体の痛みで訪れる方の大半は関節や筋肉が硬くなっていますが、その多くの人は水分摂取量が不足しています。

水分摂取量が足りないと、血液が不足して、血流が悪くなり、老廃物が排泄しにくくなり“こり”の原因になる他、体内から電解質が失われます。

電解質が失われると、神経や筋肉に影響が出て、“足がつったり、しびれや脱力感”が現れる事があります。

人間の体の60%は水分ですが、その多くは筋肉に蓄えられます。筋肉に蓄えられた水分が不足すれば、関節と筋肉の弾力も低下するのです。

例えば、“ぎっくり腰や寝違い”は、大半が筋膜の損傷です。 これらは患部にかかり続けた“負担の蓄積”が主な原因なのですが、脱水症が重なると、関節や筋肉の弾力低下が起きるために、発症しやすくなる事が考えられます。

ギックリ腰、寝違いが多い季節が、“夏と冬に集中”しているのも、それを物語っている気がします。

この事から、脱水症を伴う症状の場合は、こまめな水分補給をしていただく事を前提に、施術をしていかないと、改善には時間がかかります。

一日に必要な水分量は、体重の30分の1です。 成人なら、少なくても1日1.5リットル以上が必要でしょう。

飲み慣れていない人には、大変な量かも知れませんが、いつでも飲める所に置き、目に付いたら飲むようにすると、少しずつ飲めるようになります。

また、お茶、コーヒーは、体には良いといわれていますが、カフェインの影響で利尿作用があるので、脱水ぎみの人は控えるべきです。