予防は治療に勝るという、ことわざがあります。

病気になってから、治療をするのではなく、なる前の予防が大切と言う事です。

これは、傷口は浅いうちに手を打てば広がらずに済むという例えですが、実際には予防だけでなく、流れを変えていかなければいけないのです。

予防という意味では、骨格の歪みも例外ではありません。

定期的にケアしている人は、過度な歪みにならないため、軟骨の片減りを防ぎ、不良姿勢や慢性痛になりにくくなります。

また、近年は、気候変化が激しいため、普段通りの日常をおくっていても、コンデションの維持が難しくなっています。

昨日まで何でもなかったのに、目が覚めると首肩の凝りで一日中、頭痛が続いたという話もよく聞きます。

こういった症状は、気候だけの問題ではなく、普段から患部に負担のかかる動き方を繰り返ししてきた事が原因となります。
不調が起きるまでの過程には、負のループに繋がる、日常での体の使い方があります。

例えば、腰痛を例にした場合、整体で痛みが消えたとしても、今まで通りの身体の使い方をしていれば、いずれは再発してしまいます。

身体の使い方を変えずに、痛くなった時だけ直してもらえばいいと考える方も少なくないですが、再発を繰り返していると、ダメージが蓄積していくので、徐々に改善しにくい身体になってしまうのです。

以前は、同じ症状が一回で良くなったのに、今回はなかなか良くならない、そういった経験をしている人は、負のループを断ち切る事が重要なのです。