学生の背中から腰部にかけての痛みです。


最初はただの腰痛と思っていたそうですが、数日が過ぎても回復の兆しがみえなく、痛みは強くなるばかりとの事。


当センターに来た時は寝返りが打てない程の痛みで、夜も眠れなくなっていたそうです。


痛みが強いために、様々な動作検査が陽性に出てしまう程でした。


また、触れるだけで痛がるために、施術どころか、力が抜けなくて筋緊張を高めてしまう恐れがあったので、病院での検査を勧めました。


こういった症状は過去にも経験していますが、おそらく筋筋膜性疼痛症ではないかと思います。


あくまでも推測ですが、運動部に所属している事から、筋肉痛が回復する前に、筋肉に負荷をかけていたのだと思います。


たんなる筋肉痛といえども、回復する前に負荷をかけると、血流障害が起こり、筋肉が拘縮して痛みが出続けてしまいます。


そして、痛みは一部位から周辺範囲に広がってしまいます。


実際に、彼女の腰痛は、腰だけでなく背中の上部にまで広がっていました。


激しい運動をしていないつもりでも、小さな負担が積み重なった所に冷えが加わったのだと思います。


筋筋膜性疼痛症は、椎間板ヘルニアや線維筋痛症と間違われる事があります。


万が一の悪化を避けるには、しっかり検査をした上で、異常がないとわかってから施術を受けるのがベターと思っています。