人間の体には、衝撃を吸収する機能が備わっています。
背骨のS字カーブや足のアーチの他、膝や股関節の屈伸を支える筋肉など。

しかし、こういった機能も常に正常に働いているわけではありません。
人は誰も避けて通る事の出来ない事があります


それは老化です!


老化なんて、まだまだ先の話と思っている人は要注意です。
何故なら、頚椎は20代から老化が始まるからです。

また、高齢でなくても、お産で骨密度が減少したり、何かしらの要因で椎間板の含水量が減少すれば、少しずつ筋力低下が起きていくため、椎骨の耐久性は低下するのです。

筋力低下で体を支える支持性が失われた場合、姿勢が崩れて身体が歪むため、関節の片減りに繋がる事もあります。 それと同時に、関節の機能が妨げられ、体に備わるS字カーブや足のアーチなどが充分に機能しなくなるのです。

こういった機能低下を防ぐために、関節の遊びを回復させる事が重要となのです。