「実際の症例」の記事一覧(2 / 2ページ目)

施術後の反応

実際の症例 姿勢 身体の歪み 運動能力向上

施術後に、身体に現れる反応や変化。 初めて受けられる方には、興味深い所だと思います。 過去に施術を受けられた方々を例にして、反応や変化をまとめてみたいと思います。 まず、関節を調整する際は、自動運動と他動運動の範囲内で、注意深く行う事で、事故を起こさない事を最優先しています。 関節可動域を見ていく場合、ニュートラル地点から、どちら側に可動性が亢進しているか、あるいは減少しているかなどの機能障害を確認します。 基本的には、全身の調整をしますが、実際の調整が行われるのは、機能障害が起きている箇所です。 わかりやすく言うと、動きの悪い箇所には動きを付けますが、動かして、正常に動く箇所は検査にとどまるという事です。 動きの悪い箇所が、正常に動くと、正常な箇所は動き過ぎなくて済みます。 そうなると、運動リズムが正常になるため関節可動域が広がります。 こういった変化は、その場で実感して頂きますが、全ての箇所をその都度、確認してもらうのは大変ですから、部分的に確認して頂いてます。 また、これは、手順を変えるだけで、反応が変わるので、決められた順序がないため、個々の状態で変えていきます。 次に、施術後、数時間しての変化についてを以下にまとめます。 ①施術後、痛みや違和感が、ただちに消失するケース 1回の施術で、症状が消失するケースの大半は、一時的な機能障害が取り除かれた事が考えられますので、同じ施術を繰り返す事が有効です。 ②施術後、症状が一時的に増幅して、2~3日後に症状が消失するケース 一時的な機能障害が取り除かれた事で、関節可動域が広がり、使われていなかった、筋腱が動く事で生じた運動痛が起きる事がある。 特に、運動の苦手な人や、水分摂取量の少ない人に多い。 ③症状が現れたり、消えたりを繰り返すケース 一時的な機能障害が、他にも連鎖して、二次障害になっている場合に多いケースで、改善に向かう途中経過とも考えられます。 回復過程は、山や谷を繰り返して、徐々に、改善されます。 ④違う箇所に症状が現れるケース 一次障害を庇う事で、二次障害へと連鎖した場合に起こり得ます。 こういったケースでは、痛みを庇う事で、最初の症状が消失してしまい、新たに現れた二次障害が消えた事で、最初に現れた、一次障害へと、逆の手順で戻る事がありますので、改善パターンとしては、現在起きている、二次障害を取り除いた後、一次障害を取り除きます。 ⑤施術後はいいが、すぐに再発するケース 筋力左右差が強すぎるアスリートや、同じ動作や姿勢を繰り返す方に多いケースです。 症状が一時的に取り除かれても、元の生活習慣によって、一次障害が取り除けない事が原因となりますから、フォーム改善や生活習慣の見直しが必要です。 以上の事などが考えられますが、場合によっては、施術中や術後すぐの反応がなくても、数日したら、いつの間にか、症状が消失していたという事も少なくありません。 いずれにしても、1回で結果を出そうとしないで、少なくとも5~7回の施術で反応を見ていただく事です。 …

脊柱管狭窄症

実際の症例 腰痛 膝痛

60代女性、変形性脊柱管狭窄症による腰痛の症例です。 腰痛が出たのは10年前で、検査では変形性脊柱管狭窄症と診断されたそうです。 当時は、手術レベルではないために、リハビリをしながら経過観察中との事ですが、現在は10年が経過しているので、かなり進行している感じでした。 この女性は、日常でのストレスが強いらしく、首肩の筋緊張で指先の力が抜けなくなっていました。 また、胸椎と仙腸関節の動きが悪く、股関節の動きを膝が代償して動かされて、不安定になっていました。 膝の検査を勧めた所、変形性膝関節症が発見されました。 胸椎の動きが悪いと、股関節に負担がかかり、股関節の動きが悪いと、膝に負担がかかります。 こういった悪循環が蓄積して脊柱管狭窄症と変形性膝関節症を発症したと考えられます。 施術は、仙腸関節と股関節を最後に強調するように行った結果、しこりの様に凝り固まった仙腸関節部がはっきり確認できるようになり、僅かしか動かせなかった回旋動作も正常範囲内まで広がりました。 …

スポーツが上達しない原因

実際の症例 スポーツ障害 運動能力向上

スポーツの上達が遅い子供の事で、親が連れて来られての相談です。 小学生の頃から、色々なスポーツをさせて来て、運動神経は、それなりに良いとの事です。 現在は中学生になってからゴルフを始めたそうです。 私はゴルフ部のトレーナーはしていますが、ゴルフはしないので身体の使い方と、身体に負担のかかっている箇所の修正と動作改善の提案をしています。 身体には、六つの基本動作があります。 前屈、後屈、左右側屈、左右回旋です。これらが、複合的に動く事で、様々な動きが可能となります。 言い方を換えると、いずれかに制限があれば、運動能力の向上が見込めないだけでなく、スポーツ障害の原因にもなるのです。 それを見つけて、強化する、あるいはストレッチするなど、その人に欠けている箇所を補えば、運動能力の向上が期待できます。 例えば、クラブを振る動作には、体幹の捻じれが生じます。 捻じれは回旋動作なので、主に胸椎と股関節が行います。 この動きが悪いと、身体を捻じる時に、軸足がつられてしまうために、ダイナミックな動きが出来なくなります。 何のスポーツにも共通しますが、ゴルフの場合、体幹の動きが悪いとトップスイングが高く上がりません。 そうなると、当然ながら、飛距離が伸びなくなり、プレー中に筋疲労が起きやすくなるため、微妙な動きが出来なくなります。 これを改善するには、胸椎と股関節の動きだけでなく、体重移動に関わる、足関節を整えていく事も重要なのです。 …

寝違え

実際の症例 首痛 肩こり・首コリ

朝起きた時は違和感があっただけなのに、時間の経過とともに、首の痛みが強くなった症例です。 こういったケースは寝違えが殆どですが、寝違えは寝起きになっていると思っている人が多くいるようです。 寝違えや、ぎっくり腰は、名前が部位で違うだけで、大半が筋膜の損傷です。 寝起きに起きる事が多いために、寝違えと言いますが、寝起きに発症するとは限らないわけです。 寝違えは、胸椎一番と第一肋骨を繋ぐ関節周囲に起きる事が多いのですが、痛みが強くなると、首が動かせなくなります。 通常は、一週間程で回復しますが、発症から二日目くらいまでは、痛みのピークになるので辛い状態が続きます。 発症後は、お風呂は控えて、湿布等で冷やすと良いのですが、三日目以降は、ピークを過ぎるので、温めて血液循環がよくしていった方が回復しやすくなります。 但し、三日を過ぎても炎症が残っている事がありますので、判断の目安として、入浴後に痛みが強くなるなら、もう少し冷やす。痛みが変わらなければ、温めると良いです。 寝違えを起こしやすい人は、脇腹が硬くなっていたり、肩の不具合がある人が多いのですが、広背筋や肋間筋をストレッチさせて、脊椎の側屈を促してあげると、腕の動きが楽になり、連動する首も楽になります。 …

関節機能の改善

実際の症例 腰痛 股関節痛 膝痛 スポーツ障害

若い時の無理がたたって、中年期を過ぎてから、あちこちに痛みが現れるようになった症例です。 小学生の時からバスケットをしていたため、腰痛、股関節痛、膝痛は頻繁に起きていたそうです。 身体をケアする習慣がなかったために、筋肉の左右差も大きく、関節の弾力も、かなり消失していました。 膝痛の原因は、股関節の硬さと思いましたが、それ以外に猫背も影響していたと考えられます。 本人としては、昔の古傷は回復しないものとあきらめていたために、スポーツもいつの間にかやらなくなったそうです。 当センターには、ぎっくり腰で来たのですが、出来る事なら、もう一度スポーツをしたいと思っていたようです。 現代人の多くが、手足だけ動かす生活習慣に馴染んでしまい、体幹と手足をうまく連動出来ない人が増えています。 また、水代わりにお茶やコーヒーを飲み人も多く、本人が思っているほど、水分摂取が出来ていない事も、筋肉や関節には負担になります。 まだ、一回の施術ですが、全身には、バネ感が回復して柔軟性が向上したので、まだまだ改善出来るはずです。 まずは、もう少し弾力の回復に重点を置いて、徐々に筋力トレーニングが出来るようにしていけば、若い時のようにスポーツが楽しめるはずです。 …

捻挫

実際の症例 足の痛み スポーツ障害

ゴルフのプレイ中に軸足となる左足首を捻挫した症例です。 発症後は、ずっと湿布をしていたそうですが、数か月を経過しても、完全に痛みが消える事がなく、徐々に足首の可動性が制限されて、フォームが崩れてしまったとの事でした。 この方は、身体の柔軟性はありますが、全体に対して股関節の硬さが目立ちました。 股関節の動きが悪いと、ダイナミックなスイング動作をする時に、胸椎が過剰に動き、それに連動して、腰椎に無理な捻転動作が加わる事になります。 また、壁になる左足首にも過度なストレスが加わります。 この状態が続くと、二次的には、胸椎の動きが悪くなり、その動きを代償して足首が緩んでしまう事があります。 この方も、予想通りに、胸椎の機能障害と、足首が不安定になっていたので、捻挫をしやすい状態にあったのかも知れません。 改善のために、胸椎の機能障害を取り除いて、全体的な柔軟性を回復させましたが、ベッドから立ち上がると、足首に瞬間的な痛みが出たので、足首の支持性を高めるために運動療法を行いました。 その後は、フラフラする感じがなくなり、しっかり立つ事が出来ました。 …

首の下部から肩にかけての痛み

実際の症例 首痛 肩こり・首コリ 肩の痛み 背中の痛み

3か月ほど前から、首の下部から肩にかけて、コリと痛みが現れ、症状が日増しに強くなってきた症例です。 パソコンを使う仕事をしている方なので、こういった症状が現れる事は珍しくはありません。 この方の場合は、首を左に傾けるクセがあるため、肩甲胸郭関節の動きが悪くなっていました。 また、反り腰と、腰仙関節の引っかかりで、背中の筋緊張が高くなっているために、症状が悪化したと考えられます。 全体的な検査では、肩甲上腕関節の動きと頚椎の回旋動作に制限がありました。 筋緊張の高まっている人は、第一頚椎周囲の筋紡錘が関与している事が多く、全身調整後には、必ず、そこをチェックします。 人によっては、触れる箇所が硬くなるケースもありますが、今回のケースでは、そういった兆候はなかったので、施術後には柔軟性が戻り症状が和らぎました。 しかし、職業病ともいえる症状なので、定期的なケアは当然必要になります。 …

症例別改善緩和の方法

実際の症例 身体の歪み 運動能力向上 整体セミナー

当センターでは、全身の運動リズムを回復させる事が目的の施術を行っています。 運動リズムというと、肩甲上腕リズムや、骨盤大腿リズムといった名前を聞いた事があると思います。 人の体は、単体で動く事はなく、どこかを動かすには、関連した箇所が連動して動きます。 言い方を換えると、連動が続かなくなるために、動作がぎこちなくなります。 例えば、1~5までが連動するとします。その途中の3が動かなければ、3の動きを代償する箇所に過剰な負担がかかります。 3は動かないので、症状として現れない事が多く、過剰な負担がかかった個所に症状が現れる事が多いわけです。 腰痛で検査をしたけど、異常が見つからないとか、曖昧な診断になるケースは、こういった関節機能障害が考えられるのです。 では、検査が無駄かというとそうではありません。 検査で異常がなければ、精神的にも楽になり、原因が関節機能障害にたどりつくからです。 ここで注意してほしいのは、異常がなければ放置してよいという事ではありません。 関節機能障害を放置していると、負担が蓄積し経箇所は、本当の疾患になってしまう事があるからです。 また、関節機能障害が起きている箇所には症状が現れにくいと言っても、ダメージがないわけではありません。 関節には軟骨がありますが、そこには血管がないために、栄養補給は、滑膜から分泌される渇液が補っています。 関節機能障害が起きると、動きが悪いだけでなく、関節間が狭くなり、関節液(渇液)が充分に浸透しなくなります。 そうすると、関節は栄養不足になってしまうわけです。 逆に、どうやったら栄養不足を解消できるかというと、関節間に遊びを付けて、十分に渇液が浸透しやすい状態に導いてあげる事です。 当センターの施術の目的は、運動リズムの回復ですが、そのためには、関節に遊びを回復させる事が重要です。 関節の遊びを回復させるだけで、筋腱の弾力も改善され、関節の片減りを予防したり、歪んで戻らない骨格が正常な位置におさまります。 また、全身の運動リズムが回復していくので、運動能力向上を目指すアスリートにも有効な方法なのです。 まとめ ①関節の栄養促進効果 ②骨格の歪みの改善 ③痛みや違和感の解消効果 ④柔軟性や筋力回復 …

ページの先頭へ

Copyright © 2018 kokkakucare.com. All Rights Reserved.  WordPress Premium Plugin