「実際の症例」の記事一覧

身体機能が向上する運動療法

実際の症例 肩こり・首コリ 身体の歪み スポーツ障害 整体セミナー

一般的な施術で改善しない症状が、運動療法で改善したという話は聞いた事があると思います。 運動療法というとリハビリが頭に浮かぶと思いますが、病院でのリハビリはストレッチや歩行訓練が定番です。 高齢者や心臓疾患などで運動が出来ない人は致し方ないとしても、ストレッチや歩行訓練だけでは不十分というケースは数多くあります。 当センターのフルコースには運動療法が組み込まれていますが、運動療法の中身はアメリカ発祥のリハビリ技術で、脳梗塞などの機能訓練で使われているPNFが使われます。 私が学んだ技術は、PNFを改良した手技で、通常のPNFとは異なりますが、その効果は折り紙付きです。 PNFについて少しおさらいしますと、プロプリオセプティブ(固有受容性感覚器)・ニューロマスキラー(神経筋)・ファシリテーション(促通)と言います。 PNFには独特の運動パターンがあり、人間の動作は単関節だけでは動作にはならないため、いくつもの関節を動かさなくてはいけません。 それには、対角螺旋運動が行われながら、主働筋を収縮させる時に、反対の拮抗筋が伸張しなければいけません。 これらがバランスよく行われる事で日常動作がスムーズになるのです。 PNF運動は筋肉や腱の中にある、筋紡錘や腱紡錘などの固有受容性感覚器を刺激して神経筋の促通をはかるために行われます。 当センターの基本コースの施術もPNFパターンの動きを他動的にみながら関節の引っかかりを見つけ出します。 これに運動療法を組み合わせる事で、より精度を高めているわけです。 但し、運動療法というのは、運動という事も忘れてはいけない事です。 運動は最初よりも二回目、三回目と数をこなせば上達しますから、上達すればするほど効果が引き出せるのです。 もちろん、運動パターンを誘導するのは術者ですから、術者が下手だと効果が出ない事もあります。 また、受ける人が主働筋と拮抗筋の両方に力を入れてしまうタイプだと、慣れるのに時間がかかったり、特殊なケースでは筋緊張を高めてしまう人もいます。 力を入れるのと出すのは違うので、PNFでは力を出せる状態に導かなくてはいけません。 アスリートのように運動慣れしている人は、早くに効果が引き出せますが、慢性痛などの不調で来られる人は、焦らずゆっくりと前進する気持ちでいけば大きな効果が得られます。 …

ピアニストは姿勢が命!?

実際の症例 姿勢 運動能力向上

ピアノを弾く時は姿勢が大切だそうです。 これは、私が施術したピアニストから聞いた事です。 私もピアノコンクールを鑑賞しに行ったことがあります(意外?)が、上手な人は姿勢が良いため、手先に重心が偏らなくて、指先が鍵盤から離れる時に糸が見えるようでした。 うちに来られた方がそんな感じでした! もちろん、私が施術したからではなく、本人が上手かっただけですが・・・。 逆に姿勢の悪い人は、指先で鍵盤をたたいている感じがしました。 職業柄、姿勢や動作に目が行ってしまいましたが、どんな事にも姿勢は関係するんだなとあらためて思いました。 ここでいうのも何ですが、ピアニストで姿勢が原因で上手く弾けない方は、一度、骨格矯正を試してみるのも良いのではないでしょうか? …

歌うまと姿勢の関係

実際の症例 肩こり・首コリ 姿勢

発声には姿勢が大切な事はボイストレーニングをされている方なら知っていると思います。 これは、ボイストレーニングに限った事ではありませんが、先日、姿勢が悪くて声が出ないから何とかしてほしいと言って来ました。 その人が言うには、歌の上手な人はみんな姿勢が良いそうです。 それを聞いて、そういえば知人のミュージシャンも首が悪いと声が出なくなると言っていたのを思い出しました。 首が悪くなる原因で多いのが姿勢によるものです。 背中を丸めていると、肩が内側に入り込んでしまい、大胸筋群が緊張して肋骨の動きが悪くなりますから、横隔膜の動きにも影響します。 また、顎を突き出す姿勢になれば、喉にも良くない事が想像できます。 そういった事を考えながら、調整方法を決めましたが、施術後は呼吸がしやすくなったと言っていましたので、緊張緩和で胸郭が広がったのでしょう。 そう考えると、思ってもいなかったあらたな分野に骨格矯正が役立つと思いました。 …

不調の改善に筋トレは必要?

実際の症例 関節痛 整体セミナー

不調の改善に筋トレは必要? 答えはYES! なのですが・・・筋トレをするには条件がいります。 第一が動ける事! 動けない場合は、どこまで動かせるかになります。 不調を長いあいだ放置してしまうと悪化してしまうため、痛みで動けなかったり、場合によっては他の疾患などで医師に運動を禁じられてしまう事もあります。 また、高齢者だと、筋力低下などで出来ない人もいます。 不調を改善しに来ている人のが多いのだから当然ですが・・・。 また、これから先は高齢化がますます進むので、みんなそうだと思うくらいで丁度いいかも知れません。 という事で、少しだけなら筋トレ可能な場合と、全く出来ない場合ではどう違うでしょう。 例えば、膝の痛みで、曲げ伸ばしが出来ない人に、筋トレをさせる場合は、膝を伸ばしたまま負荷をかけられます。 部位のみの筋トレであれば疼痛の出ない肢位で行えばいいのです。 問題は、殆ど出来ない、あるいは運動禁止とかの人です。 中には、全く力が出ない人もいますので、その場合は、筋トレという言葉は頭から削除した方がいいです。 動けない人は、日常動作も筋トレと同じなので、鍛えさせたい箇所に利くように誘導するだけでよいのです。 ここで大切なのが、勝手に動いてもらうと、痛みを庇って動こうとしますから、しっかり補助する必要があります。 しかし、筋トレは必ずやらなければいけないではありません。 ある程度の動作が可能になるまでは徒手療法などで、運動が出来る状態に導いてあげてからという事です。 …

触れる事すら出来ない痛みの正体 (筋筋膜性疼痛症)

実際の症例 背中の痛み 腰痛

学生の背中から腰部にかけての痛みです。 最初はただの腰痛と思っていたそうですが、数日が過ぎても回復の兆しがみえなく、痛みは強くなるばかりとの事。 当センターに来た時は寝返りが打てない程の痛みで、夜も眠れなくなっていたそうです。 痛みが強いために、様々な動作検査が陽性に出てしまう程でした。 また、触れるだけで痛がるために、施術どころか、力が抜けなくて筋緊張を高めてしまう恐れがあったので、病院での検査を勧めました。 こういった症状は過去にも経験していますが、おそらく筋筋膜性疼痛症ではないかと思います。 あくまでも推測ですが、運動部に所属している事から、筋肉痛が回復する前に、筋肉に負荷をかけていたのだと思います。 たんなる筋肉痛といえども、回復する前に負荷をかけると、血流障害が起こり、筋肉が拘縮して痛みが出続けてしまいます。 そして、痛みは一部位から周辺範囲に広がってしまいます。 実際に、彼女の腰痛は、腰だけでなく背中の上部にまで広がっていました。 激しい運動をしていないつもりでも、小さな負担が積み重なった所に冷えが加わったのだと思います。 筋筋膜性疼痛症は、椎間板ヘルニアや線維筋痛症と間違われる事があります。 万が一の悪化を避けるには、しっかり検査をした上で、異常がないとわかってから施術を受けるのがベターと思っています。 …

骨盤矯正にダイエット効果はあるのか?

実際の症例 姿勢 痩身

骨盤矯正で痩せますかという質問がありましたので、過去には以下の報告を受けています。 ①入らなかったジーンズが履けるようになった ②矯正後に体重が落ちた ③ポッコリお腹がへこんだ これは、本人が言ってきた事なので嘘ではないと思いますが、①と③は前かがみがちな姿勢が良くなったための変化だと思いますが、②の体重に関しては、一日で変わるとは言えないのでわかりません。 骨盤矯正というと、女性が産後にやるものとか、ダイエットのためにやるものと思われがちですが、そればかりではありません。 骨盤は、体の土台となる重要な部分です。 また、骨盤は歪まないという専門家もいますが、実際には仙腸関節で、3~5ミリ程の歪みが生じ、恥骨結合部では、2ミリ以下の歪みが生じる事がわかっています。 歪みの多くは仙腸関節の回旋です。 仙腸関節が回旋すると、反り腰になったり脚長差が生じたりします。 また、骨盤の歪みは股関節や腰椎と連動するので、体全体が歪んでしまいます。 今回のテーマである骨盤矯正に痩せる効果があるかというと❝あり❞です。 但し、あまり体を動かさない人は効果を感じないかも知れません。 骨盤矯正をしたから痩せるというよりも、骨盤の動きが良くなれば、運動で身体が連動するために、全身の脂肪燃焼効果が高まるからです。 動かない人は骨盤が硬くなりやすいために、代謝が良くならないのです。 例えば、学生時代は体育で最低限の運動を誰もがしますが、社会人になると、運動不足になりやすく、特に事務仕事などで座りっぱなしの人は骨盤周囲が硬くなり、脂肪が蓄積しやすくなります。 中年期から下半身だけが太りだした人も少なくないと思いますが、骨盤の動きが正常であれば、各関節との連動がしやすくなり、脂肪も蓄積しにくくなるのです。 これから、運動しながらダイエットに挑戦するなら、骨盤矯正で相乗効果が得られるはずです。 …

踵の痛み

実際の症例 足の痛み スポーツ障害

踵に痛みが現れる障害の1つに、シーバー病(踵骨骨端症)があります。 シーバー病は、スポーツをする10歳前後の男の子供に多い障害です。 主な症状には、踵の腫れや圧痛、体重をかけた時の踵の角の痛みがあります。 子どもの踵骨後方部には成長軟骨があり、その後方骨端部分は血行が少なくなっています。 踵骨端にはアキレス腱が付着しているので、運動などで繰り返してアキレス腱が引っぱられると、血流障害が起こして発症すると言われています。 つい最近の事ですが、当院に似たような症状で、2日にわたり、2名の小学生が来ました。 いずれも10歳前後の男の子でした。 ここは病院ではないので、診断は出来ませんが、施術を通して感じた事は、2人とも、アキレス腱が硬いという共通点があり、20度の傾斜のストレッチボードに立つと、二人ともまっすぐに立つ事が出来ませんでした。 アキレス腱が短縮した状態になると、踵骨と距骨間の遊びが消失してしまい、背屈制限が起こります。 また、アキレス腱が硬くなると、ハムストリングスも硬くなりやすく、前屈制限が起こります。 この場合、踵骨だけを見るのではなく、前屈制限がどこに起きているかが改善ポイントになります。 アキレス腱を柔軟性は、しゃがみ込み動作が、20度の背屈で可能とされていますので、それを目安にすると良いでしょう! …

仙腸関節炎

実際の症例 関節痛 身体の歪み

仙腸関節とは、仙骨と腸骨を結合する関節の事です。 骨盤は大きな関節なので歪まないと言われてますが、実際には僅かな歪みが生じる事がわかっています。 歪みの多くは回旋というズレが生じます。 例えば、脚組をする人であれば、上に乗せる側の腸骨が後方に歪みます。 後方にズレた側の足は、見た目上で短くなります。 脚長差が3cmくらいまでなら、ズレても問題ないというのを、書籍で読んだ事がありますが、脚長差が生じると、歩行時の足部の着地点が変わってしまったり、立位での重心のかかり方にも影響するので、体全体が歪みやすくなります。 また、仙腸関節のズレを放置する事で、仙腸関節に炎症が起きる事もあります。 強直性脊椎炎という原因不明の病気で、仙腸関節炎になる事もありますが、こういった特殊な例を除くと、大半は仙腸関節の遊びが回復すれば解消します。 実際に、仙腸関節の痛みで来られた方で、軸足側の関節と周辺組織が硬くなりすぎて、反対側の関節が緩んでズレてしまうケースもありました。 こういったケースだと、歪んだ側をいくら整えても、すぐに歪んでしまいます。 また、仙腸関節の不具合が、仙腸関節だけで起きるという事ではないので、どんな症状でも全身を整える事が大切です。 …

筋肉疲労による腰痛

実際の症例 腰痛 姿勢 スポーツ障害

上半身を支える腰には、常に負担がかかり続けています。 とくに、同じ動作を繰り返したり、前屈み姿勢の職業やスポーツをする人だと、腰にかかる負担はそれ以上になるので、疲労性の腰痛が起きやすくなります。 筋肉疲労が原因となる腰痛の症状は、筋肉の張り感や重怠くなったりする他、悪化して筋肉に炎症が起きてしまう事もあります。 整形外科では、レントゲンや動作検査で椎間板などに異常がなければ、ビタミン剤、痛み止め、湿布を処方します。 これらの薬で一時的に痛みが軽減する事はあっても、原因となる動作を繰り返せば、いずれ再発してしまいます。 疲労性腰痛の多くは、不良姿勢が関係している事も多いので、まずは姿勢に気を付ける事が大切です。 仕事であれば、机や椅子の高さを調整したり、スポーツ動作であればフォームの改善をしたり、使う部位への意識改革などが必要なのです。 また、自分自身で良かれと思っている、身体の使い方が、実は間違っているケースも少なくありません。 どんな仕事やスポーツでも、五体を動かす上で、体の構造上の動きは、誰もが共通しているのです。 構造上の動きに逆らって動けば、負担がかかります。 それらを認識して、動き方を変えてたり、物の配置や高さを変えるだけでも、筋肉にかかる負担は最小限に抑えられるのです。 …

肘の痛み

実際の症例 肩の痛み

実際の症例 60代男性 数か月前から、肘の痛みが徐々に強くなり来院した方の症例です。 症状は左肘腕橈関節付近の痛みでした。 何かをしたから痛みが生じたという記憶はないとの事でした。 肘に痛みが生じる原因で、心当りがないケースの多くは日常姿勢が原因です。 例えば、パソコン操作で肘を曲げたままの姿勢であったり、自身の腕を枕代わりにするなどです。 カウンセリングでは、常に腕枕をしている事がわかりました。 また、以前は右肘が痛んだむ事もあったらしく、原因は、ほぼ腕枕だろうと推測できました。 しかし、思い込みは判断を見誤る原因になるので、あくまでも選択肢の一つと考えるべきです。 肘関節の主な機能は屈曲伸展です。 痛みが親指側か小指側かで、アプローチの方法は異なりますが、基本的には腕尺関節の遊びを回復させる事です。 また、特に重要なのは回内回外の動きに左右差が生じていないかです。 これらを詳細に検査していくと問題が見えてきます。 しかし、肘の不具合が肘だけの問題とは限りません。 肩や手首の動きが悪くて、肘に負担がかかる事はよくあるからです。 痛みや違和感は、様々な要因が複雑にからみあって起こります。 それらの要因を、一つ一つ潰していく事で、本当の原因に辿り着くのです。 今回のケースは、推測通りのアプローチで変化が見えたので、同じ施術を複数回繰り返していけば効果が現れるでしょう! …

ページの先頭へ

Copyright © 2018 kokkakucare.com. All Rights Reserved.  WordPress Premium Plugin