両足を揃えた状態で両膝の間隔が指2本以上あり、膝が内反している事をO脚といいます。また、片足は正常で、片方の足だけが内反する事もあります。

O脚によるアライメント不良があると、膝関節の内側が圧迫されて、反対に外側靭帯が引っ張られます。その状態で、膝の屈伸動作を繰り返していると、関連する筋に過剰な負担がかかります。

スポーツ活動をしている方で、膝痛に悩まされている人には、内反膝が多い気がします。その原因の一つは、外側の筋力が内側より強くなり過ぎている事が考えられます。

また、女性に一時期、流行した内股立ちも、内反膝の原因です。

O脚が進行すると、膝の軟骨が片減りするため、やがては変形してしまいます。 O脚で手術をする例は少ないですが、ないわけではありません。

変形で痛みが続く場合は、高位脛骨骨切術という手術をする事もあるのです。

片足立ちになって、内反が強く出る場合は、変形性膝関節症の疑いがあります。

改善には関節の引っかかりを取除いて、筋力左右差の調整をします。 また、施術だけでは頻度的も不足するため、自宅で出来るエクササイズや歩行動作も変える必要があります。

これは、短期での改善は難しいので、1年がかりで根気よく修正する事になります。