スポーツをする成長期の子供に多い腰痛の一つに腰椎分離症があります。

腰椎分離症とは、腰椎の椎間関節の疲労骨折です。

これには、先天性後天性があります。

分離症の大半が後天性で、13歳前後の成長期のスポーツ活動でのオーバートレーニングで発症するケースと、腰にかかり続けていた負担が、加齢で、腰椎が脆くなった時に発症するケースがあります。

これらと比較すると、生まれつき腰が弱くて発症するといった先天性はごく一部でしかありません。

症状としては、長時間の同じ姿勢での腰痛、立ち座り時の痛み、腰を反らせた時の痛み、お尻の痛み、大腿外側痛などがあります。 放置していると、悪化すると腰椎すべり症に移行する事もあります。

また、分離症であっても、日頃から、腹背筋の強化と、体幹や股関節の回旋動作を促す事で改善して、現役でスポーツ活動を続けている例も数多くあります。

腰椎分離症と宣告されて、スポーツ活動を諦めている方は、一度、関節可動域調整をしてみる事をお勧めします。