背筋の丸まった姿勢の人が、同時に起こるのが、内巻きの肩です。

内巻き肩が単独で起こる人もいなくはないですが、大半は背中を丸める事とセットで起こります。

椅子に腰かけて、上体の力を抜いてみて下さい。 背中が丸まり、両肩と顎が突き出て、首が反るはずです。

真上から見ると、両方の肩が前に出てU字型になっている事もわかります。この姿勢は、大胸筋の柔軟性を低下させる他、頚椎過伸展による、頚部屈筋の筋力低下が起こります。

症状としては、背中や首の痛み、手のしびれが起きやすくなります。

肩の内巻きを悪化させるのは、横向きでの寝る姿勢です。横向きに寝ると、下になる側の肩が前方に入ります。 同時に肩甲骨周囲の血行不良が起こるために、手のしびれに繋がるのです。

症状が酷くなると、一時的に手の感覚が麻痺したケースもあります。

時々、どういった寝方が良いかを聞かれる事がありますが、寝る姿勢には、背臥位(仰向け)、側臥位(横向き)、腹臥位(うつ伏せ)とあります。

症状が何もないなら、背臥位で首が過剰に過伸展しない枕を使う事を勧めていますが、腰痛がある方は、筋緊張の少ない寝姿勢を選ぶ事も必要です。

話は戻りますが、内巻き肩の修正方法は、猫背と共通ですが、それだけで良いと決めつけずに、全身の関節の動きを見て、それ以外にも関連しそうな要因があれば、少しずつ解決していきます。