暑い夏が終わったと思ったら、いきなり冬のような寒さになってしまいました。

夏の疲れがいまだに取れない人も多いと思います。

特に、仕事に追われて、ゆっくりする時間もなく頑張っている人は、肩や首に力が入り過ぎてしまいます。

肩首の緊張は、それだけで留まっているうちは、まだいいのですが、無理をすると、頭にも力が入るため、頭皮が硬くなります。

頭皮が硬くなると、首の動きが悪くなったり、頭痛や全身の筋緊張にも繋がります。

また、首肩頭の血行不良と寒さが重なると、重大な病気を発症する事もあります。

これらを解消するのに、もっとも効果的なのが運動リズムを回復です。

人の体は、部分的に動いているわけではないので、全身が協力して動く事で、負担が減るのです。

夏の疲れを残したままでいると、症状を悪化させるだけでなく、不調の連鎖へと繋がりますので、早めにケアをしていきましょう。