ストレートネックという名前を聞いた事があると思いますが、ここ数年の間にスマートフォンの普及によって、スマホ首という通称が出てきました。

どちらも病名ではありませんが、この通称が出るまでは、ストレートネックとスマホ首を同一のものとしていた方も少なくありません。

しかし、この二つは頚椎の歪み方が異なります。

ストレートネックはまっすぐ歪みますが、スマホ首は首の弯曲が逆になり、首猫背の状態になってしまうものです。


スマホ首が出たころは、十代の若者に急増していましたが、最近は中高年者たちにも増えてきました。

このままいけば、今後も増え続ける事は間違いないと思います。

背骨には、頚椎、胸椎、腰椎とあります。

その中でも、頚椎は他の椎骨より細く柔軟性がありますが、そのぶん弱い部位になります。

頭部の重さは、平均すると6キロありますが、その頭を乗せているのです。


頭部がバランスよく保たれていれば、負担は少なくて済みますが、バランスが崩れた状態で乗っていれば、それを支える筋群には過度な筋緊張が起こります。

それが影響して、その下の胸椎にも連鎖して、動きが悪くなります。


ストレートネックもスマホ首も、頚椎の弾力が失われてしまうので、改善するには関節の遊びを回復させなければいけないのです。

また、日常では下向き姿勢にならない様に注意する事の他、高い枕の使用を控える事も必要です。