「姿勢」の記事一覧

カラダのコップ

姿勢 身体の歪み 自律神経の乱れ

今日は偶然見た動画に感銘したと同時に考えさせられましたので紹介します。 参照元:イミシン Facebook 動画に流れる文章を読んだので全文は覚えていません。 ある精神科医がストレス管理の仕方をコップの水に例えたスピーチです。 彼女は水の入ったコップを手に持ち歩き始めました。 受講者の誰もが「もう半分しかない」「まだ半分ある」の質問を予想しました。 ところが、このコップはどのくらいの重さだと思いますか?と尋ねたのです。 さまざまな答えが飛び交いました。 重さは重要ではありません。 水の入ったコップをどれくらい持つかによって重さが変わってきます。 例えば、1分持っていても問題ありませんが、1時間持っていたなら腕が痛くなるでしょう。 1日持ち続けたら、腕が痺れて感覚も麻痺してきます。 コップの重さは変わりませんが、長く持てば持つほど、重く感じていくのです。 ストレスや心配事も、このコップの水に似ています。 抱えているのが少しの間であれば何も起こりません。 もう少し長い間抱えていると、そのことに痛みを感じてきます。 四六時中抱えていれば、やがて人は無力感に襲われ、何もやる気が起こらなくなります。 コップを下に置くのを忘れないでください。 身体が受けるストレスも全く同じです。 身体が歪んで姿勢が崩れてしまうと、過度な筋緊張が起こり、痛みや違和感に繋がります。 長期に負担が蓄積すれば、それが慢性になり、頭から離れなくなり、痛みに敏感になり心にも影響してしまいます。 身体のコップも下に置いて下さい。 …

知らずにやっている不良姿勢!

腰痛 股関節痛 膝痛 姿勢 身体の歪み

誰でも知らないうちにやっている、やり続けるといけない姿勢があります。 長時間にわたる姿勢が原因で起きる、体の不調は数え切れないほどあります。 腰痛や肩こりはもちろん、肘や膝他、あらゆるところに不調が現れます。また、見た目の悪さにもつながるため、気づいた時には改善困難なんてこともあるのです。 以下に不良姿勢をいくつか挙げてみますので、心当りがある方は早急に改善に取り組んでいきましょう。 ①ペシャンコ座り これは両足をM字にお尻を床に付ける座り方で女性に多い不良姿勢です。 股関節が内旋するため、内股O脚になったり、股関節痛に繋がる事もあります。 ②横座り 両足をどちらか一方に放り出して座る姿勢ですが、腰仙関節の歪みに繋がり、女性では腰痛の原因として多いものです。 これとよく似た姿勢は男性にも多い、ソファーや自動車のアームレストにもたれかかる姿勢です。 腰の左右のいずれかに痛みが出ますが、検査で原因不明の腰痛はこれが原因という事もあります。 ③ゲームやスマホ姿勢 ここ数年で急激に普及したスマホを見る下向き姿勢ですが、スマホ首と言われる通称まで出てきました。 ストレートネックがまっすぐ歪むのに対して、スマホ首は通常と逆の弯曲になります。 首痛の原因として、早急に対処していかなければいけない不良姿勢です。 ④猫背 不良姿勢の代表といえば猫背ですが、これは若い時からの癖でなる事が多く、成人してからなるケースは少ないです。 これとよく似た姿勢で、円背がありますが、両者の違いは、背筋を伸ばして伸びれば猫背、背筋を伸ばしても伸びないのが円背です。 円背は脊椎が骨粗しょう症などで潰れて丸まるため、背筋を伸ばしても伸びません。 猫背と同一にされる事がありますが、円背に背筋を伸ばす矯正は危険なので注意が必要なのです。 ⑤寝転んでテレビを見る姿勢 肩肘を立てて横向きでテレビを見る姿勢は、頚椎や胸椎の歪みを誘発して脇腹の筋緊張を高めて、首や肩の痛みの原因になる姿勢です。 ⑥ショルダーバッグ いつも同じ側にバッグを担ぐ姿勢は、肩関節が上がり、肩甲骨の高さに相違が出て肩こりの原因にもなります。 ⑦イスに浅く座る 背もたれに寄りかかりながらイスに浅く座ると、腰椎が丸まってしまい、腰痛の原因となるので、正しい姿勢で座るようにすべきです。 ⑧草むしり 高齢者に多いのが草むしりですが、一定時間しゃがんだままでいると、腰の筋肉が伸びたまま硬くなり、膝や股関節も屈曲した状態で硬くなります。 立ち上がり時には硬直したままのびないので足腰に痛みが生じやすくなるので、膝痛や腰痛持ちの人は注意が必要です。 日常では知らないうちにやってしまう不良姿勢が沢山あります。 これらの姿勢が、改善を遅らせたり、再発の原因になるのですが、正しい知識をもち、普段から正しい姿勢を心掛けていれば改善は難しくはないのです。 …

ピアニストは姿勢が命!?

実際の症例 姿勢 運動能力向上

ピアノを弾く時は姿勢が大切だそうです。 これは、私が施術したピアニストから聞いた事です。 私もピアノコンクールを鑑賞しに行ったことがあります(意外?)が、上手な人は姿勢が良いため、手先に重心が偏らなくて、指先が鍵盤から離れる時に糸が見えるようでした。 うちに来られた方がそんな感じでした! もちろん、私が施術したからではなく、本人が上手かっただけですが・・・。 逆に姿勢の悪い人は、指先で鍵盤をたたいている感じがしました。 職業柄、姿勢や動作に目が行ってしまいましたが、どんな事にも姿勢は関係するんだなとあらためて思いました。 ここでいうのも何ですが、ピアニストで姿勢が原因で上手く弾けない方は、一度、骨格矯正を試してみるのも良いのではないでしょうか? …

歌うまと姿勢の関係

実際の症例 肩こり・首コリ 姿勢

発声には姿勢が大切な事はボイストレーニングをされている方なら知っていると思います。 これは、ボイストレーニングに限った事ではありませんが、先日、姿勢が悪くて声が出ないから何とかしてほしいと言って来ました。 その人が言うには、歌の上手な人はみんな姿勢が良いそうです。 それを聞いて、そういえば知人のミュージシャンも首が悪いと声が出なくなると言っていたのを思い出しました。 首が悪くなる原因で多いのが姿勢によるものです。 背中を丸めていると、肩が内側に入り込んでしまい、大胸筋群が緊張して肋骨の動きが悪くなりますから、横隔膜の動きにも影響します。 また、顎を突き出す姿勢になれば、喉にも良くない事が想像できます。 そういった事を考えながら、調整方法を決めましたが、施術後は呼吸がしやすくなったと言っていましたので、緊張緩和で胸郭が広がったのでしょう。 そう考えると、思ってもいなかったあらたな分野に骨格矯正が役立つと思いました。 …

枕が合わないのは関節の硬さが原因

頭痛 首痛 肩こり・首コリ 姿勢

夜寝付けなかったり、目覚めが悪くて疲れが取れない、朝起きると頭が重く感じたり首が痛い・・・・。 もしかすると枕が合わないのでは。 これらの症状で枕をオーダーする人も少なくないと思います。 オーダー枕は、頭や肩のラインがピッタリするように作るので、首や肩の負担が軽減する事で知られています。 しかし、せっかくオーダーしても、良いのは‟最初だけ”という話を聞く事があります。 これは、枕が合わないのか? 枕の使い方を間違っているのか? オーダーした時と今では姿勢が変わってしまったのか? このいずれかが考えられます。 頚椎には緩やかなカーブがあるので、寝姿勢では身体よりも頭が高くなります。 その時、頭部と胸椎の間に隙間が空くと、ブリッジのようになって首に負担がかかります。 この負担をなくすには、首にも枕が当たるようにしてみる事です。 また、寝具の硬さにも注意が必要です。 せっかく、枕の高さを最適にしても、寝具が柔らかすぎて、身体が沈み込んでしまえば、枕の高さは合わなくなります。 それらを試して改善しなければ、姿勢変化を疑ってみます。 寝ている時は姿勢は関係ないと思われている方もいますが、寝ていても筋緊張は起こります。 立位も座位も臥位も、接地面の広さの違いがあるだけで、大なり小なり筋緊張が起きるのです。 例えば、枕をオーダーして、最初は良かったけどというケースの場合でいうと、最初は筋緊張する箇所が変わったために楽になったと感じる事があります。 時間と共に、違う箇所が緊張するようになれば、やっぱり合わないと思うようになるのです。 これは、関節機能障害ともよく似ています。 似ているというよりも、直接的な原因だと思います。 首が硬い状態のまま枕をオーダーすれば、当然ですが悪い状態に合わせた枕です。 機能障害を取り除いて、柔軟な首で合わせれば、沈み方が違うため、高さも、良い状態に合わせられるのではないでしょうか? これから、枕をオーダーしたいと考えている方。 高いお金を出す前に、一度、関節機能障害を取り除いてからのが良いかも知れません! …

上を向いた時の首の痛み

首痛 肩こり・首コリ 姿勢

読書やスマホを見る時など、下を向いて頭を前に突き出す姿勢をしている人が急増しています。 頭部の重さは、平均6キロもあるので、それを支える首には、かなりの負担がかかってしまいます。 首周囲の筋肉は細くて、重さに対しては弱いために、筋緊張が起きて拘縮しやすい特徴があるのです。 頭を突き出す姿勢になると、首だけでなく、背中も丸まるため、肩が巻き込むように入り込んでしまいます。 この姿勢によって、頚椎上部にあたる、頭半棘筋周囲に拘縮が起こります。 肩が入り込むと、首の後屈動作が制限されてしまい、さらに頚椎上部の拘縮によって、上を向いた時に、瞬間的な痛みが現れたりします。 頚椎上部の拘縮は、頭痛に繋がる事も多いため、逆の見方をすると、頭痛持ちの人には、こういった姿勢の人が多いともいえるのです。 改善には頚椎上部の弾力を回復させる他、第一肋骨、胸椎、鎖骨、胸郭などの調整が必要です。 これらの関連部位なくして、部分的な施術は、効果も限定的になってしまうからです。 …

不調の三大要因とは?

関節痛 姿勢 身体の歪み

体の痛みで医療機関で検査をして、原因が見つかるのは全体からすると僅かでしかありません。 これは、原因がないのではなく、見つけられなかったからです。 原因の見つからない痛みの多くは、様々な要因がかさなって起こります。 そして、その大半は、患部以外の不具合が原因になる事のが多いでしょう。 私の経験では、不具合のある人に共通するのは、あまり水分を摂取しない事です。 水分が不足すると、筋の働きが悪くなるために、関節の動きに影響するのです。 また、水分不足だけでなく、睡眠不足や栄養不足が重なれば、さらに悪化してしまいます。 これらをまとめると、不調に繋がる要素は大きく分けて三つあります。 ①水分不足 ②姿勢 ③睡眠不足 もちろん、これ以外にも精神、栄養、運動不足等の様々な要因がありますが、最低限で、この三つが当てはまる人は注意してほしいと思います。 …

骨盤矯正にダイエット効果はあるのか?

実際の症例 姿勢 痩身

骨盤矯正で痩せますかという質問がありましたので、過去には以下の報告を受けています。 ①入らなかったジーンズが履けるようになった ②矯正後に体重が落ちた ③ポッコリお腹がへこんだ これは、本人が言ってきた事なので嘘ではないと思いますが、①と③は前かがみがちな姿勢が良くなったための変化だと思いますが、②の体重に関しては、一日で変わるとは言えないのでわかりません。 骨盤矯正というと、女性が産後にやるものとか、ダイエットのためにやるものと思われがちですが、そればかりではありません。 骨盤は、体の土台となる重要な部分です。 また、骨盤は歪まないという専門家もいますが、実際には仙腸関節で、3~5ミリ程の歪みが生じ、恥骨結合部では、2ミリ以下の歪みが生じる事がわかっています。 歪みの多くは仙腸関節の回旋です。 仙腸関節が回旋すると、反り腰になったり脚長差が生じたりします。 また、骨盤の歪みは股関節や腰椎と連動するので、体全体が歪んでしまいます。 今回のテーマである骨盤矯正に痩せる効果があるかというと❝あり❞です。 但し、あまり体を動かさない人は効果を感じないかも知れません。 骨盤矯正をしたから痩せるというよりも、骨盤の動きが良くなれば、運動で身体が連動するために、全身の脂肪燃焼効果が高まるからです。 動かない人は骨盤が硬くなりやすいために、代謝が良くならないのです。 例えば、学生時代は体育で最低限の運動を誰もがしますが、社会人になると、運動不足になりやすく、特に事務仕事などで座りっぱなしの人は骨盤周囲が硬くなり、脂肪が蓄積しやすくなります。 中年期から下半身だけが太りだした人も少なくないと思いますが、骨盤の動きが正常であれば、各関節との連動がしやすくなり、脂肪も蓄積しにくくなるのです。 これから、運動しながらダイエットに挑戦するなら、骨盤矯正で相乗効果が得られるはずです。 …

背中が丸くなる猫背と円背の違い

首痛 腰痛 姿勢

楽だから、背中を丸めた姿勢をしていると、気づかない間には猫背になてしまいます。 猫背の姿勢を取り続けると、脊柱起立筋が伸びて、肩が内側に巻き込んでしまいます。 肩が巻き込むと、鎖骨や周辺組織の動きが悪くなるため、大胸筋や僧帽筋が硬くなり、体を後ろに反らす動作が制限されてしまいます。 そこで起こり得る症状は、首や腰を反らしての痛みや、上腕部の痛みが出る事もあります。 首や腰を反らすと痛みが現れる疾患の1つに、脊柱管狭窄症がありますが、その大半の人が、肩が巻き込んでいます。 脊柱管狭窄症も、何かのきっかけで発症するので、猫背が発症の原因になる事も考えられるのです。 例えば、首を左右に回旋してみて下さい。 右に向きづらければ左の鎖骨が下がっている事が考えられます。 鎖骨をそのままに首を動かしていれば、痛みの出る方向には過度な負担がかかり続ける事になるのです。 肩の巻き込みを修正するには、大胸筋群のストレッチや鎖骨、上腕関節のモビライゼーションだけでなく、脊椎の動きを正常にしたうえで、起立筋群の筋力低下を改善しなければいけません。 これらは一朝一夕で出来る事ではなく、年齢を重ねるほどに困難になってしまいます。 また、同じ背中が丸くなるものでも、高齢者に多い円背というのがあります。 呼び名の違いだけで扱われる事もありますが、背筋を伸ばして伸びるものは猫背で、骨粗しょう症などの圧迫骨折で変形を伴っているものが円背です。 これらを、同じように改善する事は出来ません。 円背は構造上の変形が伴っているからです。 しかし、痛みを伴うものであれば、筋肉や関節の弾力不足を解消すれば楽になるでしょう。 …

あなたの身体は傾いていませんか?

姿勢 身体の歪み

建物が三度傾いてしまうと、人は住めなくなるそうです。 家が傾いて、床が歪むと平衡感覚が狂ってしまうために、三半規管の弱い人は、気分が悪くなったり、めまいや原因不明の健康被害が現れます。 建物であれば、その場所から離れた時は問題ないかも知れませんが、身体そのものが傾いてしまうと、どこにでも不調がついてきます。 身体が傾く? これは、体の歪みの事です! 建物と違って、人は重力に対して、体が傾かないようにバランスを保持しようとします。 バランス保持は、誰でもやっている事ですが、ここで問題なのは、歪んだ状態で保持する事です。 例えば、側屈動作をしたら、元に戻らないとします。 戻らなければ、背骨は側弯した状態で起き上がろうとします。 起き上がった状態で抗重力筋が使われますが、側弯した状態での、バランス保持は、必要のない箇所に負担をかける事になります。 この負担が、過度な筋緊張や神経の圧迫等に繋がるわけです。 建物でいう住んでいられない状態になる前に、歪みは定期的にリセットするべきなのです。 …

ページの先頭へ

Copyright © 2018 kokkakucare.com. All Rights Reserved.  WordPress Premium Plugin