建物が三度傾いてしまうと、人は住めなくなるそうです。

家が傾いて、床が歪むと平衡感覚が狂ってしまうために、三半規管の弱い人は、気分が悪くなったり、めまいや原因不明の健康被害が現れます。

建物であれば、その場所から離れた時は問題ないかも知れませんが、身体そのものが傾いてしまうと、どこにでも不調がついてきます。


身体が傾く?


これは、体の歪みの事です!

建物と違って、人は重力に対して、体が傾かないようにバランスを保持しようとします。

バランス保持は、誰でもやっている事ですが、ここで問題なのは、歪んだ状態で保持する事です。


例えば、側屈動作をしたら、元に戻らないとします。

戻らなければ、背骨は側弯した状態で起き上がろうとします。

起き上がった状態で抗重力筋が使われますが、側弯した状態での、バランス保持は、必要のない箇所に負担をかける事になります。

この負担が、過度な筋緊張や神経の圧迫等に繋がるわけです。

建物でいう住んでいられない状態になる前に、歪みは定期的にリセットするべきなのです。