中世の西欧では、ぎっくり腰の事を魔女の一突きと呼んでいましたが、この腰痛の大半は筋肉を被っている膜の損傷です。
筋膜の損傷なので、腰以外にも起こります。

ぎっくり腰には、痛みのピークがあり、ピークに達する時間は年齢によって異なります。
若い人なら翌日あたりがピークですが、中年以上の人だと翌々日あたりにピークが訪れます。

ぎっくり腰の回復には一週間程かかるので、施術のタイミングは、ピークを過ぎたあたりが最適ですが、初めて発症した人や、症状が軽い人は、ピークが来る前に施術をするケースもありますが、後からピークが来る事には変わりません。

ピーク前の施術は最適ではありませんが、起こせなかった体が起こせるようになる、あるいは回復までの痛みの緩和には有効です。
しかし、一定周期で筋痙攣が起きている時は、施術が出来ないので、整形外科でブロック注射を打つ事をお勧めします。

また、適正なタイミングで施術を受ける際も、発症後は早急な応急処置が必要となり、それを怠ると、筋膜だけでなく、筋肉そのものを痛めてしまう事があります。 悪化した場合は、一週間での回復が1ヶ月程かかってしまう事もあるのです。

応急処置の方法は、発症後すぐに冷却、固定、安静、挙上を心掛けましょう。

発症後、軽いからと思っての運動や温めは絶対に避けて下さい。 特に、お風呂での長湯は、その時は楽ですが、火に油を注ぐように悪化の原因になるのです。