朝、目覚めた時に腰が固くなっていて、すぐに起き上がれない。

腰が曲がらなくて靴下が履けない。

朝は痛いけど、動き始めると痛みが和らいでくる。

こういった症状の腰痛は、関節の老化や、腰にかかる負担で、腰椎の支えが弱くなっているのかも知れません。

関節が緩む事をハイパーモビリティーと言い、直訳すれば動き過ぎという意味です。
関節を繋ぎとめる筋腱、靭帯が緩んで不安定になっているのです。

放置していると、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、分離症などに繋がる事があります。  これは、妊娠中の女性にも多く、ホルモンの関係で靭帯などが緩むためにこういった症状が出ます。

これらの症状がある時は、腰椎の負担を減らすために、腰椎以外の関節に可動性を付けて、負担を分散するか、腹筋や背筋で緩んだ箇所を鍛える、または、その両方が必要になります。
いずれにせよ、症状が悪化しないように早急にご相談下さい!