仰向けで寝れない腰痛!

それは腰の反り過ぎが原因かも知れません!

仰向けで寝ると、腰が痛くなる原因の一つとして、腸骨の伸展が妨げられている事が考えられます。

例えば、事務仕事などで長時間座りっぱなしの人は、股関節が屈曲したままなので、大腰筋(※骨盤前面から太腿をまたぐ筋肉)の筋拘縮が起きやすくなります。

大腰筋が筋拘縮すると、骨盤が前傾して、背骨の弯曲が大きくなるため、腰が過剰に反ってしまうのです。

これはハイヒールを履く人にも多くみられます。
ハイヒールを履いた時の姿勢は、つま先立ち姿勢なので、膝や股関節が屈曲した状態になりやすいからです。

腰が過剰に反ると、仰向けで寝た時に腰が浮いてしまうために、腰への負担が大きくなりす。
そして、反り腰の影響は、頚椎にも現れます

寝起きに腰痛や頭痛がある時は、これらの原因を疑ってみる事も、早期改善への近道かも知れません。 気になる方は、早めにご相談して下さい。