足底腱膜炎とは、足裏の筋膜に炎症が起きて痛みを発症する病気で、足底筋膜炎とも言います。


足には縦のアーチが二つと、横のアーチが一つあり、この形状を張るようにして支えているのが筋膜です。


この筋膜は丈夫には出来てますが、加齢による劣化やランニングなどによる過剰な使い過ぎが、発症の原因となる事があります。


また、この症状は、偏平足の人にも多くいます。


偏平足の人は、足関節が背屈ぎみに歪んでいるため、アーチが潰れて足底筋膜が伸ばされた状態になります。


その状態で、繰り返しの負荷がかかる事で、炎症や、僅かな断裂が起こります。


予防として、運動量を減らしたり、靴のクッション性を高めるのが一般的ですが、これでは十分とは言えません。


仮に、原因が足部のアーチとしても、地面の衝撃を吸収しているのは、足のアーチばかりではないからです。


骨盤や膝、股関節も衝撃吸収の役目にはかかせないものだし、脊椎も同様です。


個人的な印象としては、足底腱膜炎を発症している人の多くに、背中の張りがみられ、脊椎の硬さも目立ちます。


体幹の動きは四肢関節に影響するため、さらに負担を増やしていると考えられます。


これらの事から、部分的なところだけを改善しても、結果は限定的になってしまうのです。