脱水症になるのは夏だけと思われている方がいますが、冬から春先にかけての隠れ脱水症にも注意が必要です。 

冬は、夏みたいに汗をかかないので、積極的に水分を摂らなくなる傾向があります。 
また、夜中のトイレが近くなるという理由で摂取量を減らす人もいますが、人の体は、体重の2%の水分が不足すると脱水症になります。

体内から水分が不足すると、筋の収縮が悪くなるため、ギックリ腰や寝違えを発症するリスクが高まる他、頭痛や肩こりなども酷くなる事があります。 
また、進行して血液がドロドロになると、心筋梗塞や脳梗塞などの危険性も増える事になるのです。

空気の乾燥する季節は、体内も脱水しやすいのです。

水分の取り過ぎは悪影響良ですが、必要十分なだけの水分補給は忘れないようにしましょう。