ぎっくり腰は、一回やると癖になると言われています。

実際に、ぎっくり腰をやった事のある人の多くが、何度か経験しています。

ぎっくり腰は腰椎の老化が原因ともいわれますが、一番の原因は生活習慣です。
日常生活で、腰に負担のかかる姿勢をしているのです。

ぎっくり腰は急性腰痛ですが、それは慢性的な腰への負担が蓄積した結果、筋膜が耐え切れなくなって発症する損傷です。

発症から回復には1週間程かかりますが、それは損傷が治っただけです。
発症後は、痛みの解消が優先ですが、痛みがなくなったら、根本改善に向けてしなければいけない事があります。 それは、慢性的な腰の負担を減らす事です。

なぜなら、ぎっくり腰だけでなく、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、分離症といった疾患も腰の負担の蓄積で発症するからです。

負担を減少に有効なのは、腰以外の硬い関節に柔軟性をつける事です。

腰の過剰な動き過ぎを減らすには、動かない関節を動きやすくする事なのです。
そして、生活姿勢を見直して、体の使い方を変えていく事で再発防止に繋がるのです。