人の体は成長とともに、機能分化が進むために『左右非対称』になっていきます。

これは、誰一人、例外ではなく、生活習慣の違いで個人差があるだけなのです。

人類の大半が右利きですが『右利きは左足荷重』になります。 
左足荷重に靴の締め付けが加わる、左足関節は右足よりも硬くなりやすいわけです。
足関節は車でいえば『サスペンションの役目』をしています。

足関節が硬ければ、サスペンションの利かない車でデコボコ道を走るのと同じで、体にかかる負担もかなりのものです。

人は重力に対して、抗重力筋を働かせてバランスをとっていますが、足関節の硬さは、重心移動の妨げとなり、過度な筋緊張に繋がります。

そこに『疲労やストレス』などが加われば『極度な緊張状態』になるので、放置したままでいると、歪みや捻じれが強くなり、至る所に痛みが出やすくなります。

逆に、足関節の動きが正常になるだけで『腰痛、肩こり、顎関節痛』などが緩和した人もいるくらいです。
もちろん、足関節だけをケアするより、全身のバランスを整えた方が効率よく不調を解消出来るのは言うまでもありません。