夜寝付けなかったり、目覚めが悪くて疲れが取れない、朝起きると頭が重く感じたり首が痛い・・・・。


もしかすると枕が合わないのでは。


これらの症状で枕をオーダーする人も少なくないと思います。 オーダー枕は、頭や肩のラインがピッタリするように作るので、首や肩の負担が軽減する事で知られています。


しかし、せっかくオーダーしても、良いのは‟最初だけ”という話を聞く事があります。


これは、枕が合わないのか?


枕の使い方を間違っているのか?


オーダーした時と今では姿勢が変わってしまったのか?


このいずれかが考えられます。


頚椎には緩やかなカーブがあるので、寝姿勢では身体よりも頭が高くなります。


その時、頭部と胸椎の間に隙間が空くと、ブリッジのようになって首に負担がかかります。


この負担をなくすには、首にも枕が当たるようにしてみる事です。


また、寝具の硬さにも注意が必要です。


せっかく、枕の高さを最適にしても、寝具が柔らかすぎて、身体が沈み込んでしまえば、枕の高さは合わなくなります。


それらを試して改善しなければ、姿勢変化を疑ってみます。


寝ている時は姿勢は関係ないと思われている方もいますが、寝ていても筋緊張は起こります。


立位も座位も臥位も、接地面の広さの違いがあるだけで、大なり小なり筋緊張が起きるのです。


例えば、枕をオーダーして、最初は良かったけどというケースの場合でいうと、最初は筋緊張する箇所が変わったために楽になったと感じる事があります。


時間と共に、違う箇所が緊張するようになれば、やっぱり合わないと思うようになるのです。


これは、関節機能障害ともよく似ています。


似ているというよりも、直接的な原因だと思います。


首が硬い状態のまま枕をオーダーすれば、当然ですが悪い状態に合わせた枕です。


機能障害を取り除いて、柔軟な首で合わせれば、沈み方が違うため、高さも、良い状態に合わせられるのではないでしょうか?


これから、枕をオーダーしたいと考えている方。


高いお金を出す前に、一度、関節機能障害を取り除いてからのが良いかも知れません!