正が役立つと思いました。 …

枕が合わないのは関節の硬さが原因

頭痛 首痛 肩こり・首コリ 姿勢

夜寝付けなかったり、目覚めが悪くて疲れが取れない、朝起きると頭が重く感じたり首が痛い・・・・。 もしかすると枕が合わないのでは。 これらの症状で枕をオーダーする人も少なくないと思います。 オーダー枕は、頭や肩のラインがピッタリするように作るので、首や肩の負担が軽減する事で知られています。 しかし、せっかくオーダーしても、良いのは‟最初だけ”という話を聞く事があります。 これは、枕が合わないのか? 枕の使い方を間違っているのか? オーダーした時と今では姿勢が変わってしまったのか? このいずれかが考えられます。 頚椎には緩やかなカーブがあるので、寝姿勢では身体よりも頭が高くなります。 その時、頭部と胸椎の間に隙間が空くと、ブリッジのようになって首に負担がかかります。 この負担をなくすには、首にも枕が当たるようにしてみる事です。 また、寝具の硬さにも注意が必要です。 せっかく、枕の高さを最適にしても、寝具が柔らかすぎて、身体が沈み込んでしまえば、枕の高さは合わなくなります。 それらを試して改善しなければ、姿勢変化を疑ってみます。 寝ている時は姿勢は関係ないと思われている方もいますが、寝ていても筋緊張は起こります。 立位も座位も臥位も、接地面の広さの違いがあるだけで、大なり小なり筋緊張が起きるのです。 例えば、枕をオーダーして、最初は良かったけどというケースの場合でいうと、最初は筋緊張する箇所が変わったために楽になったと感じる事があります。 時間と共に、違う箇所が緊張するようになれば、やっぱり合わないと思うようになるのです。 これは、関節機能障害ともよく似ています。 似ているというよりも、直接的な原因だと思います。 首が硬い状態のまま枕をオーダーすれば、当然ですが悪い状態に合わせた枕です。 機能障害を取り除いて、柔軟な首で合わせれば、沈み方が違うため、高さも、良い状態に合わせられるのではないでしょうか? これから、枕をオーダーしたいと考えている方。 高いお金を出す前に、一度、関節機能障害を取り除いてからのが良いかも知れません! …

手の使い過ぎが招く不調

頭痛 首痛 肩こり・首コリ 肘・手首の痛み

手の使い過ぎによる不調というと、腱鞘炎などが頭に浮かぶかもしれませんが、今日はそういった当たり前に起こり得るものではなく、ちょっと違った視点からお話しします。 大きな力を発揮する時とか、痛みを我慢する時に歯を食いしばる事は誰でも経験していると思います。 歯を食いしばった時の力は相当なもので、顎から首にかけて筋が緊張します。 人によっては肩まで上がってしまう人もいるでしょう。 それと似た事ですが、歯だけでなく拳をぐっと握りしめる人もいると思います。 例えば、自動車の運転でハンドルをかたく握りしめたり、鉄棒から落ちない様にしっかり握る事もあります。 大工さんがハンマーを握る手も人一倍使いすぎているはずです。 こういった力を入れる動作も、毎日繰り返されていくと、知らぬ間に力が抜けなくなってしまう事があるのです。 歯を食いしばる人が歯ぎしりをしたり、口を開けたくても開かなくなったりするわけです。 口が開かなくなると、それがきっかけで顎関節がズレて、顎関節症になる事もあります。 では、手を握りっぱなしにしていると何が起こるのか? 実は、胸椎の動きが悪くなります。 厳密には、腕が内旋して、外旋がいかなくなったり、内旋が強すぎて肩が内巻きに入りこむ事もあります。 肩が内巻きに入ると、胸郭が緊張してしまいます。 その結果、胸椎の動きが制限されてしまうのです。 胸椎の動きが制限されると、首痛や頭痛など様々な症状が現れる事がありますので、時々は手の平もしっかりストレッチして下さい。 …

上を向いた時の首の痛み

首痛 肩こり・首コリ 姿勢

読書やスマホを見る時など、下を向いて頭を前に突き出す姿勢をしている人が急増しています。 頭部の重さは、平均6キロもあるので、それを支える首には、かなりの負担がかかってしまいます。 首周囲の筋肉は細くて、重さに対しては弱いために、筋緊張が起きて拘縮しやすい特徴があるのです。 頭を突き出す姿勢になると、首だけでなく、背中も丸まるため、肩が巻き込むように入り込んでしまいます。 この姿勢によって、頚椎上部にあたる、頭半棘筋周囲に拘縮が起こります。 肩が入り込むと、首の後屈動作が制限されてしまい、さらに頚椎上部の拘縮によって、上を向いた時に、瞬間的な痛みが現れたりします。 頚椎上部の拘縮は、頭痛に繋がる事も多いため、逆の見方をすると、頭痛持ちの人には、こういった姿勢の人が多いともいえるのです。 改善には頚椎上部の弾力を回復させる他、第一肋骨、胸椎、鎖骨、胸郭などの調整が必要です。 これらの関連部位なくして、部分的な施術は、効果も限定的になってしまうからです。 …

スマホ首

首痛 肩こり・首コリ 背中の痛み 身体の歪み

ストレートネックという名前を聞いた事があると思いますが、ここ数年の間にスマートフォンの普及によって、スマホ首という通称が出てきました。 どちらも病名ではありませんが、この通称が出るまでは、ストレートネックとスマホ首を同一のものとしていた方も少なくありません。 しかし、この二つは頚椎の歪み方が異なります。 ストレートネックはまっすぐ歪みますが、スマホ首は首の弯曲が逆になり、首猫背の状態になってしまうものです。 スマホ首が出たころは、十代の若者に急増していましたが、最近は中高年者たちにも増えてきました。 このままいけば、今後も増え続ける事は間違いないと思います。 背骨には、頚椎、胸椎、腰椎とあります。 その中でも、頚椎は他の椎骨より細く柔軟性がありますが、そのぶん弱い部位になります。 頭部の重さは、平均すると6キロありますが、その頭を乗せているのです。 頭部がバランスよく保たれていれば、負担は少なくて済みますが、バランスが崩れた状態で乗っていれば、それを支える筋群には過度な筋緊張が起こります。 それが影響して、その下の胸椎にも連鎖して、動きが悪くなります。 ストレートネックもスマホ首も、頚椎の弾力が失われてしまうので、改善するには関節の遊びを回復させなければいけないのです。 また、日常では下向き姿勢にならない様に注意する事の他、高い枕の使用を控える事も必要です。 …

予防は治療に勝る

頭痛 肩こり・首コリ 身体の歪み

予防は治療に勝るという、ことわざがあります。 病気になってから、治療をするのではなく、なる前の予防が大切と言う事です。 これは、傷口は浅いうちに手を打てば広がらずに済むという例えですが、実際には予防だけでなく、流れを変えていかなければいけないのです。 予防という意味では、骨格の歪みも例外ではありません。 定期的にケアしている人は、過度な歪みにならないため、軟骨の片減りを防ぎ、不良姿勢や慢性痛になりにくくなります。 また、近年は、気候変化が激しいため、普段通りの日常をおくっていても、コンデションの維持が難しくなっています。 昨日まで何でもなかったのに、目が覚めると首肩の凝りで一日中、頭痛が続いたという話もよく聞きます。 こういった症状は、気候だけの問題ではなく、普段から患部に負担のかかる動き方を繰り返ししてきた事が原因となります。 不調が起きるまでの過程には、負のループに繋がる、日常での体の使い方があります。 例えば、腰痛を例にした場合、整体で痛みが消えたとしても、今まで通りの身体の使い方をしていれば、いずれは再発してしまいます。 身体の使い方を変えずに、痛くなった時だけ直してもらえばいいと考える方も少なくないですが、再発を繰り返していると、ダメージが蓄積していくので、徐々に改善しにくい身体になってしまうのです。 以前は、同じ症状が一回で良くなったのに、今回はなかなか良くならない、そういった経験をしている人は、負のループを断ち切る事が重要なのです。 …

関節可動域の広げ過ぎは要注意!

肩こり・首コリ 腰痛 股関節痛

身体は硬いよりも柔らかい方が良い! 身体が柔軟だと、腰痛や肩こりもなく健康にも良い。また、スポーツでも有利な事のが多いはず。 多くの方が、そう思っているかも知れません。 身体が柔軟な人イコール、関節可動域が広いという事になりますが、関節可動域は広ければ良いという事ではありません。 関節の最大可動域を超えてしまうと、靭帯や周辺組織が無理矢理のばされた状態になり、損傷の危険性があるからです。 通常であれば、最大可動域を超える前に、筋肉が収縮する機能が働きますが、人の体は千差万別です。 生まれつき、関節が緩い人は、筋肉の収縮力も弱く、支えが弱いために、ダイナミックな動作をした時に最大可動域を超えてしまう事があるのです。 また、誰もがやった事のあるストレッチでも、同様の危険性があります。 例えば、開脚でのストレッチにしても、多くの人が股関節を重点的に伸ばそうとしている事がわかります。 股関節痛の原因の一つに無理なストレッチによる、関節唇や靭帯の損傷というケースも少なくありません。 これらを防ぐという意味でも、身体を全体的に少しづつ伸ばす事が大切であり、可動性も広がるのです。 …

夏の疲れを残さない

頭痛 肩こり・首コリ

暑い夏が終わったと思ったら、いきなり冬のような寒さになってしまいました。 夏の疲れがいまだに取れない人も多いと思います。 特に、仕事に追われて、ゆっくりする時間もなく頑張っている人は、肩や首に力が入り過ぎてしまいます。 肩首の緊張は、それだけで留まっているうちは、まだいいのですが、無理をすると、頭にも力が入るため、頭皮が硬くなります。 頭皮が硬くなると、首の動きが悪くなったり、頭痛や全身の筋緊張にも繋がります。 また、首肩頭の血行不良と寒さが重なると、重大な病気を発症する事もあります。 これらを解消するのに、もっとも効果的なのが運動リズムを回復です。 人の体は、部分的に動いているわけではないので、全身が協力して動く事で、負担が減るのです。 夏の疲れを残したままでいると、症状を悪化させるだけでなく、不調の連鎖へと繋がりますので、早めにケアをしていきましょう。 …

寝違え

実際の症例 首痛 肩こり・首コリ

朝起きた時は違和感があっただけなのに、時間の経過とともに、首の痛みが強くなった症例です。 こういったケースは寝違えが殆どですが、寝違えは寝起きになっていると思っている人が多くいるようです。 寝違えや、ぎっくり腰は、名前が部位で違うだけで、大半が筋膜の損傷です。 寝起きに起きる事が多いために、寝違えと言いますが、寝起きに発症するとは限らないわけです。 寝違えは、胸椎一番と第一肋骨を繋ぐ関節周囲に起きる事が多いのですが、痛みが強くなると、首が動かせなくなります。 通常は、一週間程で回復しますが、発症から二日目くらいまでは、痛みのピークになるので辛い状態が続きます。 発症後は、お風呂は控えて、湿布等で冷やすと良いのですが、三日目以降は、ピークを過ぎるので、温めて血液循環がよくしていった方が回復しやすくなります。 但し、三日を過ぎても炎症が残っている事がありますので、判断の目安として、入浴後に痛みが強くなるなら、もう少し冷やす。痛みが変わらなければ、温めると良いです。 寝違えを起こしやすい人は、脇腹が硬くなっていたり、肩の不具合がある人が多いのですが、広背筋や肋間筋をストレッチさせて、脊椎の側屈を促してあげると、腕の動きが楽になり、連動する首も楽になります。 …

ページの先頭へ

Copyright © 2018 kokkakucare.com. All Rights Reserved.  WordPress Premium Plugin