運動器とは、体を動かす事に関係する、筋肉、腱、骨、関節、靭帯、神経などの器官の名称です。

平成28年度から、文部科学省の省令改正で、内科検診、側弯症検診の他に運動器検診が加わりました。

現代の子供達は、しゃがめない片脚立ちが5秒以上出来ない骨折スポーツ障害などが増えています。 こういった異変に、子供や親が気づかない事が多いのです。

運動器の障害は、構造的なものと機能的なものに分けられます。

レントゲン検査などで、骨折や変形などの構造的異常が見つかれば、医師の治療が必要ですが、異常が見つからないのに、腕が上がらない、痛みがある場合は機能的な問題になります。

こういった機能障害は、自然回復は、あまり期待できないので、二次障害に繋がる前に対処するべきです。