膝の痛みを抱えている方の数は、全国に3000万人以上と言われてます。これだけ多くの方が膝の痛みを経験しているのは、それだけ膝関節には負担がかかっているからです。

日常動作だけでも、膝にかかる負担は、歩行で体重の3倍、階段の昇り降りでは7~8倍になります。 しかし、この負担だけで痛みが出るなら、みんなが痛くなるはずです。 

どんな痛みにも必ず原因があります。いつから、何をしたら、どういう時に、などを思い出してみて下さい。

例えば、スポーツをしている人は、急激な方向転換やジャンプ動作で『靭帯を損傷』する事があります。 また、着地動作や接触などで『半月板損傷』を起こす事もあります。 

一昔前までは、部活動でうさぎ跳びをやらされた方も多いと思いますが、これも半月板を痛める原因になるために、今ではやらない所が増えています。

小学生に多い膝痛にオスグッド病。これは、成長期に痛みが出る事から、成長痛とよばれる事もあります。 原因は、血液循環不良やホルモンの異常、大腿四頭筋が引っ張られる事などです。 
特にスポーツをしている子供に多く発症しますが、個人的にはストレッチ不足も関係している気がします。

膝関節に負担のかかるスポーツだと、マラソンもその一つです。 マラソンランナーに多い膝痛にランナーズニーがありますが、これは腸脛靭帯の炎症の事です。

ランニング時の膝の屈伸動作で、腸脛靭帯が大腿骨に擦れて炎症が起きるのです。 その原因はアライメント不良による筋の柔軟性低下です。 

アライメントが狂うと、軟骨の片減りが起こります。軟骨には神経がないので痛みを感じる事はありませんが、削れたカスが滑膜に炎症を起こすから痛いのです。

痛みを抑えるには、軟骨が擦り減らないようにするしかありません。 それには、歪みを整える事です。