脊椎は、体の側面から見ると前後にカーブしているが、これは生理的彎曲という正常な状態である。 正常な状態であれば正面あるいは背面から見ると脊椎はまっすぐに伸びている。しかし、横方向に彎曲したり、脊椎がねじれている場合があり、これらを脊椎側彎症または側彎症と呼ぶ。
脊椎がねじれながら横に彎曲する側彎症、後方に凸に曲がる後彎、側彎と後彎が合併した後側彎症の3つに分けられる。
痛みを伴うことは稀なため初期における発見は難しく、ある程度成長してしまってから気がつく場合が多い。
肩やウェストの高さが左右で違うなどの外見上の問題の他、高度の彎曲になると、腰背部痛に加え胸の圧迫と変形による呼吸器障害・循環器障害など内臓にも影響を及ぼし、皮下脂肪型肥満の女児にも発生する。 日本では、乳幼児や学校の健康診断で脊柱検査が行われており、昭和55年年頃よりモアレ検査による検診が普及し、早期発見が可能になった。【ウィキペディアフリー百科事典より抜粋】


❝側弯症で曲がった骨は、いったん進行すると元には戻らないと医学書には書いてあります。 
私も、側弯症の手術動画で見た事がありますが、ほんとうに大変な手術です。
成長途中の子供が手術をすると、背骨に取付ける金属棒のサイズが合わなくなり、手術をやり直さなければいけないからです。

側弯症には、4つのタイプがありますが、一般的なのは、突発性側弯症といって全体の80%程がこれです。 これは主に小中学生の女子に多いという特徴があるので、急激に背が伸びる時期は、子供の左右の肩の高さや骨盤の高さを注意してみておく事も必要です。 


~~~~~~~本題はここからです~~~~~~~


側弯症は改善するかですが、過去の症例で紹介します。 小中学生でモアレ検査に引っかかり、来院した子供が数名いましたが、再検査の前に施術をしたら大丈夫だったという報告を受けています。 恐らくですが、それは機能性側弯症といって、一時的に生じた体の歪みで、脊椎には異常がなかったのだと思います。
筋力左右差などによる体の歪みであれば、改善の見込みは十分あります。 

成人してから側弯が見つかった方のケースは、背中、仙骨、足関節、手首の痛みで来院しました。 側弯症もかなり進行しているのですが、それに自然な歪みが加わって症状を悪化させているようでした。

週1回の間隔で施術を行い、3回目には仙骨の痛みは気にならないレベルに回復しましたが、それ以外は緩和にとどまっています。 施術前後の歪みを写真で比較すると、術後は背筋が伸びて側弯の仕方も緩くなっている事が確認できます。

これは、側弯症ではありませんが、腰痛で整形外科に受診した主婦の方が、医師に腰椎が歪んでると言われたそうです。 その人は、テレビCMで有名なライ〇○○に通いたかったのですが、医師に、歪みが酷いから筋トレなんてやると大変な事になるから禁止といわれたそうです。

しかし、どうしても諦めきれなくて、施術を受けに来たのですが、施術直後に整形外科に行ってレントゲンを撮りなおしてもらったそうです。 そしたら、これなら大丈夫といわれて、無事にライ〇〇〇に入会できました。 そして、20キロ近い減量に成功して、見違えるほど美しくなられました。

この事から、ハッキリいえる事は側弯症が改善するかは不明でも、症状の緩和と自然な歪みは改善するという事です!