「整体セミナー」の記事一覧

身体機能が向上する運動療法

実際の症例 肩こり・首コリ 身体の歪み スポーツ障害 整体セミナー

一般的な施術で改善しない症状が、運動療法で改善したという話は聞いた事があると思います。 運動療法というとリハビリが頭に浮かぶと思いますが、病院でのリハビリはストレッチや歩行訓練が定番です。 高齢者や心臓疾患などで運動が出来ない人は致し方ないとしても、ストレッチや歩行訓練だけでは不十分というケースは数多くあります。 当センターのフルコースには運動療法が組み込まれていますが、運動療法の中身はアメリカ発祥のリハビリ技術で、脳梗塞などの機能訓練で使われているPNFが使われます。 私が学んだ技術は、PNFを改良した手技で、通常のPNFとは異なりますが、その効果は折り紙付きです。 PNFについて少しおさらいしますと、プロプリオセプティブ(固有受容性感覚器)・ニューロマスキラー(神経筋)・ファシリテーション(促通)と言います。 PNFには独特の運動パターンがあり、人間の動作は単関節だけでは動作にはならないため、いくつもの関節を動かさなくてはいけません。 それには、対角螺旋運動が行われながら、主働筋を収縮させる時に、反対の拮抗筋が伸張しなければいけません。 これらがバランスよく行われる事で日常動作がスムーズになるのです。 PNF運動は筋肉や腱の中にある、筋紡錘や腱紡錘などの固有受容性感覚器を刺激して神経筋の促通をはかるために行われます。 当センターの基本コースの施術もPNFパターンの動きを他動的にみながら関節の引っかかりを見つけ出します。 これに運動療法を組み合わせる事で、より精度を高めているわけです。 但し、運動療法というのは、運動という事も忘れてはいけない事です。 運動は最初よりも二回目、三回目と数をこなせば上達しますから、上達すればするほど効果が引き出せるのです。 もちろん、運動パターンを誘導するのは術者ですから、術者が下手だと効果が出ない事もあります。 また、受ける人が主働筋と拮抗筋の両方に力を入れてしまうタイプだと、慣れるのに時間がかかったり、特殊なケースでは筋緊張を高めてしまう人もいます。 力を入れるのと出すのは違うので、PNFでは力を出せる状態に導かなくてはいけません。 アスリートのように運動慣れしている人は、早くに効果が引き出せますが、慢性痛などの不調で来られる人は、焦らずゆっくりと前進する気持ちでいけば大きな効果が得られます。 …

画像検査でわからないもの

関節痛 腰痛 身体の歪み 整体セミナー

病院には様々な医療検査機器が揃えてあります。 例えば、腰痛の検査だと、レントゲン、CT、MRIなどがあります。 もっとも身近で一般的なのはレントゲン検査です。 レントゲンよりも骨の状態が詳しくわかるのがCT検査です。 そして、さらに詳しくわかるのがMRIです。 MRI検査では骨髄や軟部組織の状態までわかると言われています。 ところが、こういった優れた検査器具も不具合を見つけられない事のが多いのです。 見つからないケースの大半は患部以外に不具合があるからです。 その多くが関節機能障害と言われています。 関節機能障害とは、動きの悪い関節の事です。 関節や靭帯はジッとしているだけで硬くなる特徴があるので、ありふれた日常生活の中で誰にでも起こり得る障害になっています。 しかし、よほど感覚の優れた人でない限りは、機能障害に気づく事はなく、体が硬くなった程度にしか感じません。 関節は連動して動くので、一部位の動きが悪くなると、それを庇う関節に負担がかかります。 そうやって負担を庇う連鎖に繋がってしまうわけです。 検査器具は静止画像なので、動きの悪い関節を識別できませんが、動作検査を用いれば、疼痛が誘発される地点や重心移動の不具合から、どこに問題が起きているかを推測する事が出来ます。 もしも、検査で異常なしといわれて、いまだに慢性的な疼痛に苦しんでいるのであれば、熟練したセラピストの手によって、見つけられなかった不具合が見つかるかも知れません! …

セミナーについて

整体セミナー

骨格ケアセンターでは、開業したい方、副業を始めたい方、既に開業している方でスキルUPしたい方向けの手技療法セミナーを開講しています。 手技療法が初めての方でも親切丁寧に指導します。 当セミナーの技術は業界トップレベルの手技をベースに、武道の理論を加えて工夫を凝らしています。 もちろん、武道を知らない人にわかるようになっていますので、武道の話は致しません。 手技療法が初めての方は、人を相手にした場合、触診箇所が曖昧になってしまい、十分な変化を与えることが出来ません。 基礎コースでは、骨格模型を中心に正確な関節の操作方法と全体的な流れをコンビネーション技術として学んで頂きます。 基礎コースで一通りの技術を習得したら、次の応用コースに進む事が出来ます。 このコースは、基礎で学んだ技術を細分化したテクニックが学べます。 症例別の対応の仕方から、具体的な変化の出し方まで、新たな手法を開発していますので、今後マニュアル化していく予定でいます。 開講して間もないセミナーなので、現在は個別指導とグループ指導を希望時間で行っていますが、いずれは決められた日程で行う予定でいますので、お時間のない方は今がチャンスかも知れません! …

不調の改善に筋トレは必要?

実際の症例 関節痛 整体セミナー

不調の改善に筋トレは必要? 答えはYES! なのですが・・・筋トレをするには条件がいります。 第一が動ける事! 動けない場合は、どこまで動かせるかになります。 不調を長いあいだ放置してしまうと悪化してしまうため、痛みで動けなかったり、場合によっては他の疾患などで医師に運動を禁じられてしまう事もあります。 また、高齢者だと、筋力低下などで出来ない人もいます。 不調を改善しに来ている人のが多いのだから当然ですが・・・。 また、これから先は高齢化がますます進むので、みんなそうだと思うくらいで丁度いいかも知れません。 という事で、少しだけなら筋トレ可能な場合と、全く出来ない場合ではどう違うでしょう。 例えば、膝の痛みで、曲げ伸ばしが出来ない人に、筋トレをさせる場合は、膝を伸ばしたまま負荷をかけられます。 部位のみの筋トレであれば疼痛の出ない肢位で行えばいいのです。 問題は、殆ど出来ない、あるいは運動禁止とかの人です。 中には、全く力が出ない人もいますので、その場合は、筋トレという言葉は頭から削除した方がいいです。 動けない人は、日常動作も筋トレと同じなので、鍛えさせたい箇所に利くように誘導するだけでよいのです。 ここで大切なのが、勝手に動いてもらうと、痛みを庇って動こうとしますから、しっかり補助する必要があります。 しかし、筋トレは必ずやらなければいけないではありません。 ある程度の動作が可能になるまでは徒手療法などで、運動が出来る状態に導いてあげてからという事です。 …

どうして同じ手技でも結果が違うのか?

整体セミナー

今日はセミナー受講生の疑問にお答えします。 どうして同じ手技をやっているのに結果が違うのか? 熟練者と覚えたての人が違うのは、仕方ないとして、それほどキャリアの違わない人は何故?と思うかも知れません。 その場合は、自分自身の立ち方や方向を確認してください。 立ち位置が、患者から遠くなれば、術者は前傾姿勢になってしまいます。 姿勢が崩れた状態で矯正しても、手先に体重が乗ってしまうために、手先が柔軟に使えません。 また、自身の臍の向きを矯正する箇所を向けなければ、左右の手が均等に使えないため、力の配分が違ってしまいます。 見た目が同じように見えても、角度やスピードが違えば、中身は別物になってしまうのです。 効果が出せないケースの多くは、自身の体勢が崩れている事が考えられます。 触診テクニックは、場数を踏まないとわかりにくいと思いますが、骨格模型の上に皮膚や筋肉をイメージする事が大切です。 そして、実際の施術は、その反対で皮膚の上から骨をイメージするのです。 頂いた疑問はブログにも投稿していけるようにしますので、参考にして下さい。 細かい動きは、文章では伝わらないと思いますので、セミナーで伝えていきますが、簡単な事はLINEでもお答え出来ますので、受講生の方は遠慮なく聞いてください! …

その場で変化を与える!骨格矯正の新事実

関節痛 身体の歪み 運動能力向上 整体セミナー

ただいま、手技療法家向けの教材DVDが発売中です。 DVDでは空手の術理が応用できるので、その一つとして、体の使い方を伝えたかったのですが、私の腕や体がカメラを邪魔してしまい、実際と違う姿勢をしなければいけない箇所がいくつかありました。 その時の姿勢やポジションは正しくないので、手元の何をしているかを参考にしていただければと思います。 また、言い訳になりますが、撮影前日は緊張して寝むれなかったので、頭がまわらず活舌の悪さも目立ちました。 その辺はご勘弁願います。 この手技療法は、私が師から学んだ技術が根底にあります。 その理論とは、人には利き手脚があり、左右対称ではないというものです。 左右対称でないものを矯正するには、矯正方法も左右で変える必要があります。 人類の大半が右利きなので、およそ八割以上の方に、その理論は当てはまると考えています。 ただ、私は空手家なので、矯正も空手の術理と照らし合わせて違った角度からも考察してきました。 私も左利きですが、全ての人が右利きの構えで稽古をします。 そして、その上で右手足以上に、左手足を使わせるようにしています。 また、空手の他に居合もやりますが、刀は左腰に帯刀するのが決まりです。 しかし、何年も続けていると、右手が左手よりも使いやすくなりました。 このことから、普段は右利きでも左が強くなったり、日常生活は左利きなのに、右手が得意になる事があるわけです。 例えば、一般の人でも、軸脚になる側を怪我して反対脚を軸足にしていたら、その癖がついてしまう事があります。 もちろん、こういった事例を除いても、右利きが多い事は間違いありません。 利き手の得意な方向に歪む事を基準にしておくと、基本通りのパターンで矯正すれば、80%程の人に対応でき、利き手と逆に歪んでいる場合は、そこに不調の原因があると推測できます。 それがわかってからは、再現性と持続性がさらに高まり、どちらに矯正すれば良いかと悩む事がなくなりました。 歪みや捻じれが生じると、体は傾むきます。 傾いた体でバランスを取ろうとすれば、普段と違う箇所に過度な筋緊張が起こります。 それが、不調に繋がるのですが、これは地球上で活動する限りは避けられない事です。 言い方を換えると、大なり小なりの違いはあっても、歪まない人はいないのです。 問題となるのは、過度な歪みと、先天的に骨格に構造上の問題がある方や、事故などで、後天的に構造が変わってしまったケースです。 その大半は、医師に手術以外にどうしようもないといわれて、諦めている人も少なくありません。 構造的な問題がある人に機能的な歪みが加わればどうでしょうか? 症状はさらに悪くなるはずです。 それらの辛い症状をを少しでも解消してあげられるのが、この手技だと思っています。 そのヒントだけでもDVDで伝えられれば幸いです。 …

症例別改善緩和の方法

実際の症例 身体の歪み 運動能力向上 整体セミナー

当センターでは、全身の運動リズムを回復させる事が目的の施術を行っています。 運動リズムというと、肩甲上腕リズムや、骨盤大腿リズムといった名前を聞いた事があると思います。 人の体は、単体で動く事はなく、どこかを動かすには、関連した箇所が連動して動きます。 言い方を換えると、連動が続かなくなるために、動作がぎこちなくなります。 例えば、1~5までが連動するとします。その途中の3が動かなければ、3の動きを代償する箇所に過剰な負担がかかります。 3は動かないので、症状として現れない事が多く、過剰な負担がかかった個所に症状が現れる事が多いわけです。 腰痛で検査をしたけど、異常が見つからないとか、曖昧な診断になるケースは、こういった関節機能障害が考えられるのです。 では、検査が無駄かというとそうではありません。 検査で異常がなければ、精神的にも楽になり、原因が関節機能障害にたどりつくからです。 ここで注意してほしいのは、異常がなければ放置してよいという事ではありません。 関節機能障害を放置していると、負担が蓄積し経箇所は、本当の疾患になってしまう事があるからです。 また、関節機能障害が起きている箇所には症状が現れにくいと言っても、ダメージがないわけではありません。 関節には軟骨がありますが、そこには血管がないために、栄養補給は、滑膜から分泌される渇液が補っています。 関節機能障害が起きると、動きが悪いだけでなく、関節間が狭くなり、関節液(渇液)が充分に浸透しなくなります。 そうすると、関節は栄養不足になってしまうわけです。 逆に、どうやったら栄養不足を解消できるかというと、関節間に遊びを付けて、十分に渇液が浸透しやすい状態に導いてあげる事です。 当センターの施術の目的は、運動リズムの回復ですが、そのためには、関節に遊びを回復させる事が重要です。 関節の遊びを回復させるだけで、筋腱の弾力も改善され、関節の片減りを予防したり、歪んで戻らない骨格が正常な位置におさまります。 また、全身の運動リズムが回復していくので、運動能力向上を目指すアスリートにも有効な方法なのです。 まとめ ①関節の栄養促進効果 ②骨格の歪みの改善 ③痛みや違和感の解消効果 ④柔軟性や筋力回復 …

専門家向けDVD撮影終了!

整体セミナー 未分類

ブログの更新が滞っていましたが、やる気が失せたわけではありません。 実は、専門家向けのDVD撮影があり資料作りに追われていました。 撮影も取り敢えずは終了しましたので一段落しましたが、ちょっとゆっくりしたい気分です。 今回の撮影は、専門家向けの手技療法のDVDです! この業界は、コンビニより多いと言われていますから、これから先は、かなり淘汰されていく事が予想できます。 そんな時代の波に乗れる手技として貢献できれば嬉しいですね。 ただ、寝不足で頭が回らなかった上に、目の下のクマが気になってしまいましたので、出来栄えが気になる所です。 発売は年明け予定となります! …

骨盤矯正セミナー

肩こり・首コリ 腰痛 痩身 整体セミナー

骨盤矯正という言葉を聞いた事のある人は多いと思いますが、実際にやってもらった人は、全体から見ればごく僅かしかいないと思います。 骨盤は、寛骨、仙骨、尾骨が合わさったもので、寛骨も、腸骨、坐骨、恥骨が合わさって出来たものです。 骨盤の歪みは、様々な不調の原因といわれていますが、腰痛や股関節痛の多くが、仙腸関節の不具合から起きている事がよくあるのです。 例えば、股関節を動かすと、骨盤と腰椎が連動するのですが、途中にある仙腸関節に不具合があると、運動連鎖が出来ないために、股関節や腰椎には過度な負担がかかります。 そういった負担が痛みの原因になるのです。 その影響は、一部位にとどまらずに、連鎖して広がるため、過緊張による、肩や首のこりが起きたり、動きの悪い箇所に脂肪が蓄積したりして、体型にも変化が起こります。 骨盤矯正セミナーでは、骨盤の運動方向、歪みの検査、矯正方法をしっかり学べますので、サロン経営者や治療院の即戦力になるはずです。 ご興味のある方は、1Dayセミナーも行っていますので、お待ちしています。 …

運動療法で効果を高める

関節痛 運動能力向上 整体セミナー

当院では基本コースの関節調整と、オプションで筋緊張を緩和する運動療法を用意しています。 運動療法は、こちらの誘導に従って自発的に動いてもらうので、運動の苦手な人や高齢者に効果を引き出すには時間がかかる事があります。 また、眼底出血、心臓疾患、感染症、糖尿病などで、医師に運動を禁止されている方は行えません。 しかし、運動療法は使い方次第で、身体に大きな変化が期待できます。 それには、どんな事に有効で、基本コースとの違いを理解する事で、より実感して頂けると思います。 基本コースの関節調整では、全身の関節がうまく運動連鎖するかを、動作検査で確認しながら調整します。 調整での痛みは殆どありませんが、動きの悪い箇所は痛みを感じる事もあります。    整体が初めての方は、どこも同じような事をすると思っているかも知れませんが、整体は一括りにした名称なので、学んだ技術が違えば全て異なります。  当センターでは関節に特化した全身の骨格矯正を行っていますが、器質的に異常が見つからない、身体の痛みの大半は関節機能障害とされているので、この手法は多くの人の力になれると思います。 しかし、症状が関節だけにとどまらずに、筋に及ぶ時は運動療法の併用が効果を発揮します。 例えば、同じ動作で作業をする職業の人や、スポーツをする方、又はしていた方の多くが筋力左右差で、筋の働きが悪くなり、パフォーマンスが低下してしまいます。 また、身体に頑固な癖が付くと、施術をしても再発しやすくなってしまいます。  運動療法が、普通の運動やリハビリと違うのは、主に筋力低下している側の筋力を高める事です。 改善に要する施術回数は運動を身体が記憶する迄ですが、自宅で出来るエクササイズを併用すれば、余計な時間と出費は最小限に抑えることが出来ます。 より動きやすく、より健康になりたい人のお役に立てるはずです! …

ページの先頭へ

Copyright © 2018 kokkakucare.com. All Rights Reserved.  WordPress Premium Plugin