楽だから、背中を丸めた姿勢をしていると、気づかない間には猫背になてしまいます。


猫背の姿勢を取り続けると、脊柱起立筋が伸びて、肩が内側に巻き込んでしまいます。


肩が巻き込むと、鎖骨や周辺組織の動きが悪くなるため、大胸筋や僧帽筋が硬くなり、体を後ろに反らす動作が制限されてしまいます。


そこで起こり得る症状は、首や腰を反らしての痛みや、上腕部の痛みが出る事もあります。


首や腰を反らすと痛みが現れる疾患の1つに、脊柱管狭窄症がありますが、その大半の人が、肩が巻き込んでいます。


脊柱管狭窄症も、何かのきっかけで発症するので、猫背が発症の原因になる事も考えられるのです。


例えば、首を左右に回旋してみて下さい。


右に向きづらければ左の鎖骨が下がっている事が考えられます。


鎖骨をそのままに首を動かしていれば、痛みの出る方向には過度な負担がかかり続ける事になるのです。


肩の巻き込みを修正するには、大胸筋群のストレッチや鎖骨、上腕関節のモビライゼーションだけでなく、脊椎の動きを正常にしたうえで、起立筋群の筋力低下を改善しなければいけません。


これらは一朝一夕で出来る事ではなく、年齢を重ねるほどに困難になってしまいます。


また、同じ背中が丸くなるものでも、高齢者に多い円背というのがあります。


呼び名の違いだけで扱われる事もありますが、背筋を伸ばして伸びるものは猫背で、骨粗しょう症などの圧迫骨折で変形を伴っているものが円背です。


これらを、同じように改善する事は出来ません。


円背は構造上の変形が伴っているからです。


しかし、痛みを伴うものであれば、筋肉や関節の弾力不足を解消すれば楽になるでしょう。