仙腸関節とは、仙骨と腸骨を結合する関節の事です。

骨盤は大きな関節なので歪まないと言われてますが、実際には僅かな歪みが生じる事がわかっています。

歪みの多くは回旋というズレが生じます。


例えば、脚組をする人であれば、上に乗せる側の腸骨が後方に歪みます。

後方にズレた側の足は、見た目上で短くなります。

脚長差が3cmくらいまでなら、ズレても問題ないというのを、書籍で読んだ事がありますが、脚長差が生じると、歩行時の足部の着地点が変わってしまったり、立位での重心のかかり方にも影響するので、体全体が歪みやすくなります。


また、仙腸関節のズレを放置する事で、仙腸関節に炎症が起きる事もあります。

強直性脊椎炎という原因不明の病気で、仙腸関節炎になる事もありますが、こういった特殊な例を除くと、大半は仙腸関節の遊びが回復すれば解消します。


実際に、仙腸関節の痛みで来られた方で、軸足側の関節と周辺組織が硬くなりすぎて、反対側の関節が緩んでズレてしまうケースもありました。

こういったケースだと、歪んだ側をいくら整えても、すぐに歪んでしまいます。

また、仙腸関節の不具合が、仙腸関節だけで起きるという事ではないので、どんな症状でも全身を整える事が大切です。