60代女性、変形性脊柱管狭窄症による腰痛の症例です。

腰痛が出たのは10年前で、検査では変形性脊柱管狭窄症と診断されたそうです。

当時は、手術レベルではないために、リハビリをしながら経過観察中との事ですが、現在は10年が経過しているので、かなり進行している感じでした。

この女性は、日常でのストレスが強いらしく、首肩の筋緊張で指先の力が抜けなくなっていました。

また、胸椎と仙腸関節の動きが悪く、股関節の動きを膝が代償して動かされて、不安定になっていました。

膝の検査を勧めた所、変形性膝関節症が発見されました。

胸椎の動きが悪いと、股関節に負担がかかり、股関節の動きが悪いと、膝に負担がかかります。 こういった悪循環が蓄積して脊柱管狭窄症変形性膝関節症を発症したと考えられます。

施術は、仙腸関節と股関節を最後に強調するように行った結果、しこりの様に凝り固まった仙腸関節部がはっきり確認できるようになり、僅かしか動かせなかった回旋動作も正常範囲内まで広がりました。